人生を整理する近藤麻理恵メソッド:家の整頓

2018年5月22日 in 好奇心 0 シェア済み
コンマリ

近藤麻理恵さんは、家を整頓することはもっと整頓された生活につながると話します。不規則なものは、内面的な不規則さを表しています。同じように、家が汚いと何だか気持ちも落ち着かなくなります。これらの2つは密接にかかわっています。

近藤さんは、「人生がときめく片づけの魔法」の著者です。彼女はこのトピックにおいての第一人者です。Time誌の2015年版世界で最も影響力のある人物100選出されただけの理由があります。彼女の本やビデオは、世界中で読まれ視聴されています。

多くの人が、家と生活を改善させ整頓する方法を探しています近藤麻理恵メソッドを今こそ試すときです。どんなものがあるか見てみましょう。

「自由は、娘ではなく秩序の母である。」
-ピエール・ジョゼフ・プルードン-

近藤麻理恵メソッドと「リバウンド効果」

近藤麻理恵メソッドの最も重要なコンセプトは、「リバウンド効果」です。スペースのために整頓をして、使わないものをすべてどけたいときに起こります。秩序だった方法でものを分けます。

引き出し

それから、使わないものをすべて保管しておける場所を探します。だから、キャビネット、引き出し、その他すべてのスペースはそれらのものであふれかえります。これらすべてを収納するためにもっと家具を買わなきゃ、と思うひともたくさんいます。

近藤麻理恵メソッドでは、整頓は収納ではありません橋や棚に物を突っ込むと、無秩序は再び現れます。すべての収納場所がいっぱいなのだから、他のスペースがまた散らかります。リバウンド効果です。

もう必要ないものを捨てることを学ぼう

多くの人は物を捨てるのは難しいと感じるようです。しかし、整頓の秘密はまさにそれです。整頓したいなら捨てなくてはいけません。これは、近藤麻理恵メソッドが説いていることです。容赦なく物を捨てることを学ばなくてはいけません。もちろん、「捨てる」は「寄付」も含みます。

整頓するコンマリ

近藤氏によれば、あなたを幸せにするものだけを残しておくべきです。どんなものも時間と共に感情的な意味を増していきます。わたしたちが愛するものです。他のものは、興味がないものです。家に残しておく必要が全くないものです。場所を取るだけです。

捨てるべきかどうか決めるのに時間を要するなら、解決策があります。捨ててしまいましょう。幸せにしてくれるものを見たときには、迷いはないはずです。

迷いがあるときは、そのものがそんなに大事でないからです。この場合、捨てることが難しい理由はものに固執するノイローゼ的な習慣です。

これを胸に留めておけば、捨てる前にそのありがたみがわかります。そしてさよならをしてください。おかしいように思われるかもしれないですが、近藤麻理恵氏は罪悪感を感じることがないようにするために必要だといいます。罪の意識は、必要ないアイテムを処分するのを難しくします。

ステップバイステップの近藤麻理恵メソッド

近藤麻理恵メソッドには、9つのステップがあります。次のステップに行く前に各ステップが完了していなければいけません。彼女やそのフォロワーはこのメソッドに則っています。決断を下すことが必要なだけです。それらのステップは:

  • 捨てる。ハッピーにしてくれないものや感情的に価値のないものすべても捨ててください。
  • より幸せにしてくれるものだけ収納。
  • 場所ではなくカテゴリーごとに整頓。つまり、寝室だけ全部ではなく、服なら服を全部を整頓ということです。
  • 服から始める。必要かどうかが簡単に決められるため、服から捨て始めるのが簡単です。
  • 残った服は縦に整頓する。服で小さな長方形を作ってください。それを縦に収納します。最終的には、洋服の図書館のようになります。
  • 先延ばしにしない。途中で止まらずに各カテゴリーを初めから終わりまで行うことがベストです。「また今度」といって残さないようにしてください。
  • 残したすべてのものの価値を決める。ものがなぜ大事なのかわからなかったら、要らないはずです。
  • 自分自身できれいにする。他の人と一緒であったら、捨てすべきものを残しておくよう説得されてしまうかもしれません。
  • ものを収納するためにさらに家具を購入しない。まだ何も持っていない場合以外は、するべきではありません。

近藤麻理恵メソッドを試した人は、とても役立ったと話しています。特に、すぐ懐かしくなってしまうひとや、強迫的ホーディングがある人です。あなたはどう思いますか?箱を見せるコンマリ

あなたへおすすめ