感情の停滞:別れた後の痛み

· 2018年3月17日

恋人と別れた後、そこに感情の停滞が起こることがあります。このような交際関係を終わらせることは簡単ではありません。それが伴う心理的苦痛は、本当に私たちの脳に壊滅的な兆候を与えるものです。

実際、このプロセスは中毒者がそれをやめるプロセスとと非常によく似ています。 それは、神経化学的混乱の一種です。それを経験している間、私たちは簡単に時間を過ごすことができません。

そのようなものは誰もが経験をするでしょう。10代の若者は、彼らが最初に恋人と別れた時、距離を取らなければいけない痛み、そして拒絶されることに対する失望を経験したときにこの様に感じます。

大人も、恋人に浮気されたときや、愛が終わった時、私たちの人生が無意味に感じて、同じ感情を経験するでしょう。あるいは、交際関係において未来が見えなくなって関係を終えなければいけないと分かった時も同じ感情を持つでしょう。

「私が何かを手放すとき、自分の限界を知ることができます。私が持っているものを手放すと、自分が必要なものを受け取ります。」
ー老子ー

私がその人をまだ愛しているのに手放すのはつらいことです。私たちは彼らの存在に慣れてしまっているので、終わりを受け入れ、その人なしで私たちの生活を再建しなければなりません。

その行為は私たちのほとんどが準備ができていないものです。 しかし、私たちはそれを行う必要があります。 そしてそうすることは、私たちに内なる力を与えてくれるのです。

しかし、このような行為での問題は、邪悪な渦の中に私たちが陥ってしまったときに現れます。過度な連絡、注意、そしてたくさんの涙を必要とするような、不可能な愛の事です。

このような恋愛は一種の依存であることが分かります。そしてそれを経験している人にとって、感情を手放すことは完全な脆弱性と極度の苦しみの状態に置いてしまうのです。

二人の距離

感情の停滞、もしくはさよならを言うことの不可能さ

カルロスは30歳です。彼のガールフレンドが彼の元を去ってから7ヶ月です。 彼は16歳の時、高校でポーラと出会いました。彼らは大学に一緒に行き、一緒に小さなビジネスを始めて人生を歩いていきました。

過去数年間は、借金、失敗した事業、そしてポーラの停滞したプロジェクトに関する不況のために、大変でした。 このすべてが彼らの関係に影響を与えたのです。

カルロスは一緒に前進しようと主張していたにもかかわらず、彼女は彼を去ってしまったのです。 彼女は明確かつ誠意をこめて話をし、 ついに関係が終わりを迎えたのです。

しかし、カルロスは未だに彼女と連絡を取っています。 毎日、彼は彼女のソーシャルメディアを見て、彼女にどうやったら会えるかを考えています。

カルロスは、彼らの関係を取り戻すことに執着しているだけではありません。今でも彼は仕事をしたり何かをすることができないのです。彼の感情的な停滞はとても大きな影響を与え、彼の影になってしまったのです。 彼は愛情に依存し、不安と抑うつのサイクルに苛まれているのです。

さて、この種の人に多く見られる特性を見てみましょう。

ハートが引っかかる二人

5つの感情の停滞の特徴

一般的に、私たちが恋人との関係を終わらせると、私たちは皆感情の停滞を体験します。しかし、これは痛みの一部にすぎません。

それは、賢くて役に立つ対立戦略を使用し始めるために、私たちを動機付けてくれるものなのです。 私たちはこれから歩む道を平滑にし、成熟してこの別れを乗り越えるために今持っている資源を活用する必要があります。

  • この停滞と絶え間ない苦しみの心理的状態は、自尊心が低い人に一般的です。また、パートナーに強く感情的に依存している人々にも共通しています。
  • 第二に、感情的停滞のもう一つの特徴的な側面は、関係が終わったことを人が確信しないということです。 彼らはその事実をはっきりと否定するのです。
  • 不安で強迫的な行動が三つ目の徴候です。 彼らは別れたパートナーとの「ゼロ接触」を維持することができません。彼らはいつも電話をしたり、電話をかけたりする言い訳を見つけるでしょう。
  • また、依存している人々は感情的な痛みを処理することができません。 彼らはそれを処理するツールを持っていません。彼らは麻痺し、より多くのチャンスを探しては、苦しみに反応するのです。
  • 最後に、この人の健康に明らかに影響を与える複雑で強烈な疲労症状を忘れることはできません。不眠症、欲求の喪失、集中する問題、人生への関心の欠如、うつ病などがあります。

この感情の停滞にどう向き合うか

例で出てきたカルロスは、感情的な停滞のすべての心理的および行動兆候を表示しています。 彼のケースにおいて、彼が特に必要とするのは専門家の助けと正しい種類の心理療法です。

誰もその種の無防備な状態にとどまる価値はありません。誰もが自分自身を愛するのをやめて、存在感のない無意味さと感情的な苦しみのような破壊的な状態にこだわらるのをやめなければいけません。

さらに、カルロスがどこにいようと、私たちが破局に対処しようとしている途中であろうと、以下の戦略を反映することは良いでしょう。それらは常に心に留めておくべき基本的なものです。

  • 一定の強度と長さの範囲内での感情的停滞は完全に正常なものです。 しかし、私たちはそれがいつかなくなると仮定しなければいけません。それは、よりバランスの取れた、そして安定した状態のために通り抜けなければならない状態なのです。
  • 私たちの否定的な感情を受け入れる必要があります。これは悲しみ、痛みのすべてに当てはまります。これらは遅かれ早かれなくなり、私たちをバランスの取れた、勝利の状態に導いてくれるでしょう。
  • これらの場合、パートナーとの「ゼロ」の接触が基本です。 私たちは、ソーシャルメディアや連絡帳に元パートナーの情報を残しておくことは絶対にできません。 彼らの生活から私たちを切り離すための第一歩です。これは私たちが間違った種類の相互関係に陥らないように助けてくれます。
  • 私たちの生活の中で変化を起こすことは有益です。 新しい友達を作ることや新しい趣味を探すことは、大きな助けになるでしょう。 こうして私たちは「私たちの心を解放する」ことができ、私たちの強迫観念のサイクルを打ち砕くことができます。

このプロセスを進めていくうちに、 あなたの自尊心、尊厳、価値観、目標を忘れないでください。 私たちは恋人と別れることを決して世界の終わりとして見てはいけません。

代わりに、私たちは人生のある章の終わりと捉えるべきです。そして私たちのために良いものを意味する何かへの必要な始まりだととらえなければなりません。新しい、より強く、さらに美しいバージョンの自分に進化するために。

「愛は所有権を主張するのではなく、自由を与える」
-ラビンドラナート・タゴール-