感情の起源の物語

2019年2月1日
感情の起源の物語は、人間の美徳と汚点が集まり、かくれんぼをした時の話です。

この素晴らしい感情の起源の物語の出所は分かっていません。なぜか、マリオ・ベネディッティだと信じる人がいますが、彼はこの物語を書いていないというのが事実です。また、ホルヘ・ブカイまたはマリアーノ・オソリオの物語を編集したものだと考える人もいます。どこから来たのかは分かりませんか、約30年前に出回り始めました。

「怒り狂った人は、道を開く。後に、その道を賢さが横切る」

-カルロ・ドッシ-

この物語は、人間の感情がちょうど自分の居場所を見つけ始めた不思議な時代へと私たちを導きます。感情の起源へと導かれ、それはとても人間らしく、心動かされるでしょう。

 

感情の起源

ある日、地球のある場所に、人間の美徳と汚点が集まりました。退屈は、あくびをし、その怠惰な様子が、周りへ影響を与えています。これを打ち消すため、狂気は、何か皆で楽しいことをしようと提案します。かくれんぼをしようと彼女は言います。

感情の起源と妖精

陰謀がそれに興味を示し、好奇心はすぐに「かくれんぼって何?」と聞きます。賢明は、それは古い遊びだと説明します。「目を閉じ、100万まで数え、その間に皆が隠れるだけ。そして、数えた人は皆を探すのさ。」

熱意と幸福は、興奮してジャンプし始めました。彼らはその遊びに賛同します。彼らはとても楽しそうに見え、疑念もついに参加する意思を示しました。さらにいつも自分を守っている無関心さえも、参加したいと言います。

 

こうして遊びは始まった..

狂気は、まず自分が鬼になると言って数え始めました。本心は、それに意味がないと考えて参加したくありませんでした。それは、彼女が見つかるのは最後だと考えたためです。傲慢は、この遊びはバカげていると参加しないことにしました。実は、自分ではなく、狂気がこの遊びを提案したことが気に入らなかったのです。

退屈は、走りましたが、すぐに疲れたため、初めに見つけた岩の裏に隠れました。成功や勤勉は、いつも通り、一番高い木のてっぺんを選びました。ねたみは、彼に続いて成功の陰に隠れました。

雲と人

その間に、信念は走り始めてすぐに飛び始めました。皆が驚くよう、彼女は空まで飛び、雲に隠れました。それは、誰にも信じられないことでした。このようなことができるのは、信念のみです。

寛大は、隠れる場所が見つからない人がいるのではないかととても心配しました。実際、彼女はひとりずつ助け始めたのです。時間がなくなりそうになりました。一方で、利己は、洞窟の中に、隠れるのにピッタリの場所を見つけました。彼はそれをさらに、とげのある植物で覆いました。それは、その場所を誰とも共有したくなかったためです。

 

驚きの結末

狂気は興奮していました。100万近くまで数え続けました。そして、目を開け、友達を探し始めます。まず、数歩先にいた退屈を見つけました。次は、熱意と欲求です。火山のふもとに隠れていました。

その次は、不誠実です。不誠実はうそつきで、彼女は水の中に隠れていると言って狂気を騙しました。本当は、虹の間に隠れていたのです。狂気は忘却を追っていましたが、彼がたどった道がどうだったか忘れてしまったため、後回しにすることにしました。

盲目

狂気が数え終わるまでに隠れられなかったのが、唯一、愛です。狂気が近づいてきた時、茂みに急いで隠れました。バカではない狂気は、「愛は予想しやすい。きっと、バラの茂みにいるだろう」と独り言を言います。バラにはトゲがあるため、狂気は熊手を持ち、茂みを突きました。痛みに泣く声が聞こえ、彼女は愛の目を傷つけてしまったことに気付きます。

狂気は、悪く思いますが、どうしていいか分かりません。思いついたのは、愛に許してもらうためにひざまずくことでした。愛の目を傷つけてしまったため、これからずっと、愛を導くと言いました。それから、愛は盲目となり、狂気はいつもついて回るのです。

これが、感情の起源の物語です。感情の本質にせまる物語です。この本質が、感情的経験を左右します。ほとんどの人が、人生において、この感情を確認することになるでしょう。