人生に新しいものを入れる余地を残そう

人生に新しいものを入れる余地を残そう

最後の更新: 10 5月, 2018

同じ場所に留まりすぎたりゆっくり進みすぎたりした後、成長するために変化を作り出したいと思う時が誰にでもやってきます。

自分の周りの世界を見て、周りの人が素早く通り過ぎていくのにのんびりと這うカメのように感じます。

 

このような状況で人が行うのは、スペースを空けることなく新しいアクティビティー、もの、人でスケジュールを埋めることです。

そのような変化を加える前には、要らないものを処理して、新しいものが入るための余地を作り、自分自身が追い求めることで自分をサポートすることが大事です。スペースがないままでは、組み込もうとするすべてが自分の精神の奥深くへ溶けてしまいます。

3つのスペースの重要さ

人生というのは、コンスタントな状況と関係の流動です。すべてやってきては去っていきます。もし成功したいなら、自分のこころ、精神、環境にスペースを空けなくてはいけません。

いのり

一か所であなたを麻痺させていた傷をきれいにして治癒してください。あなたが手放すべきものに固執したら、自己成長のプロセスを邪魔してしまいます。

はじめのステップは、あなたを蹴落とす、あるいは何の効果もないすべてを解き放つ方法を学ぶことです。

 

古いものは去らせてください。泥でいっぱいのバケツは、水を入れ続けてもきれいにはなりません。仕事が嫌なのに、恐怖から他の仕事を探そうとしない人をどれだけ見てきましたか?間違った快適の感覚、あるいは自身の欠落でしょうか?

意味もワクワクもないものを去らせなかったら、何か人生にいいことがありますか?

物理的なスペース

家を完全に掃除してください。そうすると、手放す決断にどのように自分が反応するかわかります。何か小さなものでもです。クローゼット、ボックス、収納部屋は、「多分」や「もしかして」で残しているものがたくさんあります。チャンスが回ってきてもほぼ使わないにもかかわらずです。

不必要なものを処分するのはとても開放的です。

もう使わないものを捨てたり売ったりしてください。もしほしい人がいないなら、それをもらってくれる寄付センターや団体がたくさんあります。

精神的スペース

もう使わないものを捨てて居住スペースをきれいにしたら、次のステップは精神を掃除することです。

自分の過去に関するたくさんの考えや思い込みがあります。イライラさせるような音を発して、成長しようとするあなたの気をそらします。

自分自身に対してよりクリーンで温かくふるまうことで、役立たない考えを特定することができます。自分の注意を役立たない考えにフォーカスすると、新しいもっと役にたつもののためにスペースを空けることが難しくなります。

トライさえしなかったら、それらの考えに自分の人生を支配する力を与えてしまいます。もし精神を一掃したいなら、全部空っぽにして、あなたに重くのしかかる汚染的な考えや思い込みを捨ててください

こうすることで、あなたの思い込みシステムを変えることができます。さらに、あなたの見方もです。別の言葉で言えば、より良いバージョンの自分を作り出すチャンスを作ることができます。

恐怖を認めてください。そうすれば、勇気をもってそこから力を取り戻す効果的な方法を見つけることができます。

腕に鳥

感情的なスペース

不安にさせたり、怖がらせたり、悲しくさせたり、罪悪感を感じるような経験をいくつか乗り越えていると思います。このような感情があなたのもとに残ると、感情的にそこから成長できません。

このような感情にとらわれてしまっています。それが自動的にコントロールできなくなるほど、あなたの精神と体はそれを追体験します

人生の目的は、学び知恵を得ることです。しかし、これらの感情にとらわれてしまったら、経験を教訓にすることが難しくなります。これらの感情が精神や体にこびり付いている限り、求める未来へ進む自由がありません。

これらの感情を表現してください。治癒して手放してください。それが、心地よい感情へのスペースを作る唯一の方法です。