ネガティブな感情を上手く表現する

· 2018年2月27日

あなたがネガティブな感情を感じるときにそれを表現することは、自分の感情のコントロールを失っているというわけではありません。怒って「もう十分」だということは、私たちを黙らせようとする人たちに反抗しているだけなのです。また、それは私たちにとって健康な行為であり、必要なことです。

ウィンストン・チャーチルの伝記作家は、この元英国首相が父親のリーダーシップ能力とビクトリア朝の勢力を引き継ぎ、母親からは、執拗さ、エネルギー、説得能力を継承た、と記しています。

しかし彼自身が語ったのは、あらゆる瞬間にうつが彼の政治家としての人生を引きずっていた、という事実です。

チャーチルが「黒い犬」と呼んだ彼のうつは、彼の人生を侵略しました。表面上、彼は精力的な男であり、偉大なジャーナリストであり、ノーベル文学賞を授与されるほどの鉄の意志でナチスにも屈しなかった強い人でした。それにもかかわらず、内部では蓄積された緊張と不安のすべてが重い石のようにのしかかっていたのです。

政治家として勇気とエネルギーを社会に見せる時は、彼らしくふるまうことができました。しかし、一人の男としてはあまり余裕がありませんでした。彼はその「黒い犬」と、無限のブランデーのボトルと本が人生の友だったのです。

チャーチル首相

自分のコントロールを失うことなくネガティブな感情を表現する

私たちの社会が教えてきたことに間違いがあるとすれば、それはこの世に良い感情と悪い感情があるという考え方です。実際に、刺激や怒りが健康であると言ったら、あなたはすぐにそれが矛盾であると考えるかもしれません。伝統的に侵略、議論、さらには暴力に関係しているこれらの感情は、どうすれば良いものになるのでしょうか?

このステレオタイプは非常に一般的であり、それは私たちの感情的な能力が足りないことを示しています。ここで、良い感情と悪い感情という区別は正しくないことを強調しなければいけません。

さらに、怒りや苛立ちを抑圧、嚥下、または偽装するという誤りを犯すと、長期的には「感情の消化不良」を起こしてしまいます。最終的には、私たちの「肯定的な」感情すらその強さを失なってしまうのです。

私たちには、自らの否定的な感情を表現する権利があります。もちろん、そうする最善の方法は、知性と主張を持ってです。私たちは怒りと刺激を表現する許可を自分自身に与えることができます。

私たちがそれらの感情を問題と結びつけるからと言って、それらの感情が悪いわけではありません。さらに、私たちは心理的健康について多くのことを学ぶことができます。それは、より複雑な葛藤を解決することにつながります。

私たちは積極的な能力を持って生まれました。しかし、積極的なのは悪いことではありません。怒りは私たちの小さなころからあったものです。そして怒りのおかげで私たちは自分自身を守ることができ、自らの限界を知り線を引くことは、私たちの責任です。

フクロウ

反射的な怒りと良い怒り

アナは高校の数学教師です。とても良い先生で、優れた指導力を持っています。彼女は、生徒が注意を払わないとき、または彼らが不適切に振舞うとき、学生たちとコミュニケーションをとる方法を知っています。

彼女はコミュニケーションの反応が速く、感情を表現する方法を知っているので、学生に積極的な影響を与えます。 彼女は自分の感情から引き出したエネルギーを使って、彼らを励まし、監督し、同時に彼らにインスピレーションを与えることができます。

しかし、アナが教室で見せているこのような性質のすべては、彼女の個人的な生活の中で家族やパートナーといるときに見せるものとは違っています。彼女はみんなを満足させようとするあまり、怒りが積もり積もって全てに「ノー」と言いたい衝動に駆られるのです。

アナの怒りと欲求不満は非常に大きくなっているので、それらの感情がある時点で自分の仕事に影響を与え始めるのでは、と不安に感じています。

次に、彼女と同じ状況にいる人の大きな助けとなる簡単な原則をここに明記します。

怒っている女性

スマートな感情表現のカギ

まず、コントロールを失うことなく負の感情を表現するためには、機能的、適応的、および制御された怒りを使用する必要があります。

ここでは、怒鳴り、侮辱、または不必要な非難なしでのコミュニケーションを意味します。 それは、すべての言葉が尊敬と穏やかなフィルターを通過するようなコミュニケーションです。

私たちは自分の気持ちを抑えたり隠したりしません。私たちを悩ませたり傷つけるものがあるなら、まるで腐った食べ物を押し付けられているような感情を飲み込むべきではありません。

しかし、それは怒りですぐに反応するということとも違います。これを行ってしまうと、あなたの怒りがあなたの最も機能不全な部分を開く可能性が非常に高いので、状況は改善されないでしょう。

このような場合、最善のことは、私たちが何を言いたいのか、どうやって言うのか、いつ言うのかを事前に計画することです。この計画は、私たちの反応によって、より賢明になる可能性を与えてくれます。

結論として、よく管理された怒りは、あらゆる種類の状況を解決するために必要な力を私たちに与える可能性を秘めています。 したがって、知的で敬意を込めて積極的に自分自身を表現することは、本当に自由である可能性をもたらします。