カマ・ムタ:最も激しい感情

2019年11月2日
カマ・ムタは、誰もが感じることがある普遍的な感情と定義されています。

カマ・ムタは、サンスクリット語に由来する用語であり、文字通りの意味は「感動する、愛や賞賛で満たされる」です。研究者たちは、これは愛情に満ちている時に感じる感情であり、最も激しく、そして誰にでも起こりうる普遍的なものだと述べています。何かまたは誰かに対して経験する驚きと賞賛の感情です。圧倒的な感情によって、涙があふれそうになる瞬間なのです。

この感情を言葉で定義するのは簡単ではありません。しかし、世界中すべての人間に現れる感情であることを証明するために研究が行われました。世界中の人間がそれをどのように経験し、定義しているのかをリサーチしたのです。

感情の言語

カマ・ムタは「動かされている」と翻訳することもできます。ただし、こう定義することは、何かより深いものとつながり、人間にとって肯定的でも否定的でもあることに注意してください。それはただ単に夢中になったり、心酔しているだけではありません。私たちの感情的な関係を超越しているのです。

カマ・ムタは突然、私たちの内側で何かが目覚める一瞬の感情です。その瞬間に私たちに侵入する何かなのです。ほんの一瞬だけですが、非常に強烈なので、私たちの記憶に深く残ることとなります。

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の人類学教授アラン・フィスクは、それは社会的な感情だと指摘しています。

つまり、カマ・ムタは孤立している状態では起こらないことを意味します。私たちを楽しく驚かせ、刺激を与えるイベント、人、またはグループに関連して常に存在しています。思わず鳥肌が立つような私たちを動かす何かまたは誰かです。その他にも胸のつかえ、突然あふれる涙などがカマ・ムタのサインとして現れます。

「突然変異したカマは、たとえば、恵まれない貧困者のために一緒に奉仕する動機づけとなる場合があります。愛情以上に人を動かすことができる感情です。また、思いやりを持って動かなければなりません。」

-アラン・フィスク-

カマ・ムタ

カマ・ムタ:強烈かつ心地よい体験

あなたのために素晴らしいことをしてくれた友人を思い浮かべてください。子供の誕生または親友の結婚式でもよいでしょう。大好きな人との久しぶりの再会、誰かを誇りに思う感情、お気に入りの著者による講演会、演劇へ行った時の深いインスピレーションかもしれません…これらは、カマ・ムタを体験する可能性のあるほんの数例です。

近年、世界中の多くの大学でカマ・ムタについての研究が発表されています。その目的は、カマ・ムタを構成する感情の内訳について明らかにすることです。研究により基本的にすべての人と文化において、カマ・ムタを身体的および心理的に同じ方法で表現し、経験していることが明らかになりました。たとえば、多くの人が次のことを経験しています。

  • 幸福感
  • 胸にある温かさ
  • 溢れる涙
  • 悪寒または鳥肌
  • 息切れ、胸のつかえ
  • 緊張してドキドキする
  • 無重力、空中に浮かんでいるような感覚

これらはすべて生理学的症状です。しかし、科学者はこの種の感情にさらに興味を持ち始めています。人間を動かし、刺激するものは何なのでしょうか?私たちは皆同じことに心を動かされているのでしょうか?もしそうなら、カマ・ムタは普遍的な経験なのでしょうか?答えはイエスです。

ご存知でしたか?:
マントラを唱えて精神を落ち着かせる

カマ・ムタ:人間関係の感情

カマ・ムタに関する調査は、ここ数年間人気があります。実際、カマ・ムタ・ラボなどの組織も存在します。ラボからは常に興味深い情報が提供されています

「感情」という言葉はラテン語での動きを意味します。幸福、喜び、悲しみ、恐れ、または怒りなどのあらゆる感​​情には、私たちを変える「タスク」が存在しています。行動を形作り、反応を生み出すために、私たちの心の中の真実に関する情報を提供します。カマ・ムタは私たちに反応させることでもあります。その反応は、それを決定するのと同じくらい強力な次元、つまり愛から生まれるのです。

カマ・ムタ 激しい感情

もちろん、何かまたは誰かによって動かされる度合いは人によってそれぞれです。カマ・ムタを感じる相手が、ペットかもしれませんし、パートナーかもしれません。何かパフォーマンスを見たり本を読んだ時かもしれません。いずれにせよ、私たちを動かす何かは、私たちの存在意義をも変える感情的な痕跡を残すということです。そのような変化の目的は、単に特定の誰かへの思いやりと愛情を持つことかもしれません。相手を気にかけ守るためだったり、情熱的に感じるためかもしれません。たとえ会ったことがない人でもその人の話に触発され、自分の行為を改めようと感じたのかもしれません。

こちらもご参考に:
アナンダミド:幸せに影響のある神経伝達物質

普遍的感情

性別、文化、言語、国に関係なく、カマ・ムタは普遍的な感情です。 私たちは皆、何かまたは誰かに頻繁に心を動かされています。 それは肯定的なことだけでなく、必要なことだと言えます。つながりたいという欲求と、新しいことを始める意欲の両方を促進します。 喜び、希望、賞賛、愛情をミックスした感情によって、やる気が起こるのです。

また良好さと優れたインスピレーションを兼ね備えた感情です。 カマ・ムタほど、私たちを動かす感情的な衝動はないでしょう。 それは一瞬だけかもしれませんが、やる気を起こさせるのと同時に、私たちに癒しを与えてくれるのです。

  • Fiske, AP, Seibt, B. y Schubert, T. (2019). La emoción de devoción repentina: Kama Muta y las prácticas culturales cuya función es evocarla. Revisión de la emoción , 11 (1), 74–86. https://doi.org/10.1177/1754073917723167
  • Seibt, B., Schubert, T. W., Zickfeld, J. H., Zhu, L., Arriaga, P., Simão, C., … Fiske, A. P. (2018). Kama Muta: Similar Emotional Responses to Touching Videos Across the United States, Norway, China, Israel, and Portugal. Journal of Cross-Cultural Psychology49(3), 418–435. https://doi.org/10.1177/002202211774624