実験心理学とは?

2019年9月8日
実験心理学は、人間の行動と心の細かい部分との繋がりを研究するために、科学的研究や実験に焦点を当てます。

間違いのない正確な結論を出すために、研究者は、様々な科学的メソッドを用います。これが、実験心理学が主に焦点を当てる部分です。実験心理学では、児童、社会、教育心理学などの分野で動機付けや記憶などの基本的な概念を探求します。

ほぼすべての実験心理学の作業が、環境を統制できる研究室などで行われます。認知と行動の関係を探求するために、実験心理学者は研究変数を操作します。

他の分野の心理学は、人間の行動や思考プロセスの理解に努め、実験心理学は変数の指定、被験者、統計結果を使い、制御された実験をすることに焦点を当てます

 

実験心理学の起源

チャールズ・ダーウィンと彼の著書「種の起源」が、実験心理学の分野の最初だと言われます。また、ダーウィンの革命的理論が、生物学と心理学との関係への関心に火をつけたのは間違いないでしょう。1900年代初め、心理学者は、人間の心を説明、分析するために自然科学を利用し始めました。

機能主義の考え方は、人の心は機械のようだという誤った考えを塗りかえました。例えば、アメリカ心理学の父と言われるウィリアム・ジェームズは、進化生物論の影響を強く受けました。心は、生まれつき適応性、感受性、知性をそなえているという考えを支持しました。

最終的には、行動学やその他の現代心理学の分科が、今私達が実験心理学としているものに貢献しました。

脳

 

実験心理学で何をするか?

実験心理学では、行動とそれを支えるその他のプロセスや機能を研究します。認識、記憶、知覚、学習、動機づけ、感情など様々なものについて学び、理解するために被験者を調べます。

心理学研究が信頼されるために必要な4つの事柄を次に紹介します。

  • 決定論:多くの科学と同じように、実験心理学にも決定論の概念が当てはまります。被験者やある出来事の状態は、前の状態によって決められているという仮定があります。言い換えると、原因と結果は、たいてい、行動学や精神現象に基づいています。その現象が一般的で、広く確認されているものであれば、それは「法則」だと言うことができます。心理学的理論は、このような法則を整理し統合するのに役立っています。
  • 経験主義:知識は、主に感覚にまつわる経験から生まれます。そのため、私達が観察できるものだけが研究可能なものです。経験主義の概念では、以前の理論、直感、事実ではなく、自然界の観察を仮説や理論と対比することが必要とされます。
  • 思考節約の原理:これは簡潔さを求める考え方です。この概念によると、研究は最も簡潔な概念に基づいて行われなければなりません。二つの対照的な理論がある場合、より単純なもの、基本的なものが好まれます。
  • 確率:この理論によると、仮説と理論は、何度も試せるものでなければなりません。考えられるあらゆる方法で証明できなければ、科学者は、その理論は意味がないものだとします。この確率には、その理論は誤っていると証明される可能性を示す「反証可能性」も含まれます。

さらに、操作主義も加えられます。具体的で、観察することができる手順を意味するものです。現在、目に見ることができない現象を、観察や理論とつなごうとするのが、実験心理学です。

 

信頼性と妥当性

信頼性は、研究の再現性、一貫性、検証可能性を測ります。(被検者を変えて、または、別の期間に)行われた研究で、同じ結果が出れば、それは信頼性があると考えられます。

また、妥当性は、研究から導かれた結果の正確性や相対精度を測ります。心理学研究の正確率に関わります。定量的計測の妥当性を決めるには、基準をもって比較される必要があります。

妥当性の種類には次のようなものがあります。

  • 内的妥当性:二つの要因の因果関係の強力な証拠です。強い内的妥当性のある研究では、独立変数の操作が、従属変数を変える原因となったという結果にたどり着きます。
  • 外的妥当性:人数が変わっても、同じ結果がでます。
  • 構成概念妥当性:独立変数と従属変数の両方が、研究対象となった抽象的概念を正確に表していると研究者が見出します。
  • 概念的妥当性:実験されている仮説が、研究者が研究している他のより広い理論を支持します。
実験心理学者

 

最後に

実験心理学は、心理学の分科だと考えられがちですが、実際、心理学のすべての分野で、実験心理学は使われています

例えば、発達心理学では、幼少期や一生を通して人がどのように成長するか研究するために、実験的メソッドを使います。

社会心理学では、グループが人にどう影響するかを研究するために、実験的テクニックを使います。また、健康心理学者は、健康や病気に関わる要因をより理解するために実験します。

  • Boring, Edwin G. (1950). A History of Experimental Psychology Prentice-Hall.
  • García Vega, L. (1985). Lecciones de historia de la psicología. Madrid: Editorial de la Universidad Complutense.
  • Leahey, T. (1998). Historia de la psicología. Madrid: Prenti Hall.
  • Solso, Robert L. & MacLin, M. Kimberly (2001). Experimental Psychology: A Case Approach. Boston: Allyn & Bacon.