人生を調和させるための5Sメソッド

· 2018年12月3日

5Sメソッドとは、人生の質を改善してくれる5つの基本原理からなります。この原理は、2つの基礎の上に成り立っています。秩序と清潔さです。 この日本で生まれたテクニックは、仕事でもプライベートでも応用できます。実際、多くの企業がこれを実践して、生産性を上げてプロセスを改善しているのです。

トヨタは、整頓された清潔で効率的な仕事場を作るために1960年代に5S を取り入れました。同社は「カイゼン活動」で従業員の生産性をあげようとしたのです。

それ以来、5S メソッドは広まり様々な企業で使用されてきました。さらに、これは教育部門でも応用できます。清掃習慣を小さいころから促進します。この心理教育的基礎は、教育機関が清掃習慣の文化的変化を促すことにその基盤を置いています。

5Sメソッドとは?

5Sメソッドは、S で始まる5つの基本的な原理から来ています。事前の準備が必要なく、誰でも日々の生活に取り入れられます。しかし、結果を最大限に生かすには決まりをしっかり守ることが重要です。

整頓

理想的なのは、秩序の取れた体系的な方法で実践することです。また、忍耐はこのメソッドのカギのひとつです。それでは、原理を見ていきましょう。

整理

不必要なものをわきにどけておくことに基づくプロセスです。本当に何が必要か特定する分析を行って、これらをただスペースを取るだけのものと分けます。分類出来たら、使わないものはすべて捨てます。

ものを分類するメリットは、必要だけど自分が持っていない要素に気づかせてくれるということです。ものが重要かそうでないかを決める確立された分類法としては、いつ最後に使ったが自分に聞いてみることです。1年間使っていなかったら、捨ててしまいましょう。

こうすることで分類が次のステージへの作業材料を準備してくれます。すべてのものにペストな場所を選ぶことができるのです。

整頓

これは2つ目のステージです。系統化が主な特徴です。ものを置くべき場所において、最も大事なものを特定してもっと手の届きやすいところに置きます。

こうすることで、特定の分類エリアを区切ってラベル付けができます。自分の作業スペース全体を系統化して、何かを探すのに時間やエネルギーを無駄にしないようにします。

清掃

このステージでは、掃除のプロセスに入ります。今ある汚れとほこりを取り除いて、完璧な仕事場にします。最も重要なのは、仕事場を汚くするものを特定しそれを取り除くことです。

清潔

連鎖効果を避けるために、異常なものを見つけてそれを解決することが基本です。散らかりを避けるためには、その場所をきれいに保っておくことが大事であることを学ぶことができるステージです。

本棚
しつけ

最後は方針を確立することです。これによって、毎日方針のもと改善し続けます。働いている間も、5Sメソッドを心にとどめておくことが重要です。すべての重要なカギである、秩序、清潔、効率性を思い出すのに役立ちます。 

仕事場で5Sを応用することは、自分のスペースのコントロールを取って、時間を効率化する良い方法です。しかし、この方法は私生活にも応用できるということを覚えておいてください。分類化、体系化、掃除メソッドを使いましょう。あなたの生活向上への道を助けてくれます。