超直感的な人がみんなと違う5つのこと

· 2018年3月3日

スティーブ・ジョブズは次のような言葉を残しています。「直感はとても強力で、知性よりも強力だ。」 ジョブスの言っていることは間違いではありません。事実、彼とその仲間たちは、わたしたちが今日生きる世界では直感が強力なツールであることを証明しています。アルベルト・アインシュタインすら、「本当に価値のあるものは勘だけだ」という言葉を残しています。

勘はわたしたちを安全にしてくれます。感情を考慮に入れながら、決断を下す助けをしてくれます。差し迫る危機や気づいていない機会の警告を発してくれるタイプのレーダーです。

 

「あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマにとらわれないでください。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ってください。」
-スティーブ・ジョブズ-

わたしたちは直感に基づいて決断を下す内なる能力を持っていますが、みんなが内面の声とのつながり方を知っているわけではありません。難しい決断に直面した時、いつもと違うやり方で物事を行うために心に耳を傾ける傾向にあるのもうなずけます。

直感に従って自分に正直になる

直感はわたしたちの日々の生活のなかで重要な役割を果たします。わたしたちが下す多くの決断は、論理的な考察よりも勘の産物です。ほとんどの場合、わたしたちはあまり考えずに自分たちの直感に従います。わたしたちは、直感と論理の2つの情報のソースを合わせて決断を下しているのです。

重要な決断を下す必要があるとき、特に確立された社会的・文化的規範に反するとき、自分の直感に耳を傾かなくてはいけません。超直感的な人は、自分に正直であることを選び、自分の直感に従います。それが、結果に大きな違いを生み出します。

超直感的な人のほうがいい決断をしますか?自分の直感に従うから成功するのですか?この疑問には正しい唯一の答えはありません。直感に従うということは、唯一の真実を得ることではありません。

直感に従うことは、コントロールの感覚をあなたに与えます。環境に対するコントロールではなく、自分に対するコントロールです。 最終的に、「正しいと思われる」ことをすることで保証されるものは何一つありません。何が違うかと言えば、直感に従ったとき、あなたは自分が自分の運命の作者で、自分の決断の所有者であることを知ることができます。

カラフル

 

超直感的な人は何が違う?

わたしたちの多くは、超直感的な人に憧れます。彼らの自由、自信、それらが彼らに及ぼす効果をうらやみます。わたしたちみんなに直感があるなら、それに従えばいいのではないか?

恐れているのでしょうか?内なる声に従うほど自分を信用していないのでしょうか?頭がおかしくて自分がすべきと思うことをできないのでしょうか?

自分の直感を信用し始めるにはどうしたらいいでしょうか?直感が花開くようにするにはどうしたらいいでしょうか?超直感的な人を観察し分析することから始められます。彼らの行動を自分に適用することで、隠れた内なる自分を発見することができます。

超直感的な人は自分の内なる声を聴く

超直感的な人は、自分の直感を無視しません。その代わりに、耳を傾け、決断を下すための材料として利用します。多くの人はこのような方法に関して懐疑的ですが、自分の内なる声をしっかりはっきり聴く人は、その声に反することができません。その声を黙らせようとはしないのです。

大きな違いは、超直感的な人は、「内なる声」という考え方が狂ってると思う人たちのことなんか気にしません。その声に耳を傾けます。シンプルなことに関してでも、それがすべてあるいはみんなと反することであってもです。時には、生きるか死ぬかの問題かもしれません。

これは面白いことです。多くの人は自分の直感を聞き入れ、何らかの形で助けになった経験があるはずです。小さなことかもしれないし、重要なことかもしれません。あるいは、大事なことから誰かを救ったり、素晴らしい機会に導いたりする方向に向かうひと押しだったかもしれません。

超直感的な人はひとりの時間を必要とする

自分の内なる声を聴くために、超直感的な人は平穏と一人の時間を必要とします。そうしなければ、自分の内なる力を養うことができません。そうしなければ、自分自身に耳を傾けることができません。このタイプの人がちょっと内向的なのはそのせいです。

一人になり、耳を傾け、自分のエネルギーを感じる必要性があるのは、自分の感情と考え方と調和する必要があるからです。瞑想やスピリチュアルなアクティビティーを通じて、これらの人は外の世界のノイズをシャットアウトし、内なる知識に注意を注ぐことができます。

超直感的な人に精神的な曇りが少ないのもこれでうなずけます。自分一人で沈黙の中座っていることを習得したのです。自分自身に心地よさを感じているのです。

海の中から生える木の上の読書

超直感的な人は自分の周りのすべてに気づく

超直感的な人のよくある特徴のひとつは、自分の周りに気を配り、他人と共感します自分の内なる世界に注意を向けるように、超直感的な人はこころと目を開き外の世界を見ます。自分自身とのつながり方をすでに知っているため、他人と深くつながることができます。

超直感的な人は、他人が感じていることを理解できる特別な能力を持っています。相手が口に出す前に、何が言いたいかわかります。これは、個々の人を理解するのに役立ちます。

超直感的な人は超クリエイティブ

注意深く観察すると、歴史上わたしたちの生活を変えた素晴らしいアーティスト、政治家、科学者はみな超直感的であるとわかると思います。直感によってインスパイアされた彼らの創造性は、彼らに物事を異なる方法で行わせるようにするのです。異なる質問をし、驚くような答えを導きます。

直感によって養われるこの創造性によって、超直感的な人は、生命、自由、自分が役に立っていると感じます。このような意味で、想像力を養うことは、生命の力が自身に流れ込むのを許すことだとわかっています。そして生命の力は、直感を養います。

「あなたの直感が話しているとき、それは正しいことが多いものです。直感的な考えは神聖なギフトであり、理性的な考えは忠実なしもべです。わたしたちは、しもべを高く評価しギフトを忘れる社会を作り出してしまいました。自分の目で見て自分の感覚で経験する人はとても珍しいのです。」
-カトリーヌ・パンコール-

超直感的な人は自分の第六感とつながる

科学者たちは、腸が第2の脳であることを発見しました。腸壁を覆っている、かなりの量の神経細胞によるためです。しかし、超直感的な人は、自分の腸が知恵と直感を持っていることを知っています。わたしたちの多くはそれを経験したことがあるはずです。しかし、どのように耳を傾けたらいいかわからなかったのかもしれません。あるいは、ただ無視することを決めただけです。

これを疑う人のために、決断を下すとき、論理的な分析より直感はより効率的で効果的であるという専門家の見解があります。ボストン大学、ライス大学、ジョージ・メイソン大学の研究によるものです。

世界がどれだけ早く動こうが、他人がどう考えようが、何を期待しようが、超直感的な人は気にしないのです。彼らは自分の内なる声を聴くために時間を割きます。

夜空の中で手を取り合う二人

感情的な理由付けより論理を重んじる世界

超直感的でいることは簡単ではありません。特に、あなたの直感が規範や「論理的な説明」に反するものならなおさらです。小さな程度のものもあれば、時には大きな程度のものもあります。でも、そんなことは関係ありません。 いずれにせよ、自分の直感を信じて、それを行う結果を得ることは、上流にさかのぼっているということです。

物事を正しい方法で行うことは、わたしたちが幼い時から行っていることです。しかし、物事を正しく行うには一つの方法しかないと誰が言いましたか? 「正しい方法で行うこと」がこの世界のみじめさの原因かもしれません。

あなたは論理的に物事を行うことも、勘に従うこともできます。あなたの直感はなんといっていますか?