感情を乗り越える為のベストな方法を学ぼう

2018年2月12日 in 感情 147 シェア済み
感情と脳

感情は人生経験を成長させる基礎的な部分の一つです。感情は自分自身を表現する方法であり、時に言葉より重要なものです。

もし適切な感情と共に言葉が発せられなければ、人はその言葉を信用しません。私達が感情と一緒に何かを表現する時、それは表情や比喩、そして声のトーンに現れます。

感情は私達の理解や表現を、言葉だけよりもわかりやすいものに変えてくれます。しかしそれは、言葉と一緒に発せられた時だけです。ですので、感情について学ぶことはとても大切なのです。

私達の持つ感情を左右する体の機能に指令を出す生物学的な設計は、5万世代に渡って続いています。実際にそれは人類の生存に貢献してきました。

私達人間は、自動的な反応や行動における感受性が一人一人プログラムされています。そして、私達が人生を通して経験するものには、私たちの感情的刺激への反応が映し出されます。それこそが、感情バランスを良く保つ為に私達が力を入れなければいけないことなのです。

感情がどれほど大事なものか考えてみると、すぐに私達の生活に大きな影響を持っていることが分るでしょう。しかし、それに気づいてないケースも良くあるのです。

私達の心の状態がどれほど態度に影響しているか認識することはとても重要です。また、それは私達のスキルや弱点を理解するためにも大切なことです。あなたはどれほど自分のことを理解して出来ているでしょうか?

「人生の全てが永遠に美しく、全ての瞬間が言葉にできない感情を持っている。」

-ラファエル・ラッソ・デ・ラ・ヴェガ-

感情はその人をコントロールする?

もし私達が感情的に知的な生物だとしても、それが私達に影響を及ぼすことはあります。しかし、感情にコントロールを奪われるべきではありません。感情の自己制御が気持ちや感情を処理し、私達の為に決断を下すことを防ぎます。

恋人や友達、家族、同僚などに怒りを覚えるのは、何も不思議なことではありません。しかし、もし私達が感情の奴隷なら、もっとコンスタントに無責任で衝動的な行動をとってしまうでしょう。

そうなってしまうと、それは後に後悔へと変わります。もしその感情がどこからくるものか、またはなぜそのような感情を経験するのか分からなければ、感情はとても難解なものとなります。

様々な感情

感情ほど私達を人間らしくしているものはありません。とても人間的で依存的です。とても大きな感情が私達の中に入ってきた時、それは心全体を支配してしまいます。

その感情が望まれたものでない場合、それを素早く取り除いてくれる良い方法があります。対応出来ないほどの強い感情がらただの新たな感情へと理解を変換するのです。

感情を制御することは、合理性を持つということに直接繋がるわけではありません。また、感情自体をコントロールしたり、抑制することは出来ません。

ここでの感情の制御とは、私達の感情を理由と合わせたり繋げたりすることです。そうして、異なる精神状態のバランスを保つのです。

感情的な知性が高い人は、感情を処理することが、それを抑圧するこではないとしっかり理解をしています。また、他人と一緒にいる時、どのように相手が自分の表現を解釈するかも理解しているのです。バランスこそが、良い対話を持つ鍵なのです。

感情は私達をコントロールしません。人間が水や食べ物など生理的なものを必要とするように、感情にもニーズが存在しているのです。

このような私達の心理を観察することは、起こり得る感情的争いを診断する助けに繋がります。

ですので、感情的な知性が高い人は、彼らの気持ちを反映する傾向が強いのです。また、その反映から辿り着いた一貫した結論を持つ傾向もあります。

「私達は人生の中に花を咲かす為に種を蒔きます。ですので、怒りや欲望、嫉妬、疑いの雑草を取り除きましょう。そうすることで平和と豊かさが現れるのです。」

-ドロシー・デイ-

アートを使って感情を乗り越える

全ての非言語的表現は、私達の気づいていないコミュニケーション、表現、探究を促します。例えばアートセラピーを通して感情を乗り越えることで、その感情を引き起こす要因に集中し、人間関係の質を高めてくれます。

この要因に目を向けるプロセスは全ての人間に必要なものです。自分達の暗い側面を気づかせたり、人間的な成長を助けてくれるのです。

全ての行動や周囲の情報に対して合理的になることは不可能です。例えば、車を運転している時、ほとんどの人が前を見て車をコントロールすることに集中します。

しかし同時に、私達はモーターやギアチェンジの音を聞いたり、過去や未来などについての考え事をしたりと、無意識に行動しているのです。

意識を単純化する為に、情報と経験を整理する3つの基本的な構造メカニズムがあります。

それは、フィルタリング、一般化、そして歪みです。このようなメカニズムは情報に優先順位を付けたり、排除したり、決断などを施して、量を削減します。これらは学習の基礎でもあります。

情報を整理するというメカニズムは、どこから感情がやってくるか理解する基礎となります。もし、何らかの情報からネガティブな感情しかフィルタリングしなければ、これらのメカニズムは私達を不安な気持ちにさせるでしょう。

逆に、一般化しすぎずフィルターするものを選ぶことで、より健全な感情を得られるでしょう。それによってネガティブにもポジティブにもなるのです。

絵具

私達はアートを通して、言葉を使わないコミュニケーションに力を注ぎます。アートは表現を手伝ってくれたり、感情のコミュニーケーションの助けをしてくれるのです。それは、より簡単に反映してくれたいり、態度や行動を変えてくれる可能性も持っているのです。

