ジョン・ロックの5つの言葉

· 2018年6月9日

John Locke(ジョン・ロック)が残した多くの言葉は、私たちの日常生活に反映させることができる素晴らしい教えです。それらのほとんどは彼の作品の一部であり、私たちを大きく動かすことでしょう。

ジョン・ロックは1632年に生まれ、1704年にこの世を去った、イギリスの重要な思想家でした。彼は医学に特化していましたが、著述と政治哲学の研究で世に知られていました。

彼は多くの顔を持つ男でした。上記の分野だけでなく、教授、経済学者、神学者、外交官、作家であったことにも注目すべきです。しかし、それだけではありません。ロックは経験主義(経験論)の重要な代表者の1人でした。

この記事では、ロックの言葉の中で最も優れたものに焦点を当てます。覚えておく価値のある知恵の詰まったフレーズたちです。

ジョン・ロック

心配があなたを支配する

「あなたが心配していることは、あなたをコントロールする。」

これは私たちが重要だと考えるジョン・ロックの最初の言葉の一つです。この言葉に含まれている意味だけでなく、この教えが今日でもなお通用するからです。この考えを伝えようとした人がずっと昔にいたということを、最近まで私たちが知らなかっただけなのです。

私たちが心配するもの全てが私たちをコントロールします。なぜなら、心配は出口がない迷路を構築するたくさんの思考に変わるからです。恐怖、疑念、期待でこれらの考えに力を与えてしまい、私たちがそれを止めなければ、大きくなる一方です。

私たちが心配しているものを自由にしなければ、そこに不安が生じます。しかし、私たちを支配する心配をから身を守るための解決策を授ける中国の諺があります。

「解決策がない問題があるなら、なぜ心配する必要があるのだろうか。また、解決策があるのならば、なぜ心配するのだろうか。」

親の重要な仕事

「親たちは、自分たちが川に毒を流しているときに、川がなぜ苦いのか疑問に思う。」

この2番目のジョン・ロックの言葉は、重要な仕事がある親に向けられています。しかし、このフレーズは、ほぼ毎日発生する出来事への批判です。子供が反抗期だから、子供が「道を見失った」から、親が思う正しいことをしてくれないから。。。と不平を漏らします。

空飛ぶ船

現在で言えば、例えば、多くの親は、子供が携帯電話やコンピュータにばかり集中することについて不満を言います。しかしこれらの苦情は、ゲーム、タブレット、または他の技術を、小さな子供を穏やかに保つために使用している親の責任の欠如を示しています。

時間が非常に早く過ぎるのは事実ですが、何が重要なのか優先順位を決めることを学ぶ必要があります。時々、私たちの責任は私たちを圧倒します。しかし、子供たちはやがて成長し、他者と交流することを忘れてはいけません。彼らはやがて人間関係を築きます。その方法を教えることは親の責任です。

あなたが「これで遊んで、静かにしてなさい」、または「今は時間がない」と言っていると、子供たちは簡単にスクリーンの中毒になってしまいます。質の高い時間はそこにあるのでしょうか?もし明日彼らが携帯電話中毒になってしまったとしたら、親はどのように子供の良い例として自らを示すことができるでしょうか?このプロセスを導いてしまうのは親です。親は彼らの情報源を毒にしている可能性があります。

幸せと心

「人は、人間の幸福とは自分の環境が課す条件ではなく、心の在り方であることを常に忘れている」

ジョン・ロックの3つ目の言葉は、すべての人間が憧れている幸福について語っていますが、ほとんどの人が最も適切でない場所を探しています。おそらく、彼の言うとおり、私たちは幸福は状況に依存すると信じています。

クビになった、恋人を見つけることができない、私たちには子供がいない、十分なお金がない、だから私たちは幸せにならない。 。 。一体誰がこれが本当であると言ったのでしょうか?

失敗はチャンスであることを忘れていませんか?仕事がないのはもう一度やり直すチャンスです。あらゆる場所で幸福が私たちを待っています。それに向かって歩くかどうかは私たち次第です。

手品をする女性

私たちが心に留めている信念は私たちをコントロールしてしまうために、自らの内面を優先することなく、外で起きること全てを気にしすぎます。新しい視点で物事を見れば、現実には不幸になる理由はないことに気づけるはずです。

他人のようになりたいという願望

「私たちはカメレオンのようなものだ。私たちの周りの人たちから、色調と道徳的観念の色を受け取りる。」

ジョン・ロックのこの第4の言葉は、過去に言われていたことへの大きな批判を含んでいることに疑いはありません。しかし、これは現在にも関係のあることです。人はみな違います。しかし、他の人と同じようになりたいと自分を見失い、そして他の人に承認されたいと思う傾向があります。

受け入れられたい、グループの一員になりたいという願望は、私たち自身のアイデンティティを失わせます。他人の判断や批判を真実とみなし、周りと違うもの全てを恥だと感じてしまいます。

誰かが私たちの異なる考え方や物事の見方を指摘するとき、そして私たちの習慣を判断するとき、私たちは誇りに思う代わりに、すべてのことを恥ずかしく思ってしまいます。先述の引用にあったように、私たちは幸福は状況に依存する、幸福は外からやって来ると信じています。だkら、私たちは自分自身をカメレオンに変身させ、自分の本質を犠牲にしてしまうのです。

努力の価値

「すべての富は仕事の産物です。」

裕福になりたいですか?私たちがこの質問を投げかけたら、多くの人の手が上がるでしょう。しかし、富には様々な源泉がありえます。この最後の言葉は、何よりも、富は仕事、努力、そして忍耐の産物であることを指摘しています。

頑なでなければ、最初の失敗に脅かされ、後戻りしたいと思うでしょう。これまでに達成したすべてを失います。努力しなければ報われません。私たちが望むものを手に入れるためには努力が必要です。そうすれば私たちは裕福になるでしょう。

操り人形劇をする女性

私たちは金銭面、健康面、知識の面で豊かになることができます。なぜなら私たちの人生は豊かさに溢れているからです。好きなことをする豊かさ。友人や健康な家族を持つ豊かさ。私たちは多くの点で豊かになることができますが、それぞれに努力と仕事、忍耐と特定の態度が必要です。

「歴史のほとんどすべてが、戦いと殺害以外の何物でもない」

ジョン・ロック

ジョン・ロックのこの5つのフレーズは、何年も前から、偉大な思想家たちが今日私たちが闘っているのと同じ主題に目を向けようとしていたことに気づかせてくれます。私たちは一歩を踏み出すべき時ではありませんか?これらのフレーズはいつ、アドバイスではなくなり、あなたの生き方になるでしょうか?