感情を開放するために知っておくべき5つのこと

2018年6月18日 in 感情 0 シェア済み
カラフルな感情

感情は私たちが他の人と繋がることを可能にしますが、私たちはそれらを隠す傾向があります。悲しみ、怒り、恐怖、そして喜びなど、4つの基本感情があります。(それ以上の感情があるという主張もあります)このグループのうち、私たちがポジティブだと考えるのは1つだけです。しかし、これは社会がもたらす価値であって、本質的には違います。したがって、感情を解放したい場合は、ネガティブとポジティブの区別をすることが障害になりえます。

私たちが傷ついた時の経験から、強さのイメージを反映することで悲しみを隠すようになります。私たちは他人からの非難を恐れて怒りを表現しません。私たちは恐怖を隠し、喜びを自制します。なぜなら、自然に感情を表現することで、周りからの注意を集めたくないからです。

疑問、恐れ、不安は、本当に表現されるべきことが表現されるのを妨げる
シェアする

 

1.感情を解放する:感情が重要であることを知る

上記の状況は、あなたの感情とその重要性を、例えば知性と比較して「過小評価」した結果です。あなたは感情があなたを弱くすると思っているかもしれません。このように常に考えることは、あなたの感情を抑え続けることになり、問題を引き起こしかねません。

感情を重視しないことで、感じたくないすべてのものを「飲み込む」達人になります。しかし、これはあなたを長期的に非常に弱く感じさせるでしょう。蓄積された感情は、あなたが処理できる量を超えていることがわかるでしょう。あなたはそのコントロールに苦労し、息苦しくなっていくでしょう。

二つの女性の顔

これらの感情が仕事の会議であなたを圧倒させ、小さな問題で爆発するような状況を望みますか?あなたが何ヶ月も隠してきた嫉妬のために、友達に悪口を吐きたいですか?これらの状況を経験したことがある場合や、それらの状況を避けたいと思う場合、つまり感情を解放したい場合、あなたの感情の管理方法を変える時です。

2.感情を解放するときに意識すること

おそらく、一度は自分の感情を解放しようとたことがあるでしょう。そしてその結果、ひどい罪悪感に包まれて終わったのかもしれません。これは、何も意識せずに感情を表現したときに起こります。私たちは、自身の体が感じていることを上手に受け取り、相手を尊重しなければならないことを覚えておいてください。

意識の欠如は、あなたが感情をあまりにも押さえつけることで自発的に爆発することで明らかです。あなたがもしそうするならば、あなたは慈悲を持っておらず、あなたは他人を気にしないでしょう。

だからこそ、あなたの感情をあなたの言葉で表現し、あなたがコントロールしている時に感情を表現する方が良いのです。あなたの目を開き、あなたの前の人に共感してください。こうすることで、目の前の人、並びに自分自身を傷つけることがなくなるでしょう。あなたはもう状況を管理する方法を知っているのです。

3.感情を表現する必要があるときに表現する

感情が制御不能にならないようにするための鍵は、必要な時にあなた自身を表現することです。しかし、それはあなたがどんな状況でもそうすることを意味するわけではありません。就職面接や同様の状況で、強い感情を表現するのは適切ではありません。

しかし、これらの場合は、適切なタイミングですぐにそれらの感情を表現するようにしてください。あなたの感情をどこで解放するのが安全だと思いますか?どこで自身の奥底からくる感情を表現する自信がありますか?その場所に行って、蓋を開けてください。

怒りを感じたら、枕にパンチして、ボールを蹴りましょう。恐れているならば、自分自身を震わせてください。悲しいなら泣く。叫びたいなら悲鳴を上げる。あなたが抱きしめられる必要がある場合は、誰かに抱擁を求めてください。

後ろ姿の女性と赤い花

4.周期的な感情に注意する

感情は通常、長く持続しません。喜びについて考えてみましょう。それは瞬間的です。何時間も何時間も続くことはありません。しかし、感情が「通常」よりも長く続くと、話が「感情」から「感情的な状態」に変わります。

たとえば、あなたは悲しい気持ちになるかもしれませんが、その悲しみがあなたの考えを引っぱり続け、あなたの中を巡り巡って不安になった場合、あなたはその感情に捕まり、自然な経過に従うことを自ら妨げています。

私たちはいつ感情を解き放つべきかを識別する方法を学ばなければなりません。私たちは、不安、恐れ、信念にあまりにも長い時間を与えないように注意する必要があります。時には、針小棒大であることも必要です。

5.環境を頭に入れる

あなたが絶えず 「泣かない」、もしくは 「笑顔になりすぎる」、または 「怒らない」と言われている環境にいる場合は、自分自身を表現する権利があることを知ってください。あなた自身と他人に敬意を表しつつ、それをしてください。

重要なのは、他の人が動揺するからと言って、あなたが感じることを表現することをやめないことです。社会は私たちの感情を隠すように教えますが、それは健康によくありません。感情を表現する必要がある場合は、しましょう。そこに何の問題もありません!

感情を表現するときは、覚えておいてください。

自分自身に害を与えたり、他の人に危害を加えたりしないでください。
Martha Sialer

私たちは皆、人生において、自分の感情を表現しないよう常に言われています。結局、私たちは言いたいことを言わず、心の内側に留めておく習慣を身につけます。そして、私たちはこの有害な習慣で自分自身を傷つけます。

私たちが感情を表現することで他人の気分が悪くなる可能性があるからと言って、自身の感情が私たち自身に害を成させてはいけません。 私たちの感情を抑圧することで、感情は脳に襲い掛かり、私たちの思考を引っ張り続け、必要以上に長く持続します。 我々はこれをすべて避けることができます。 あなたの感情を解放しましょう。

あなたへおすすめ