自分を表現する方法を学び人間関係をよくする

自分を表現する方法を学び人間関係をよくする

最後の更新: 26 4月, 2018

人間同士のコミュニケーションは完璧なことがありません。完璧に正しく自分を表現することは不可能です。特に、自分の感情に関して話すときはなおさらです。感情より考えを表現するほうがずっと簡単です。考えに関してコミュニケーションするほうが慣れているからです。

考えについて話すほうが、無防備に感じないということもあります。だから、個人的な人間関係を結ぶより、仕事の関係を結ぶほうが簡単なのです。

 

コミュニケーションスキルを改善するためにできることが一つあります。人間関係に大きな影響を与えてくれ、試してみる価値があります。コミュニケーションが上手くいっていてもいなくても、使う言葉が重要です。

「コミュニケーションを取らない人は信用しない。それは暴力の源だ。」
-ジャン=ポール・サルトル

事実、自分をよりよく表現することができれば、たくさんのトラブルを回避できます。自分が言ったことや言われたことからどれだけの人間関係のトラブルが生まれてきましたか?愛情と不一致の表現の仕方を学ぶことが重要です。わたしたちは学ぶことができます。ここでは、あなたが自分を表現する助けになる方法をご紹介します。

 

自分を表現して、黙らないで

様々な研究が、言葉にされなかったネガティブな感情はわたしたちに病気を引き起こすという考えを示しています。対立を避けるためや、他の人が考えていることを気にして黙っているのは、よくありません。沈黙は、私たちが知らない間に力をつけ、わたしたちの行動に影響します。大抵理由もなくです。

コーヒー

ネガティブな感情を感じているときに、自分を表現する方法を学ぶのは大事なだけではありません。ポジティブな感情すら表現するのを難しく感じている人がいます。陳腐や感傷的に見えてしまうと思っています。もちろんやりすぎてしまうこともありますが、もし愛情も承認も表現しなかったらそれこそよくありません。

感じていることに嘘をつかない

これに関して本当にエキスパートな人もいるかと思いますが、あなたが自分の感じていることに誠実かどうか人は大体わかります。もしかして無意識かもしれませんが、あなたが閉ざして偽りのコミュニケーションするとき、周りの人に不快感を生み出します。

他の人を喜ばせるために自分の感情に嘘をつきます。あるいは相手を傷つけないため、利用するためにです。人間関係を強める代わりに、弱めてしまいます。良かれと思って付いた嘘でも、深みと信頼をもって関係が成長することを阻みます。

感情を分析する

多くの場合、自分が感じていることを表現する方法がわからないのは、自分がどう感じているかわからないからです。わたしたちの感情は、「純粋な状態」では現れません。他のものと織り交ざっています。複雑なのです。感じていることを一般化しすぎないようにしてください。もっと正確に認識するほうが意味があります。

感情を認識するのに効果的な方法は、経験しているすべてを分析することです。感情的な状態を構成するすべてのパーツをバラバラにしてみてください。各パートを明らかすると、すべてがもっと明確になり、もっと自分をきちんと表現できるようになります。

夕日をバック

怒りを言葉に

コントロールされていない怒りは、生産的なコミュニケーションに関しては最悪のものです。わたしたちが動揺しているとき、人間関係を壊してしまうようなことを考えたり言ったりします。怒りを否定したり、抑制したりしないことがポイントです。代わりに、感情を言葉にして、それがプロセスされるようにしましょう。

怒りにあなたが口にすることをコントロールするほどのエネルギーがあると感じたら、話すべきではありません。この時点では、黙って緊張がなくなるまで待つことが重要です。怒りと共に何かを言葉にしたら、その言葉は大抵忘れられます。言語的暴力が起こると相手の人は接続を切ってしまうからです。 

だから、トーンと姿勢はメッセージより重要です。メッセージは相手に伝わらなければ意味がないからです。

落ち着いたら、答えの理由を表現しましょう。話し合いましょう。正確にはっきりと自分を表現しましょう。何も押しとどめないで、でも自制を保ってください。こうすることで、わたしたちはもっと聞くことができ、メッセージの受け取り手はその問題は本来受けるに値する真剣さで扱われます。

コミュニケーションをよくすることには価値があります。このスキルを養うひとは、より良い関係を個人レベルでも仕事レベルでも築けます。そんなに難しくありません。コンスタントな努力と、意識的な実践が必要なだけです。