自分の目標を達成できなくしているものとは?

26 12月, 2020
ペンシルベニア州にあるスクラントン大学の行った研究によると、決意したことを成し遂げることができなかった人は92%もいるそうです。この記事では、なぜこのようなことが起こるのかを分析していきます。具体的な行動のない全般的な計画と、成し遂げたいことの明確な視覚化がないことに原因があるようです。

決意とは何を意味するのでしょう?何か新しいことを始める時、私達はなぜ目標を立てるのでしょうか? それを達成するためのモチベーションはどのくらいの間続きますか? 新しいフェーズの始まりは、変化を起こすための一番のモチベーションの一つであるようです。新しい一年を迎えるにあたり、あなたは何を決意しますか?

ダイエットや禁煙など、人が毎年決意しつつも成し遂げることのできないタイプの目標の他に、別のタイプの決意があります。それは、より個人的で意味を持つものです。では、それを成し遂げるためには何をしたらいいでしょう? 決意表明を書き見える所に貼っておくという方法は、成功へのカギの一つです。いつでも見える場所に貼り、具体的な行動を起こすようにします。そしてこの決意の横に、成功するために必要となるステップを書き出しましょう

思いを具体的な行動にすることにより、決意に重要性と継続性が生まれます。そしてこれは自分が育てたいものの種になります。さらに、決意を目にすることで目標を忘れなくなります。また、自分の中で優先順位を下げることも避けられるでしょう。

ペンシルベニア州にあるスクラントン大学の行った研究によると、決意したことを成し遂げることができなかった人は92%もいるそうです。この記事では、なぜこのようなことが起こるのかを分析していきます。具体的な行動のない全般的な計画と、成し遂げたいことの明確な視覚化がないことに原因があるようです。

目標 達成できない

モチベーション:決意のエンジン

自分の欲しいものを手に入れるためのカギはモチベーションにあり、また時間とともに決意を忘れないことも大切です。あなたは、決意したことを本当に成し遂げたいと思っているでしょうか? 成し遂げるためのツールはあるでしょうか? それは自分の力で手に入れられるものでしょうか? 成し遂げられる可能性はあるでしょうか?

これらの質問に答えを出すために重要になるのが、モチベーションです。自分はできると信じ、自分の欲しいものを追いかけ、一生懸命努力し成し遂げることを想像し、日々の小さな目標を立て、小さくても進歩が見えるようにできれば、道中で生じる障害を乗り越える努力が報われると感じられるでしょう。

内的モチベーションは、自分のほしいものに近づく最高のエネルギーになります。時間をかけ、希望を持ってリストを作っても、後で忘れてしまうのであれば、それはフラストレーションになって自尊心を傷つけるだけです。そして、決意表明が壁の飾りの一部となったり、クローゼットの中に隠れてしまわないようにするために重要なのは、内的一貫性、(可能性とリソースを合わせた)現実、そして他の目標よりも深く統一された目的です。では、個人の成長について考えてみましょう。

目標 達成

今年の決意は?

ここで、アドバイスをしましょう。まず、今までに決意したけど成し遂げられなかったものは一旦置いておきましょう。成し遂げられなかったのは、きっと強さや思いが足りず、具体性に欠けたためでしょう。あるいは、目標が全般的なもので、忘れてしまったために叶えられなかったのかもしれません。決意を長くとどめるためには、現実味のあるものでなければなりません。

日々、考えると笑顔になるものがいいでしょう。ですが「幸せになる」という一般的な決意ではいけません。ダイエットをするという目標ではなく、お菓子は週末だけにし、週に3回運動をするというような具体的な計画を立てるといいでしょう。

今年は、今までしなかったことに挑戦してみましょう。飛行機から飛び降りる、高い山を登る、全大陸に行くなど大きなものである必要はありません。新しい食べ物に挑戦する、違った人と話す、新しい道を歩く、観たことのなかった映画を観るなど、今までしたことのない活動で充分です。

決意の魔法は、私達をより良い人間にし、チャレンジへと導いてくれます。新年に、あなたは何を決意しますか?