感情のプレデターの檻から抜け出す方法

· 2018年1月4日

人生の中で、わたしたちは自分の一番いいところを引き出してくれる人間関係を築きます。しかし、あなたを消耗させる壊滅的な関係性に陥ってしまっていることに気づくこともあるでしょう。感情のプレデターは、あなたを檻に入れて破壊してしまうこともあります。

自然界に自分より弱いものを壊滅させる捕食動物がいるように、人間界にも似たような現象が起こります。この感情プレデターは、弱い人を捕食するのではありません。自分がうらやましいと思っている才能を持った相手を捕食するのです。

感情プレデターのプロフィール

感情プレデターの人生は、自分本位なゴールを持ったストラテジーゲームです。感情プレデターはそれぞれの個性を持っていますが、特定の特性を共有しているようです。

変装が得意

感情プレデターは、変装のマスターです。どんな年齢、ジェンダー、社会的階級にもなれまれます。彼らの戦法が最も効率的に働くのは、近しい個人的な関係においてです。例えばパートナーです。カメレオンのように見た目を変えて、環境に合う色にフィットさせます。それだけでなく、人に気づかれずして深く相手を傷つける能力を持っています。

他の人からエネルギーを吸い取る

他の人が持つエネルギーに飢えている人がいます。感じたり、輝いたりできる人に対する憎悪、怒り、憤怒の世界におぼれている人たちです。

彼らの被害者は、バイタリティーと熱意に溢れた、優しく、喜びにあふれ、正直な人たちです。感情的なプレデターが欠いていて妬ましく思っている特性を持つ人たちです。プレデターが持っていないすべてを持っています。だから、プレデターはそのことを思い出させる彼らを切り裂き、辱め、破壊し、壊します。

感情プレデターは、感じることができたり、生命力に溢れている人に対する憎悪、怒り、憤怒の世界におぼれている人たちです。

壊れた操り人形

感じることができない人

感情プレデターの特徴のひとつは、自分自身の感情とコンタクトが取れていないことです。これは、自分の精神と感情の間の関係が欠けていることから起こります。感情的コネクションの欠落は幼いころから始まっていることが多く、そのためプレデターはこの状況に慣れきっており、機能障害として認識できないのです。

これらの多くの不接続状態は、自分自身の感情に圧倒され、防衛メカニズムとして感情から自分自身の接続を切ってしまった幼児期にその元を辿ることができます。彼らの感情は世界から消え、プレデターは防衛機制がかかったままになります。目標を達成するためににとはものとして扱ってよい、というような考え方も同じような論理で機能します。

自分自身を拒否

感情プレデターは、感じることができないこと、自分の本当の姿が見えないようマスクの後ろに隠れていることで、自分自身に対して強い拒否と嫌悪を抱いています。

混乱し何か違うように感じます。多くのケースでは、自分は運命の被害者だと感じています。無意識下で、他人を特定の方法で扱うことが治療のように機能している、ということを分かっています。

素晴らしい俳優

彼らは感じることができません。それを演技で補うことができます。彼らの戦法は、綿密に計画されていて卑劣です。自分の周りにいる人の間を気づかれずに歩き回ることができます。

まず、親密さや時間の経過を通じて被害者をものにします。しばらくすると、被害者に影響を及ぼせるようになり、最終的には彼らを支配します。すべての自由と自治権を奪います。複雑でひっそりと行われるそのプロセスは、まるで獲物を罠にかけるクモの巣のようです。

 

感情プレデターとの関係をどのように認識すればよいか?

被害者は、気づかずして長期にわたって感情プレデターとの関係を築いている場合があります。感情的に疲弊し、かつての自分の本質をすべて失ったように感じるまで、その関係に気づかないこともあります。

パートナー、親、友達、仕事仲間などとこのような害のある関係に陥っていないかを確かめるためには、以下の質問を振り返ってみてみると良いかと思います。

  • 疎外されているように感じていますか?愛する人との連絡が途絶えていますか?家族や友達との関係が希薄になっていますか?
  • 自分の価値観や考え方が変わりましたか?この変化によって以前の自分自身から遠のいたように感じますか?自分のアイデンティティーを失ったように感じていますか?
  • どれくらい自分のことを大事にしていますか?自分は罪にあふれていると感じますか?自分を表現したり、意見を言うことをおそれていますか?

感情的サポートが一切なく疎外されているように感じたり、自分の価値観が変わったり、自分を表現するのを恐れていたり、自分自身のビジョンがネガティブな場合は、感情プレデターと関係を築いている可能性があります。

赤いトラ

感情の檻から抜け出すには

感情プレデターの支配から逃げ出すことは決して簡単ではありません。特に、恐怖、不安、罪悪感はとても深いところで被害者を支配します。被害者は、かつての自分ではもうなくなり、自分の考えや感情を再構築する必要があります。

この状況からの解放というのは、回復するためにプロの助けを必要とするとても時間のかかるプロセスです。

気づくことは自分を開放する第一歩です。この罠から逃げるためには、被害者は気づかなくてはいけません。この状況を被害者が危険と認識できなかったり、罪悪感という強固な鉄のバーに邪魔されて逃げ道を見つけだすことができなくなっていることも十分にあり得ます。

被害者は、自分たちに責任意識を負わせ、罪悪感を抱かせる感情の捕食プロセスを認識する必要があります。そうすることで、すべてのエネルギーを自分の救出に注ぐことができます。被害者は、自分自身を守らなくてはならないと理解し、侵略者を正当化することをやめなくてはいけません。

ハートを縫う

被害者が自分が罠にかかった状況に気づくことができたら、支援ネットワークを見つけることが必須です。特に、被害者がかつて強い感情的な関係を持っていた人たちと再び連絡を取り合うことが大事です。プレデターによって断ち切られてしまった関係です。これらのひとは、被害者が檻から自分を解放するために必要な感情的なサポートとなってくれるはずです。

これらのケースでは、専門家への相談は避けられません。被害者は状況から逃げ出すことを困難に感じており、解放できても自分はもう同じ人間ではないと気づきます。罪悪感と恐怖で大きな苦しみを募らせます。

精神科医は、被害者が再び自分を見つけ出し、健康と自分の自治権を再構築するお手伝いをすることができます。

このような対立の解決には、関係機関が介入する必要がある場合もあります。しかし、証拠や事実の提出を求められた場合は複雑です。辱め、言葉による嫌がらせ、無礼は証明が難しいものです。被害者は、証拠となり得るすべての書類を保存・アーカイブ化しておくことが推奨されています。