決断する準備をしよう

· 2017年10月19日

恐れや不安、私の足を引っ張る全てのものから自由になって、決断をする準備ができました。自分の限界を心の中で決めるのを止めて、前を向いて進んでいきたいのです。今日、私の望み全てを実現させるために進んでいく決心をしました。限界を自分で決めず、人生からの挑戦にチャレンジしていきます。

決断することは、思っているより難しいです。大きな決断を迫られるほど、迷ってしまいます。

全ての決断は、新しい道を進み、今までやってきたことを変えなければいけない、変化の前兆を意味します。恋愛関係(好きな人を諦める、パートナーと別れるなど)においての決断かもしれませんし、仕事(職場への不満、転職先を探すなど)に関しての決断かもしれません。

私たちは、一つの決断が生活を大きく変えることになると知っているので、決断を下す時は悩み、自分自身を疑い始めます。

 あなたがしようとしている決断について、何を知っていますか?

これは、決断しなければいけない時に自分自身に訪ねるべき最初の質問です。あなたは、それについて何を知っていますか? それの良い点、悪い点について考えましたか? その決断は現実的ですか? 私たちの理想と現実的に実行できるかどうかがかけ離れてしまっている場合も少なくありません。

今の仕事に不満があると想像してみてください。まず初めに、なぜ不満があるのかを考えてみましょう。お給料が少ない、仕事内容がつまらない、仕事に対してのやる気がおきない、など色々な理由があると思います。自分の態度で変えられる点があると気づけたのなら、そこはすぐに変えていく必要があります。

状況を自分では変えられない場合には、仕事を辞めた時、そしてこの仕事を続けた時、双方における良い点、悪い点を考えてみてください。大きな決断をする時に、絶対的なものは何もありません。その決断で状況が良くなることも悪くなることもありますから、どちらも受け入れる心の準備をする必要があります。

草を手にする女性

プランA、B、CそしてD

プランA、本来の計画が上手く行かなかった時のことを考えておくことも重要です。代替案を出しておかないと、失敗した時に落ち込み、出口の見えないトンネルの中にいるような気分になってしまうでしょう。暗闇の中に落ちてしまうと、そこから這い上がる努力をするのはとても難しいです。

自分の選択肢を多く持てば、安心感が生まれ、決断を下す時もあなたの周りには光が当たり続けます。

少し前に出した仕事の例について続けますね。ここでの一つの選択肢としては、より良い条件での別の仕事に就くまで今の仕事に留まることです。こうすれば、無職になるという最悪の結果を恐れる必要がなくなります。

計画が上手くいかず、大きな失望に繋がる可能性があるので、プランAに100%の信頼を置くのはオススメできません。仕事を辞めるというプランAしか考えていなかった場合、辞職を自ら出したという理由で退職金が貰えなかったり、他の仕事を紹介してもらえなかったり、と様々な問題に直面することになるかもしれません。

決断を下す時

今読んできた全てのことを心に留めて、実行に移す時です。実行に移さなければ、あの時違う道を選択していたらどうなっただろうと考え続けることになるでしょう。すでに、いくつかの代替案がある場合は、今すぐ行動を起こすべきです。

もちろん、行動する前は不安になるでしょう。課題に直面できるのか、適合性のなさ、もっと上に行きたいと願った自分はバカだった思えてくる...これらは変化の前に起こるごく自然な考えです。でも、代替案を持っているあなたにはそんな考えは必要ありません。勇気を出して、決断してください。決断を下した後、あなたの人生はより良いものに変わっていくでしょう。

窓辺でポーズをとる赤いスカートの女性

決断をした後に、すべてがスムーズに行っているか、代替案に移るべきなのか、見極めることもできます。その決断は実際にやってみたらあなたを満足させず、新しい道を選ばなくてはいけなくなるかもしれません。それでもいいのです。挑戦したことが素晴らしく、試して、失敗し、またやり直しながら、本当に行きたい所にたどり着くことができるのですから。

変化を恐れないで。実際、変化は永遠に私たちの側にあります。

急な決断をしないことだけが大切です。時間を使って、決断について考え、全ての選択肢を出さなければいけません。これがあなたが望む結果を手に入れるための唯一の方法です。大きな決断を下す前に、十分に考える時間とスペースを自分に与えましょう。明確なゴールとクリアな思考があれば、沸き起こるすべての不安や疑いをはね除けることができますよ!

画像提供:マリーナ・ロキ・ノソバ