ユングの幸福5条件

2019年12月23日
カール・ユングによれば、幸せになるためには、自分自身を見つめる必要があります。今回は幸福への5つの鍵をご紹介しましょう。

カール・ユングの幸福への鍵は、数十年後の今も変わっていません。スイスの精神科医であり分析心理学の父であったユングは、元型や集団無意識などの概念を私たちに残しただけではありませんでした。彼は、人間の感情、イメージ、ニーズ、幸福への鍵についての専門家でした。

彼はかつて冷戦中期のインタビューで「私という人間は、自分に日々何が起きたか(与えられたかという出来事)によって創られた存在ではない。私という人間は、自分自身の意志で選択して築きあげられたものである。」と語っています。彼は、人間には恐ろしいことだけでなく、偉大さもあることを知っていました。ユングは、私たちは個人化によってのみ希望と健康を達成することができると主張しています。

その興味深い概念は、ユングの幸福の概念とも強い関係があります。彼にとって、それは精神的に自由になるプロセスでした。

精神的に自由になることで、恐れや不安なしに生き、なんの曇りもなく無意識の精神によって、目標を明確に捉えることができると信じていました。

彼は、間違いなく精神心理学の父でした。人間の幸福の基礎についてインタビューで答えています。( C.G. Jung Speaking(1987年))

「人生の特権は、あなたが本当の自分になることです。」

-カール・グスタフ・ユング-

ユング 幸福 条件

幸福への鍵

幸福を掴む方法について非常に多くの方法が存在します。しかしその多くは、実際にはそれほど深くはないことがあります。現実的ではなく、具体的な助けも提供してくれません。カール・ユングの幸福への鍵も単純に見えるかもしれませんが、多くの方法とは異なった際立たつものがあります。

分析心理学の父は、必要なのは明確な目標を持っているだけでなく、柔軟で、受容的で、直観的であることだと語っています。ユングが言ったように、人生に予期せぬ驚異をもたらすシンクロニシティを見つける必要があります。

では、ユングの幸福への5つの鍵を見てみましょう。

こちらもご参考に:
フロイトとユングの10の相違点

1.心身の健康

心と体どちらが欠けても幸せは成り立ちません。カール・ユングは心理学が人間として私たちを救い、健康を測定できる唯一の科学であると信じていました。

彼は、心理学の唯一の目的が精神障害と苦痛を治療することだとは考えていませんでした。自分自身を満たし、目標を明確にし、自分が誰であるかを学ぶためのツールだと考えました。彼にとって、身体的健康と同じくらい重要な幸福への鍵だったのです。

2.良好な人間関係

他人との関係は、幸福のために非常に大切な柱の1つです。

他人から切り離された生活は幸福を遠ざける傾向があります。愛情、友情、安全が必要です。コミュニケーションをとり、共有し、新しい視野を見つけ、お互いにサポートしあい有意義な絆を築く必要があります。

3.芸術と自然の美しさを知覚する能力

アートは人間によって作られた文化的産物であり、単なる美的創造物ではありません。すべての芸術作品には、人間の本質も含まれています。アートは、感情、創造性、理想主義、革新性、そして熟達を注ぎ込んだ、ユングが集団無意識と呼んだものでした。

自分自身を高め、喜びをもたらし、あなたを幸せにする全てに感謝しなければなりません。これはまた、自然に感謝することも意味しています。私たちのルーツは自然にあります。地球上のすべての創造物と場所は、素晴らしい知恵を与えてくれます。

4.信じる:宗教や哲学

カール・ユングにとって、スピリチュアリティのない幸せはありませんでした。宗教的教義や哲学的運動の内容にかかわらず、「何かを」信じることが幸福の基礎として機能すると考えました。

それぞれの経験に文脈と起源を与え、この世界に目を向ける以上のものがあるように感じさせます。信じることはあなたに意味と目的の感覚を与えてくれるのです。

ご存知でしたか?:
感情の均衡を見つけるためのユングセラピー

5.充実した仕事

ユングは子供の頃、考古学者になりたがっていました。しかし、人生は彼を医学の勉強へと導き、そして精神医学に特化することとなりました。

それでも彼は、歴史、人類学、そして人類の最も深い部分を「掘り下げたい」という欲求に対する情熱を忘れてはいませんでした。分析心理学を通してそれを行ったのです。

充実した仕事に就いているかどうか、自分で選択できるとは限りません。 しかし、明確な目標意識を持って、キャリアについて正しい選択をすることができれば、充実した仕事を見つけるのが容易になるでしょう。

結局のところ、幸福はあなたのベストを尽くすことでもあり、得意で情熱的なことをしているとき、それは最も簡単に実現します。

ユング 幸せ 条件

ソクラテスはかつて、幸福を見つけるためには自分の最も深い部分と向きわなければならないと言っていました。 ある意味で、ユングが提唱したものとそれほど変わらないでしょう。 重要な点は、あなたの内なる声に気づくことです。 一度声に気づくことができれば、あなたは自由を感じ、生きたい人生を形作ることができるでしょう。

  • Jung, Carl. Gustav ( 2005) Recuerdos, sueños, pensamientos. Madrid: Seix Barral