感情を受け入れることは幸せへの最初のステップ

· 2018年5月23日

感情は、私たちみんなが経験する心理状態です。感情の使命は、あなたに明確なメッセージを伝えることです。あなたの注意を引く何かが起こっているというサインです。それはあなたの内側、または外側で起きているかもしれませんが、何らかの形であなたに関係しています。

良くも悪くも感情は私たちを動かし、行動を起こすように私たちの背中を押します。実際、「感情」という言葉は、「動き」や「衝動」、「あなたを前に動かす」という意味を持つするラテン語の「Emotio」という言葉が由来です。

感情は、脳が特定の神経伝達物質またはホルモンを放出するときに起こります。これらは「気持ち」を「理性感情」に変換します。「気持ち」とは違って「理性感情」は長く続き、より簡単に言葉で表現することができます。

健康的でポジティブな気持ち(喜び、幸福、落ち着き)、不健康でポジティブな気持ち(陶酔感、躁病感、軽躁…)、健康的で否定的な気持ち(フラストレーション、悲しみ、怒り、後悔…)、そして不健康で否定的な気持ち(うつ、不安、罪悪感…)、といったように分類することができます。

通常、特にポジティブな感情の場合、それを受け入れるのは簡単です。しかし、私たちにとって、否定的な感情を容認することは非常に困難です。

現代社会は、「いつもうまくやっていなければならない」という考えを私たちの頭に植え付けているようです。しかし、それは非現実的で実現不可能です。

感情は、私たちの期待度や、その出来事等の受け取り方などによって異なります。幸福感を永続的に存在させることは、現実的にはあり得ません。

もみじと女の子

なぜ感情を受け入れることは難しいのか

私たちは、健康と消費の文化に生きています。私たちは、私たちに圧力をかける非現実的なメッセージに常に翻弄されているのです。

これらのメッセージは、あれこれの商品が私たちのすべての問題の解決策になると伝える傾向にあります。また、何が起こったとしても、私たちはいつも笑顔でなければならないという考えを押し付けています。さらに、私たちの人生に対するコントロールを過大評価しています。まるで、悲しみは全て私たち自身の責任だと言っているかのようです。

この非合理的なポジティブ感は、私たちをさらに悪化させています。絶えず良い気分でいることを要求することは、逆にポジティブになることから私たちを遠ざけるばかりです。そうして、社会的に認められた感情だけを周りが見るよう、本当の気持ちを隠してしまうのです。

私たちは、「このように感じるべきではない」または「私に影響を与えすぎる」と自分自身に言い聞かせます。そしてさらに「不安になるのは私が弱いからですか?」と尋ねてしまいます。

このような態度は、落ち込んでいることに対して気分を悪くしてしまうだけです。私たちの現実的な解決策になるステップではありません。アルバート・エリスが言ったように、この二重の「恐怖症」は、負の感情をより長く持続させてしまいます。この状態では、健康的で否定的な感情(前述参照)でさえも不健康になり得るのです。

この社会だけが適切な感情管理に悪影響を与えているわけではありません。私たちがどのように育てられたかもまた多く関係しているのです。学校や家庭において、感情的知性が非常に欠如しています。たとえば、「男は泣いてはいけない」という言葉を聞いたことがありませんか?

ハグする女の子

感情を受け入れる方法

どのような感情であれ、その感情を効果的に受け入れる方法を学ぶことが重要です。もしそうすれば、逆説的のようですが、否定的な感情が自然に消えていくことを感じられるはずです。

私たちが避けるべきなのは、感情にもっと否定的な考えを与えることです。犠牲者であるかのような行動は、火に油を注いでしまいます。つまりは、不安や悲しみ、怒りなどを経験したときに自分自身を判断することは非生産的なのです。

すぐに実践できる方法は次のとおりです。

「〜すべき」を忘れる

あなたの心の声が 「私は…すべき」と発しているとき、その言葉を「私は…をしたい」と置き換えます。私たちが常に感情すべてを制御しようとしてもそれは敵いません。現時点では、「悪い気分」を受け入れる場合にのみ、私たちはその考え方を変えることができます。

あなたは人間で、自分自身をそのように受け入れる必要がある

あなたは神でも、スーパーマンでも、完璧でもありません。あなたは人間で、そしてだからこそあなたは、ポジティブ・ネガティブ両方の感情を持つのです。あなた自身の性質と戦うことなどできないという事実を受け入れましょう。

花を抱きしめる女性

体で感情を感じる

あなたの中に感情を住まわせましょう。それは不快なこともありますが、あなたを殺すことはありません。それはただの、あなたの血に流れているいくつかの化学物質です。それ以上に感情をとらえないでください。それを愛し、それを受け入れる。あなたという人の一部なのです。

あなたの感情を標準化する

私たちが暑い時や寒い時、痛みを抱えている時に人にそれを話すように、私たちは感情について話すことができます。それががポジティブなことでないときでさえもです。私たちの感情を受け入れるということは、他人を含め、感情を正常レベルに戻することを意味しています

それはもう一つの非常に一般的な感情、「恥」を感じることを意味するかもしれません。しかし、「恥」は何か悪いことを隠そうとした結果であるということを忘れないでください。悪い気分になるのは悪いことですか?

あなたを弱い人にするのではなく、あなたの感情は実際にあなたをより人間にしてくれます。それを忘れないでください。それを隠さないでください。感情と共に生き、経験し、学び、そして感情からインスピレーションを受け取りましょう。