サウダ―ジ:ポルトガル語で表される感情

23 3月, 2018

サウダ―ジとは、愛する人が遠くにいるときに私たちが得る空の気持ちです。それはまるで、決して外に出ることのない、私たちの心の中で燃えている炎のようなものです。私たちに懐かしい記憶を思い出させてくれる暖かい風。誰かや何かがもう私たちに戻ってこないかも知れないという憂鬱な気持ちです。

サウダ―ジは誰かがいないことを表します。私たちは会いたいと思っているけれど、過去にしか存在しないような人。悲しみと愛情が混じっているような深い感情です。私たちは希望を持ちながらも決して来ない何かの苦い味をかみしめているのです。

「遠くに住む兄のためのサウダ―ジ。
子供時代に遊んだ滝のためのサウダ―ジ。
サウダ―ジの感覚はもう決して再び見つかりません。
死んだ父のためのサウダ―ジ、決して存在しなかった想像上の友人のためのサウダ―ジ

都市のためのサウダージ。
時間が許してくれないからと、自分のための、傷ついたサウダージ。
しかし、最も傷つけるサウダージは、愛する人のためのものです 」

-ミゲル・ファラベラ-

サウダージ、力強い言葉

英語には、幸せな思い出とともに少し痛みの混じった、このような気持ちをもたらす記憶を表す言葉は存在しないでしょう。しかし、ポルトガル語には存在しています。彼らはサウダージという美しい言葉でそれを表現しました。それはとても神秘的で意味のある言葉です。

多くの学者と言語学者がそれを研究し、それがどこから来たのかを見つけようとしました。 しかし、彼らは同意することができません。それが何を意味するのか正確に同意することも本当に難しいのです。

雨に打たれる花びら

この言葉は抽象的で難しく、感情の全体を網羅しています。 まるで、現在の感情を通して遠くにあるものを呼び起こすようです。本質的には、ポルトガルの作家であるマニュエル・メロが「bem que se padece i mal que se disfruta」(良いことを苦しみ、悪いことを楽しむ)のように表現しているようなものです。

私たちは哲学的見地から見ることもできます。 ラモン・ピニャーロはこの言葉を寂しさからくる心の状態と表現しています。そして、さまざまな種類の孤独がさまざまな種類のサウダージを引き起こします。 私たちが(客観的)に見ることができる状況と、私たちが(主観的に)経験することができるものがあります。

他には、これを基本的な安全の感覚に戻ろうとする試みに関連させる理論もあります。例えば、ノボア・サントス医師が説明するように、「死の本能」を通してです。あるいは、感情的な目覚めによって私たちの生まれた場所が引き起こす場合もあるでしょう。 この言葉の意味はあまりにも大きいですが、これが心理的な状態であることには、みな同意することができるでしょう。

ノスタルジアを超えて

人々は時々サウダージをノスタルジアと定義します。しかし、この言葉の香りは、ノスタルジアという言葉をはるかに超えています。ノスタルジアだけでは何か欠けている気がするのです。 特定の人や瞬間が私たちの生活の中で持っていた重要性を認識する要素が欠けているのです。その懐かしい出来事も、もう何も私たちの中では同じでないことを知っているからです。

前述したように、この言葉は、私たちの意識の浜辺に波が打ち寄せては消えるような状態を暗示しています。不在が私たちの内面を越えて存在の感覚を得る嵐の海のようです。

それが、私たちが再び見ることのない人を思い出すときです。また、私たちは彼らの皮膚に触れることはもうありません。 私たちが育った場所の匂い、私たちが子供の頃遊んだ裏庭。私たちが太陽を見ている間は、ゆっくりと、しかし確実に、時間が流れています。サウダージは記憶の幸福ともう存在しないという悲しみが出逢う場所です。

ロマン主義時代の作家はこれをよく理解していました。 作家と俳優のミゲル・ファラベラが言ったように、最も痛いサウダージは、私たちが今でも本当に愛する人から来たものなのですから。それは、再び一緒になることが不可能であることを知ることから生じる空虚に関連するものです。

しかし、私たちはそれを運命とみなします。そして悲しい微風が私たちの顔に触れると、私たちはどれほど幸せだったかを思い出します。 美しい、しかし痛みを伴う愛の記憶…

「最も痛いサウダージは、私たちが愛する人のためのものです。 彼らの肌、香り、彼らのキス。 彼らの存在のために、そして彼らと合意して別れた後でさえも。」
-ミゲル・ファラベル-

記憶の苦い味を和らげる

サウダージは辛いけれど、幸せです。私たちがそれを感じると、それは私たちの気持ちを超えてしまうようです。私たちは幸せを覚え、同時に悲しみを感じます。 それと同時に、私たちはその時に感じた幸せを取り戻すことができないと知っています。

それは記憶の苦い面を味わう方法を学ぶことなのです。 逆説的ですが、それは慰めのようなものでもあります。

「サウダージは私が書いている間に感じたことであり、あなたが読んだ後におそらく感じていることです」
-ミゲル・ファラベラ-

具体的には、サウダージは私たちの体内のすべての原子で人生を感じることを意味します。そして、私たちの周りのすべてに感謝することを学ぶでしょう。あらゆる瞬間、あらゆる細部、すべての人まで。 彼らのすべては、痛みと幸福の間のどこかで、この独特な感情を私たちの中で目覚めさせることができるのです。

あなたはどうでしょう。あなたはいつサウダージを感じますか?