結果を受け入れること

· 2017年11月29日

“もしこうしていれば…結果は変わったのか …?”

私たちの生活の中で何回この質問をしたことがあるでしょう? 結果が本当に望んでいるものかどうか分からぬまま、それに対して何の対策もせず複数の決定を下したことがありますか?もしそうなら、私たちはそのことについて考えるべきでしょう。

決定を下す瞬間から、その結果が唯一起こりうる事であり、唯一の道となります。だからこそ、十分な時間を取り、慎重に選択してください。

慎重な選択を

大学で何を専攻にするか、どんな仕事をしたいか、次の休暇の目的地をどこにするか…このような意思決定をするとき、選択肢が2つあったとしたら、それを1つに絞る瞬間があります。 将来に重要なものを考えるとき、慎重に検討しなければなりません。その決定は、私たちの将来に影響を及ぼすのです。

バラの花の頭の少女

私たちが自分の選択に嫌気がさした時、 「あの時違う選択をしていたら、何が起こっただろうか」という疑問を持つことがあります。しかしこれは現実的ではありません。なぜなら、もはや私たちのものではない人生を想像することになるからです。 そして、時と場合によっては、それが私たちを害することさえあるのが現実ではないでしょうか? 目の前の決断が将来の唯一の選択肢であることを考えて、あなたを最も幸せにするような決定を下してください。

「静かに考えること – できるだけ静かに考える – は、必死の決定に飛び込むよりはるかに優れていました」

-フランツ・カフカ-

私たちが何らかの決定を下さなければならないとき、恐怖が伴うのが普通です。しかし恐怖が、人生の中で最良の選択をすることを邪魔するものであってはいけません。何が起こるかは私たちの態度に基づいています。そして何が起こることになっても、自分の選択が現実になるときの原動力は自らの願望、決定力、そして希望なのです。

偶然は支配できない

場合によっては、私たちを苦しめる状況に直面します。とりわけ、私たちが制御できないものへ責任を感じるときです。その例が、たまたまその瞬間その場所にいなかったこと、知り合いが助けを必要としていることを知らなくて彼らといなかったなどがあります。すべて日々の生活の中で見つけることができるものです。

しかし、これらは必ずしも私たちの手中にあるものではありません。それらを偶然、チャンス、または運命と呼びます。大事なことは、自分たちにはどうしようもない出来事もある、ということです。私たちは未来を想像することができる、ということを忘れてはなりません。しかし、実際にどうなるかは分からないものです。私たちが考えていることは、多くの選択肢のうちの1つにすぎないのです。

これは私たちが「あのときこうしていれば」と感じてはいけないもう一つの理由です。なぜなら、自分の決断に責任を感じるべきでない状況もあるからです。ある出来事を変えるために過去に戻りたいと感じながら、今になっても私たちの好きなものを犠牲にする理由はありません。だって他に選択肢がなかったんですから。

「私たちの誰も、生活の中のすべての選択肢を知りませんでした。 おそらくそういうものなのです。 いくつかの秘密は永遠に秘密のままであるのです。」

-リアン・モリアルティ-

実際に起こることというのは、結局は選択肢の中で唯一可能性があったものです。特に状況が私たちを飲み込んでしまいそうな場合はそうです。私たちは良くないと感じることを変えることができますが、これは事実を知った後に起こるものです。なので予期せぬ形では決して起こらないのです。

過去にとらわれない

私たちが人生において望むものをゆっくり決定することは有益なことなのです。しかしそれでも、私たちの意志が及ばない範囲があることに気づくことも有益です。 だからこそ、私たちがコントロールできる状況、そうでない状況両方から学ぶことが大切です。

窓から夜空を眺める少女

時には、私たちが過去を見てそれを変えたいと望むことは避けられません。これは良いことなのです。なぜなら、私たちが間違っていたことや失敗したことが今ならできることを示しているからです。

「人が多くの中から1つの選択肢を選んだとき、持ち出されていない道はすべて、ろうそくのように外に出る。まるで存在しなかったかのように」

-フィリップ・プルマン-

しかし、それが自分たちにはコントロール出来ないことを受け入れることは、感情的な成長と同じことなのです。これは、将来のために他の選択肢を検討するためなのです。 いつも将来を楽しみに、あなたの過ちを受け入れ、次に間違った選択肢に向かうのを避ける努力をしましょう。今の現実が起こりうる事だったのです。これが幸せに近づく唯一の方法です。