大麻が脳に及ぼす影響

· 2018年7月28日

大麻を吸って数分後、心拍数が上がり、血管が拡張して、目が赤くなり、血圧が上がります… 大麻の影響が体の中に変化を起こしているのは明確です。

しかし、マリファナを吸うことは肉体的なレベルの変化だけではありません。精神的にも影響を及ぼします。脳への影響もよく知られています。しかし、大麻やその効果について知らない人もいるようです。この物質が何であるか、しっかりと理解することが重要です。

大麻とは何か?

大麻またはカンナビスは、緑またはグレーっぽい大麻の花と乾燥葉の混合物です。この物質には200以上のニックネームがあります。メリー、ジェーン、ハーブ、ポットなどはその一部です。

「マリファナ」は、メキシコ人がインドの大麻草に付けた名前です。これはクワ科の植物で、細いイラクサのような姿をしています。1.8メートルほどで、暖かい気候で育ちます。 大麻は長い歴史と伝統のある植物で、多くの人はその効能のために使用します。レクリエーション目的の使用(ドラッグ)、医療目的、産業目的などです

大麻はもともと中央・南アジア発祥です。アッシリア人が宗教的な儀式に使用しており、「qunubu」と呼んでいました。大麻には、世界中で宗教目的で使用されてきた長い歴史があります。.

マリファナ

テトラヒドロカンナビノール – 大麻に含まれる主な精神興奮成分

大麻の主な化学成分はTHC(テトラヒドロカンナビノール)です。 THC は大麻の主な精神興奮成分であり、大麻に含まれる80種類以上の異なるカンナビノイドの中の一つです。THCは大麻に含まれるカンナビノイドの中で最も量が多いものでもあります。

吸ったり、摂取したりして大麻を使う時、カンナビノイドは脳や体内の様々な受容体に反応します。これらの受容体がエンドカンナビノイドシステムの一部を形成します。これを通じて、 大麻は人にさまざまな影響を及ぼします。

THC は大麻の主な精神興奮成分であり、大麻に含まれる80種類以上の異なるカンナビノイドの中の一つです。THCは大麻に含まれるカンナビノイドの中で最も量が多いものでもあります。

神経細胞の膜組織はTHCを保つタンパク質共役受容体を持っています。THC がこれらの受容体に反応すると、体内に様々な影響を生み出します。多幸感、リラックス、喜びなどです。企業が産業用として生産するアサもあります。これらに含まれるTHCは 1% 以下のため、レクリエーション目的には適しません。

大麻の主な影響

人類は、精神や体へのその効果から何千年もの間カンナビスを使用してきました。大麻の脳への影響には、知覚の変化、多幸感、気分が良くなるなどがあります。

さらに、カンナビスは食欲を増幅させ、使用者を「ハイ」にさせます。副作用は、短期の記憶障害、口の渇き、血走った目、運動機能の低下、不安症などです。

長期的に見れば、大麻は精神的な能力を衰えさせ、中毒障害を起こします。大麻の効果は2~8時間続きます。もし大麻を吸ったら、数分で効果が感じられるはずです。摂取してから30分から1時間で効果が見られます。

マリファナの脳への影響は認識に影響を及ぼす。

苦しむ女性

無気力症候群

大麻は害のないドラッグだという人がいます。しかし、起こりえるネガティブな影響を無視はできません。その影響のひとつが無気力症候群です。「無気力」という部分がすべてを物語っていると思いますが、大麻中毒者は「社会的な追放者」となっていきます。

心理学士のヴァレーリョ・ナエラによれば、無気力症候群の人は4つの段階を経験します。

  • 多幸感。リラックスして幸せになる。空想を刺激する。
  • 衝動的な幻覚。空想が幻覚に変わるのと同時に、空間と時間の感覚が失われる。 とても感情的になる。ムードの激しい揺れ。アルコールと共に大麻を使用すると、この段階はさらに深くなる。
  • 至福。喜び、平静、平和を感じる。「欲望も恐怖もない」状態。使用者は少しずつ眠気を感じるようになる。
  • 眠気とけだるさ。上記の第三段階の直後に起きる。数時間の間、機能不能状態となる。

世界保健機関(WHO)が説明する大麻の影響

効果は吸引してから数分で現れます。大麻の最大効果は吸引してから30分後に現れます。大麻を吸うと、効果は4時間ほど続きます。経口摂取した場合の効果は、8時間ほどです。使用者がよく話すのは、時間の感覚が変わるということです。大麻を使用すると、すべてが普通より長く感じます。

大麻の効果で私たちが軽視しがちな症状の一つが、無気力症候群です。

聴覚が高まり、音楽をより楽しむことが出来るというのも使用者が良く語る効果です。触れる感覚、味覚、嗅覚が鋭くなるという人もいます。一般的に、大麻の脳への効果は、使用者がどう摂取したか、どのくらいTHC が含まれていたかに寄ります。テトラヒドロカンナビノールは水に溶けません。そのため、直接口にするか吸引します。

大麻の深刻な影響

深刻な酩酊状態では、パラノイア、妄想、幻覚、離人症、精神錯乱、混乱、同様、不安症などをおこします。息切れや暴力的に興奮するのと同時に、おかしな考えをおこしたり、当惑したりすることもあります。効果は数時間で消えていきます。

深刻な酩酊状態のケースでは、パラノイア、妄想、幻覚、離人症、精神錯乱、混乱、同様、不安症などをおこします。

幻覚

使用者の人格も大麻の脳への影響に関わってきます。不安症、恐怖、パニックなどに苦しむひとは、深刻な人格破壊的反応を起こします。動揺し、鬱状態になり引きこもります。

ドラッグの使用に関しては、大麻のように昔から使用してきているものを含め軽視するべきではありません。ドラッグの使用は若者の間の精神的問題の増加に影響しています。大麻の使用が精神面の異常に関連した事件を起こす可能性があることを考えると、さらに不安です。また、不安症やパニックアタックの増加も薬物の習慣的な使用と関連しているのです。

 

出典

Cáñamo, 『revista oficial de la cultura del cannabis』, varios números, editada en Barcelona, España.

Valbuena, A., Las toxicomanías, problemas médicos y psiquiátricos, 1986.