感情的疲労の扱い方

· 2018年10月6日

感情的に疲労困憊したことはありますか?人生のどこかで、ストレスの多い時期、コンスタントな問題、個人的あるいは仕事関係の要求に押しつぶされそうになることがあるかと思います。このような時期が続くと、感情的に疲労困憊することがあるかもしれません。感情的疲労とは、心理的レベルで日々の生活ができなくなる状態のことです。疲労感はかなりのもので、無力に感じます。

感情的な疲労は、すでに未解決の問題や状況があり、さらに大きな人生の変化がやってきたときに起こります。この疲労感は、処理メカニズムに負荷をかけすぎたり、挑戦の間に十分に休まなかった結果です。別の言葉で言えば、様々な問題や挑戦を一度に行おうとすると、エネルギーを取り戻す時間がなく感情的に疲労します。

 

感情的疲労によって、圧倒され、限度を超え、精神的に疲労します。これらすべての感情が、理論的にわたしたちの進みを遅らせます。最も小さな課題ですらかなりの困難を伴い、きつい傾斜を登っているように感じられます。

もし経験したことがない人は、感情的な疲労をよりよく理解するために、 想像してみましょう。長い仕事の一日のあとに感じる疲労感を思い出してください。一日が終わってすぐ、また次の日が始まります。そしてまた次の日。そしてまた次の日。日々疲労は増していきます。能力も下がって、気分も悪化するでしょう。

感情的な疲労感は、人の健康に甚大な被害を及ぼします。本記事では、感情疲労に陥っていているかどうかを知る手掛かりと、それを克服する早くて明確な方法をご紹介します。これらの方法が機能するには、確実にかつ定期的に行う必要があります。魔法の解決策は存在しません。

悩む女性
感情的な疲労の見分け方

自分が感情的に機能しているかしていないかを見極めるには、過去3,4か月の問題を振り返ってみなくてはいけません。広い時間の枠組みは基本です。感情的な疲労は要求とストレスの蓄積であり、問題を解決し、「嵐が過ぎ去った」あとに現れることもあります。この時点では、自分にとって要求が高すぎるような状況にいたか、様々なアイディアや思考のなかで常に気を張っていたかなど分析しなくてはいけません。

それでは、自分を分析して、次の症状を経験したことがあるか見てみましょう。

 

  • 一日のほとんどを緊張したりソワソワして過ごしている。
  • 腹部、背中、頸部の痛み、頭痛など不可解な体の問題が週に2度以上ある。
  • 普段忘れたりないがしろにしないような重要な課題における集中力問題、記憶力の低下
  • モチベーションの欠落。重い雰囲気。
  • 引っ張られたように感じ、これ以上進む力がない。
  • 睡眠問題(寝られない、寝すぎる、睡眠障害)。
  • アルコールやドラッグの乱用(特にアルコールと大麻)。
  • 過敏症やいらだち。
  • 今とつながることができない。

 

感情的疲労の影響

長い間このような状態でいると、すべての症状がうつ、パニック障害(パニックや不安一般)、胃潰瘍や胃腸不調などの健康問題といったもっと深刻な問題に発展します

さらに、感情的な疲労は自尊心とも関係しています。その人は限界に感じ、自分の成し遂げたことや能力を思い出すことをやめてしまいます。感情的疲労の傘の下では、無力感の感覚が広がります。

これらの感情的疲労の影響すべてを心にとめておくと、どうやって戦っていけばよいかがわかります。これを目標にして、感情的疲労に直面するための様々な方法を見ていきましょう。

光
感情的疲労に対処するためのアドバイス

自分の限界と責任を知る

ここで共有したい感情的な疲労と戦うための最初の方法は、人生へのアプローチの方法を変えることに関係しています。自分がしてきた選択が、ここまで状況を悪くしてしまっています。やりたくないからではなく(これが理由のこともありますが)、できないと思うから「ノー」というべきところで、「イエス」を言い続けてきたのでしょう。逆のことをしてきたこともあるかもしれません。やってみたい機会に怖くなって「ノー」といったことがありませんか。自分のアサーティブネスを取り戻して、自尊心を改善しましょう。

リミットを設定して、機会を手に入れましょう。自分に失敗することを許しましょう。自分に許可を与えることで、学ぶチャンスを存分に生かすことができます。こうすることで、自分が直面するそれぞれの挑戦は、うまくいかなくても投資になります。結果のことを考えるのを止めて、頭のなかのネガティブな思考を養うことをやめましょう。

リラックスする瞬間を見つける

感情的な疲労のリュックサックを空にするには、止まってスイッチを切らなくてはいけません。ぼーっとして個人的なニーズとつながれる瞬間を見つけることを意味します。友達や家族と楽しいお出かけに出かけてみてもいいかもしれません。

しかし、自分の問題に関して15分以上話すのはやめましょう。その他の人にも話す機会を与えて、今起こっている良いことについて話す時間も作りましょう。

自分の優先順位のリストを作る

自分の優先順位を設定しましょう。疲労が蓄積され続けるため、同時進行でいろいろ行うことをやめることが重要です。この感情的な重量オーバーと戦うためには、脳の中でいろいろな要求がいっぺんに起こらないようにしなくてはいけません。

一度にひとつのものに集中する許可を自分に与えましょう。今日時間が足りなかったら明日の朝に回しましょう。さらに、この方法が機能するためには、終わらせなくてはいけない課題を現実的に優先付けしなくてはいけません。どの課題をやりたいかに基づいて順番を付けてはいけません。

コーヒー
自分の感情を表わすセラピー法

自分の感情を表現する方法を知ることは、感じていることを話す以上の意味があります。これらの会話を努力して行えば、他の人が理解して共感してくれます。感情の日記をツールとして使って、自分の考えをまとめるのもいいかもしれません。

この感情の日記は、自分自身を頭の中で起こっていることから離し、吐き出し、感情的な疲労と戦う方法です。さらに、悲しみや怒りなどの自分の感情を押さえつけると、内部で化膿するということを覚えておいてください。例えば、悲しい時、自分の周りの人が理解してくれないと思い込むとより悲しくなります。

最後に、感情的な疲労と戦いうまくいかなかったときは、助けを求めなくてはいけないということを覚えておきましょう。専門家は、状況を判断し、様々なシナリオを導き出してくれます。感情的な疲労は肉体的・精神的な健康リスクであり、しっかり治療されるべきです。