アートセラピーは心理的状態を改善させるために、アートを治療目的で使用します。特に、不安に関連したものに使われます。このようにアートは素晴らしいツールになりえるのです。

しかし、もう一つ治癒的で、衝撃的な事実があります。それは、アートセラピーは個人の成長のテクニックとしても使用でき、自己知識や感情表現の助けとなるということです。

もう心理的障害に悩まされることはありません。あなたに必要なのは、アートを通して自分自身を探索し、感情を乗り越えることです。

アートセラピーは次のことを行うことで、さらに強化することが出来ます。

  • 話しづらい感情を表現する。そうすることでコミュニケーションの出口ができる。
  • 自分自身をもっと口頭で表現してみる。
  • 自尊心や自信を高める。

「教育とはあなたの気性や自信を失うことなく全てを聞く能力だ。」

-ロバート・フロスト-

感情的知性を高めるには?

感情的知性は、ルーティーンを通して鍛錬されるものです。感情的知性は、感情をうまく処理し、働かせる能力であり、その表現方法を変えると、その鍛錬という挑戦を良いものに変えてくれます。

私達の社会に住み着いているIQとは違い、感受的知性は日々成長するものです。心理学による感情的知性の育て方を学んでみましょう。

感情を乗り越えるのは簡単なことではありません。しかし、それは難しいだけで不可能ではありません。感情的知性を向上させるには、全ての感情を経験することに備えなければいけません。

また、抑制をしてはいけません。もし、感情を無視したり、抑圧すると、私達の考え方に大きな影響を持つかもしれない大切な情報を見逃してしまうことになります。

感情的知性を成長させるテクニック

  • 感情の反応を一日観察してみてください。毎日経験する感情を無視するのは簡単です。しかし、どのように物事があなたの気持ちに影響を及ぼしているかに時間を費やすことはとても重要です。
  • 体に注意を払う。あなたの肉体的表現を無視するのではなく、耳を傾けてみてください。感情と肉体は密接しています。あなたの体から出るシグナルをしっかり読み取り感情的知性を高めるのです。
  • 自分自身の感情を判断しない。それがネガティブなものであっても、全ての感情は事実です。もし感情を勝手に判断してしまうと、何かを完全に感じるという能力を失ってしまいます。そのことから、ポジティブに感情を利用するのが難しくなります。全ての感情は役立つ情報のかけら達なのです。それなしでは、正しく行動がとれなくなるのです。

男性のシルエットに映る森

  • オープンになる。心を閉ざしていると、感情的知性は落ちてしまいます。理解や反映を通して心をオープンにすると、争いや闘いに落ち着いて自信を持って対処できるようになります。
  • あなたの持つ他人への影響を観察する。誰かの感情を理解することは、その争いを半分にすることです。自分のもっている他人への影響を理解することは良い効果を含んでいるのです。
  • 感情的知性を高めてストレスを軽減する。ストレスは様々な感情など、私達の感じる不安を表す幅広い言葉です。ストレスが引き金をひくと、なんでもない問題も大きな問題へと変わってしまいます。もし大きなストレスを抱えていると、自分の思った通りに行動が出来なくなるのです。
  • 共感する他人の話などを真剣に聞いたり、注意を払うことは彼らへの理解を深めてくれます。決断する為や関係を良くするためにその情報を使う時は、感情的知性が健康的だということなのです。

感情的知性は気持ちをコントロールするということだけを意味するものではありません。それは、自分自身をコントロールする能力も備えているのです。

「私の友達は生涯にわたる英雄だ、それは、残酷な現実を変えてくれる甘い感情だ。」

-ミゲル・アブエロ-

参考文献

Antunes, C. (2004). Juegos para estimular las inteligencias múltiples (Vol. 5). Narcea Ediciones.

Arteterapia, A. P., & para la Inclusión Social, E. A. (2016). Ser, narrar, imaginar. Experiencias Arteterapéuticas en intervención con menores y aportaciones desde la mirada interdisciplinar. Arteterapia11, 221-222.

Bassols, M. (2006). La arteterapia, un acompañamiento en la creación y la transformación. Arteterapia. Papeles de arteterapia y educación artística para la inclusión social1, 19-25.

Duncan, N. (2007). Trabajar con las Emociones en Arteterapia/Art Therapy and emotions. Arteterapia2, 39-49.

Fernández, E. R. (2007). Aplicaciones del Arteterapia en aula como medio de prevención para el desarrollo de la autoestima y el fomento de las relaciones sociales positivas:” Me siento vivo y convivo”/” Art Therapy applications in the classroom as a preventive measure using artistic manifestations for the self esteem development and the fostering of positive social relationships:” I FEEL ALIVE AND CO LIVE”. Arteterapia2, 275-291.

Gardner, H. (1998). Frames of Mind: The Theory of Multiple Intelligences. Fontana Press

Goleman, D. (1995). Emotional Intelligence: Why it Can Matter More Than I.Q. Bantam Books.

Greenberg, L. (2000). Emociones: una guía interna. Ed. Descleé de Brouwer.

Problem-Solving Therapy: The Scientific Method of Making Decisions

あなたへおすすめ