自己主張のできる子供に育てる方法

2019年10月3日
幸福とは、たくさんのおもちゃを持っていることや、求めているものすべてを手に入れることではありません。幸福とは、満足感、自尊心、そして自分への健康的な愛情です。これが満たされている子供は、きちんと自己主張でき、より自信を持ち、陽気で周囲の人とのうまく接することができます。

きちんと自己主張のできる子供は、自分がどのように感じ、何を望んでいるかを正確に伝えられるため、幸せな子供だといえます。自分の限界と境界を知っており、社会的パフォーマンスを向上させることができるからです。

子供たちの社会的能力は生まれながらに持っている能力ではないことを理解してください。また親として、子供と接する大人として、あなたは子供にとってロールモデルであることを覚えておいてください。あなたは健康的な社会的スキルを開発するための模範となる人なのです。

子供たちのロールモデルとして本当に必要なものを提供できているでしょうか? 子供に成功した人生を送ってほしいと思い、生まれてすぐ良い学校に登録する親は少なくありません。また、スポーツ、音楽、言語などのあらゆる習い事に通わせに毎日いっぱいのスケジュールで埋める親もいるでしょう。

教師と連絡を取り合うことで、子供の勉強の進度を確認したり、子供たちが接触する人、特に友達がどんな人なのかにも気を配っています。その他にも、テレビや電子機器などのテクノロジーの使用に関して、子供たちが行うありとあらゆることに気を配っています。

自己主張のできる子供を育てるのに必要なもの

このように、親としてできる限りのことをしていると思っているかもしれません。しかし、感情的な知性においてはどうでしょうか?ソーシャルスキルについてはどうですか? 多くの人は、それらは当たり前に備わっているものだと思いがちです。自尊心、自己主張、さらには自己概念などは、遺伝子コードに組み込まれていますが、それを発達させるには子供たちが日々成長していく上での過程が非常に大切です。

これらは毎日育てられるべき特性なのです。人生のあらゆる基本的な分野でスキルを持つ子どもを育てるには、繊細かつ直感的でしっかりした指導が必要です。そのスキルは子供たちに幸福をもたらします。本質的な価値である自己主張性についてさらに詳しくご紹介しましょう。

「私たちすべてに共感という感情はあります。ただそれを示すだけの勇気がないのです。」

-マヤ・アンジェロウ-

自己主張のできる子供に育てる方法

自己主張 子ども

自己主張のできる子供を育てるには、忍耐と感受性が必要です。多くの場合、両親、母親、教育者は、子供には2つのタイプがあると言っています。

  • 不満を表す子供。自分の思い通りにいかないと、周りの人が自分に反対をしていると感じて、欲求不満になり不機嫌になります。
  • 引きこもり、消極的な子供。自分の気持ちを決して周りに見せません。滅多に文句も言わないでしょう。いじめっ子の標的になりやすいタイプです。積極性の欠如は、しばしば受動性または攻撃性という2つの極端な結果に走ってしまいます。残念なことに、どちらも良い結果をもたらしません。
    したがって、きちんと自己主張をできる子供に育てることが、幸福に投資する方法です。これは、児童発達研究学会でガートルード・E・チッテンデンが発表した研究テーマです。私たちは、将来社会を支える子供たちに投資し、貢献するべきなのです。

こちらもご参考に:
積極的に自己主張ができるようになる5つのポイント

子供たちに世界について教え、その境界を示す

積極的で自己主張のできる子供を育てるためには、幼い頃から教えなくてはいけないことがあります。世界には様々な境界線があり、全員がそれらを尊重しなければならないということです。子供を教育するということは、何が良いのか、何が悪いのかを伝えるだけではありません。それには道徳以上のものがあります。礼儀正しさ、すべての生き物への敬意、共存するために社会的規範に適応する必要性など様々なことを伝えなくてはなりません。

世界には、身体的、感情的、そして経済的な境界さえ存在します。たとえば、必要のないものにお金を使うべきではありませんよね。

自己主張とは?

子どもたちは私たちが想像している以上にものごとを理解しています。流暢に話し始める前にも、表現できる以上のことを理解しています。したがって、次の原則を教え始めるのに早すぎることはありません。

  • 「恐れることなく、けれど丁寧に自分の気持ちを表現していいんだ。」
  • 「ママとパパは私がどんなことを言っても私を罰さない。ママとパパは私のセーフティネットであり、自由に自分を表現できる。怖がったり、怒ったり、心配したり、ネガティブな感情についてさえ話すことができる。
  • 「他人が言っていることに敬意を持って耳を傾けるべきだ。」
  • 「いつでも欲しいものを手に入れられるわけではないことはわかっている。少しずつ、忍耐強くなり不満に耐えることを学んでいく。」

ロールモデルを超えた役割

子供 自己主張

ここでのもう1つの重要なことは、自分たちが従わない規則を子供に遵守するように求めることはできないということです。例えば、あなたが配偶者に無礼で攻撃的に話す場合、子供もそれを模倣する可能性があります。

積極的で自己主張ができる幸せな子供を育てたいなら、ロールモデル以上の役割を担う必要があります。あなたが毎日のインスピレーションとして存在することが大切です。

ご存知でしたか?:
自己主張できる人の問題解決法

子供の選択を尊重し、プライバシーを与える

大きくなるにつれ、子供は自分のスペースとプライバシーを必要とします。親もそれを尊重するべきです。そうすれば、あなたは子どもからの信頼を獲得し、子供はいつでもあなたと物事を共有しても安全だと感じるでしょう。

年齢に応じた責任を与えることも自己主張をできる子に育てる良い方法です。それは子供の能力と自己価値の感覚を高めます。

感情的知性と自己主張

子ども 自己主張

最後に、親と教育者は子供に感情的な知性の種を植えることが非常に大切です。それは感情を管理し、衝動を抑え、社会的スキルを向上させるのに役立ちます。感情的なコミュニケーションは、子供の日常生活の基本となります。

今回ご紹介したように、子供に伝えなくてはいけない概念と価値はたくさんあります。それは子供にとって全く新しい世界であり、少しずつ自己主張ができるようになるでしょう。それは永遠に続く冒険です。悪い時も良い時もあるでしょうが、辛抱強くあることが大切です。何よりもまず、常に子供に気を配ってください。常に子供に目をやり、子供の大切な瞬間を見逃さないでください。

  • Avşar, F., & Ayaz Alkaya, S. (2017). The effectiveness of assertiveness training for school-aged children on bullying and assertiveness level. Journal of Pediatric Nursing36, 186–190. https://doi.org/10.1016/j.pedn.2017.06.020
  • Christian, D., & McNeish, H. (1995). Assertiveness. Journal of Advanced Nursing. https://doi.org/10.1046/j.1365-2648.1995.22010198.x