カメレオン人間:状況に応じて変化する人

2018年6月7日 in 心理学 0 シェア済み
メガネをかけている男性-社会的カメレオン

カメレオン人間は、高印象を相手に与えることに関してはチャンピオンです。彼らは受け入れられ、他の人の承認を得るために、自分の感情、思考、意見を隠し、感情的な商法術のようなものを実践することをためらいません。それはもちろん、自分自身の尊厳に深刻な副作用を引き起こします。

これを読んでいる皆さんの多くの方が「カメレオンマン」という興味深いウディ・アレンの映画を覚えているかもしれません。その主人公は面白い超能力を発揮します。彼は、あらゆる環境に適応するために自分の外観を完全に変えることができます。そして最後に、若い精神分析家は主人公:レナードに、強い「人に受け入れられたい」という不安が偽装を繰り返させているのが本当の問題だと警告しました。

本物の人は、自分が何者であるかの責任を持ち、自分自身が自由であることを認識している

ジャン・ポール・サルトル

これは間違いなく極端なケースです。アレンが心理学、アイデンティティ問題、そして私たちの社会について語るために取った映画の中での表現技法です。しかし、無視することはできない事実があります – 私たちは皆、ある意味で、カメレオンなのです。

いつも自分自身でいることは難しい

決して偽りなく、完璧に透明な自分自身を示し続けることは必ずしも容易ではありません。私たちは「彼らが何を言うか」を恐れ、我々は失望したり、注意を引いたり、誰にも何も期待されないことを恐れています。社会で生きるには、それに適応する必要があります。私たちはそれを分かっています。しかし、私たちはキャラクターとしてではなく、人として存在することを覚えておくことが重要です。「人として在る」とは、他の人のニュアンス、意見、美徳、希少価値を尊重する方法を知っていることを意味します。それはまた、正直になり、受け入れられたいという感情に負けて自分のアイデンティティや価値観を変えないことを意味します。

キーはキャラクターになるのではなく「人であること」を学ぶことです。

虹色のカメレオン

カメレオン人間と心理的コスト

ミネソタ大学の有名な社会心理学者であるマーク・スナイダー(Mark Snyder)は、この社会的に受け入れられるべき普遍的なニーズの研究の専門家です。彼が私たちに明らかにした興味深いことは、カメレオン人間が非常に不幸な人々であるということです。それについて考えるために、自分の周りの人に溶け込むために、毎日、自分自身を変化させることを強制している人を想像してみましょう。

このためには、何かを感じたり考えたりする一方で、それとは全く反対の行動をすることに慣れていなければなりませんあなたは、一定の矛盾の中で生きて、プライベートの顔と外の顔の間を行ったり来たりします。笑いたくなくても笑う。強く生きなければならない。こういったことであなたが常に良い印象を残そうとするこのほとんど中毒といってもいい行動は、永続的かつ満足のいく結果を確立することはめったにありません。さらに、これは通常、本当の心理的疲労を引き起こします。

「模倣する」ためには、カメレオン人間は各状況の社会規範に注意を払わなければならないことを忘れてはなりません。あなたは、あなたの周りで起こっている暗黙的・明示的なコミュニケーションを観察し、または読みとる必要があります。あなたは真似する必要がありますがその前に、説得力のある優れた柔軟性を示さなければなりません。

2面性。プライベートと外の顔

それぞれの瞬間に正しい人間であることは、他の人の反応を常に意識する必要もあります。したがって、絶えず彼らの社会行動を観察し、希望の効果を得るために自分の行動を調整します。すでに想像がつくように、短期間でも長期間でも、この行動のエネルギー消耗は非常に大きいものです。

本物のカメレオン人間は、何でもやります。彼らは成功するために、尊厳、原則、さらには彼らの価値観の感覚を失います。グループの一員だと感じたり、周りに認識してもらうためです。しかし、非常に多くの役割を模倣して演じているので、本物の繋がり、貴重な友人を持ち、安定したパートナーと一緒にいることができなくなります。

カメレオン人間かシマウマ人間、どちらを選びますか

私たちが好きかどうかに関わらず、カメレオンのテクニックが必要な職業があります。インパクトを与え、誘惑し、顧客を引き付け、信頼を築き、操作する必要がある職業です。したがって、政治、法律、マーケティング、広告業、演劇、外交などの仕事には、心理学的なやりとりが必要です。これらの分野では、模倣とは生存と、そして勝利とでさえも同義になりえます。

私たちは皆、どこかでカメレオンになっています。しかし、マーク・スナイダー博士のようなこの分野の専門家は、本物の感情的な健康、知恵とバランスを本当に望むなら、「社会的なシマウマ」になることを学ぶべきだと教えています。

どこにいるのか、隣に何がいるのか、誰がそばにいるのか等関係なく、シマウマは常に同じです。彼らの縞は決して変化しません。もちろん、これは、すでにお分かりのように、社会的状況にも存在する捕食者にとっての分かりやすいターゲットとなります。だから、私たちの 「シマ」は、みんなを喜ばせる肌、スタイル、性格、または声色ではないかもしれません。しかし、私たちの本当の姿と興味深いニュアンスに惹かれる少数の人々は、心強い味方となってくれるでしょう。

3頭のシマウマ

結論として、皆を喜ばせさせる行為ほど非生産的であなたを疲れさせているものはありません。 空いたスペースのどこでもピッタリ埋まるピース、歯車にピッタリ合うボルト。 そのようなスキルは信頼できるものでも健康的でもありません。 マスクを外して生きることを学びましょう。それぞれの「シマ模様」で、一貫性があり、勇敢で、ユニークで、例外的な生き物になりましょう。

あなたへおすすめ