悲しい時必要なのは、無視ではなく共感

· 2018年4月10日

自分の悲しみに対して共感的でいるのは簡単なことではありません。まず、自分が感じる悲しみに共感することは、そこに悲しみがあることを認めなくてはいけません。

悲しみを恥ずかしがらず、悲しみがあることで自分を痛めつけないことを意味します。悲しみとは、わたしたちの魂に触れる痛み、感じられる必要がある悲しみを表しています。

 

悲しくいることが間違っていると認識されなければ、わたしたちの悲しみを保護するのは簡単だったかもしれません。

悲しんでる時間なんかない。人生は一度きり。幸せに笑って過ごすべき。悲しみを感じる価値なんてない!」こんなような言葉を何度耳にしたことがありますか?こんなことを聞いたことがありますか?

もちろん、わたしたちには一度きりしか人生がありません。理想的なのは、ほとんどの時間幸せでいることです。わたしたちの存在を問題が食い尽くしていない状態です。

しかし、現実に問題は存在します。人生は光と闇でできています。この2つはともに同じ空間に同時に存在します。

悲しみは理解されるために聞き入れられる必要がある

わたしたちは暗闇で過ごしたことがあるからこそ光を認識します。暗闇のお陰で、光は輝き、はっきりとし、賢明です。だから、悲しみも同じようにみることはできないでしょうか?

青い絵

 

落胆やさよならは、一般的に人生がわたしたちに与え、特定のシチュエーションから意味を奪う痛手です。

わたしたちをわたしたちたらしめる教訓をこうして得ていきます。砂の袋一つ一つが巨大なビーチを形成するかのようにです。

辛い経験は、ふるいにかけられ知の水たまりに落ちます。暗闇は、必ず光に変わります。暗闇は教訓になり、特定の経験から何を理解すべきか教えてくれます。

自分の悲しみと時間を過ごして、理解してください。何が自分を苦しめているのか、この痛みの意味は何なのか理解してみましょう。

あなたの悲しみを見くびらない人で自分を囲む

あなたが感じていることをあなたから奪うことは誰にもできません。「泣くことは何にもならない」というような議論では奪うことはできません。

それがあなたにとって必要なことであれば、泣いてください!何にもならないことなんてありません!あなたの悲しみには価値があります。あなたの悲しみは本物で大きなものです。必要なら泣いてください。泣くことでストレスが軽減されます。内面の嵐を落ち着かせることができます。あなたの痛みを絞り出してくれます。

泣く女性

聞きたい音楽を聴いてください。自分がのぞむように悲しみを扱ってください。自分を気遣い、それぞれの感情を気遣ってください。その感情を理解するために、成長し、呼吸をするスペースを与えてください。

もしそのような感情がそこに存在したら、あなたの魂の中の何かが聞き入れられ、考慮される必要があるということです。あなたとあなたの感情を大切にしてくれる人で自分を囲みましょう。

あなたが悲しいからといってあなたを弱いと決めつけず、はじめに共感もせずに悲しみをはがしとろうとしない人です。

誰かと痛みを共有したのに無視されたり見くびられたりすることほど大きな痛みはありません。聞き入れられていない、大事にされていないという感覚は、わたしたちが感じる悲しみをより深くさせます。

無視するのではなく共有することは痛みを軽減する

親しい友人と痛みを共有し、ありきたりな言葉を発するのでもなく、ただそばにいてくれた時のことを思い出してみてください。あなたの悲しみの存在をゆるし、しばらくの間保護してくれます。あなたは、話し、泣き、支離滅裂な言葉と涙の間にユーモアをのぞかせたりします。

抱き合うひと

痛みはそのように処理される必要があります。保護と気遣いです。必要なだけ時間をかけてください。知恵を絞り、痛みを受け入れてください。あなたの感情は落ち着いて、悲しみの裏にあるものが現れ始めます。

しかし、はじめに悲しみを掘り下げずに捨て去ってしまえば、この意味は決して見えるようになることがありません。だから、痛みを受け入れてください。友人との時間で安らぎを見つけることができます。ここまでくればお分かりかもしれませんが、自分という名の友人です。