関係フレーム理論と人の行動

22 12月, 2019
関係フレーム理論(RFT)によると、言葉には、悩みを作ったり、促す領域があるといいます。そのひとつが、思考や感情が語ることを鵜呑みにさせ、それに従い、行動させます。

関係フレーム理論(RFT)は、言葉と認知に関わるもので、アクセプタンス&コミットメントセラピーの実験の基礎になっています。関係フレーム理論の観点からみると、行動と言葉は本質的に関連しています

この理論は、言語に関する認知研究から派生した考え方に機能的解釈をもたらします。また、一元論的に現象を研究するための基礎になります。「心理プロセス」と呼ばれるものを操作的、経験的に研究し始めたのもこの理論です。

 

関係フレーム理論:概要と領域

関係フレーム理論を理解するためには、人間は直接的な経験のみから学ぶのではないということを知っておく必要があります。刺激を身体的知覚と離して関連付けることにより、非直接的に学習します。このような刺激に加えられた言語的価値が、関係や機能を統治する力を条件づけます。

関係フレーム理論

 

関係フレームの領域

認知と言語を繋げ、変化させる、3つの領域があります。

  • 相互の繋がり:ふたつの刺激間で、片方がもう一方に反応することです。例えば、AがBと直接関連する場合、BとAの間には、派生的関係があります。
  • 結合された繋がり:関係フレーム理論の特徴のひとつに、出来事を相互につなげる力があります。例えば、Aの性格がBと似ており、AがCと関連する場合、BとCも関連づけられます。
  • 機能変容:ある刺激に機能があれば、別の刺激は、それと脈絡的関係を築き、両方の機能がその関係によって変化します。例えば、あなたがいつも使っている物より安くて良い物があると言われた場合、あなたは後者を買う可能性が高まるでしょう。この機能は、築かれた関係により変えられたのです。

 

関係フレーム理論における帰属手がかりのタイプ

相互の繋がり、結合された繋がり、機能変容は、広い意味での関係フレーム理論の要素です。関係フレーム理論において、これらは関係フレームと呼ばれます。専門家は、刺激が互いにどのように関係するかというところから派生した繋がりの学習法を説明するのに、この概念を使います。

関係フレームは、行動を統治する一般的な口語規則と結び付けられます。これにより、人は帰属に関し、関係の中で結果がどのように得られるかを構成、予測、管理することができます。このようにして私達は経験がなくても、未来の状況を予期することができるのです。

関係フレーム理論における帰属のカギ

各学習帰属は、複数の刺激を象徴し、また、その刺激には、関係フレーム理論の発達を統治するカギとなる価値観を得るための力があります。RFTには、帰属的カギの2つのタイプがあります。

  • 特定の関係のタイプを統治する(Crel)。もっともよく見られるタイプは、整合、対立、区別、比較、空間、時間、因果、階層、直感です。
  • 各刺激や出来事は、複数の心理的機能をもちます。第2の帰属手がかり(Cfunc)が、どの刺激機能が変えられるかを決定します(Torneke, 2010)

 

人の悩みの解釈

この理論的フレームワークでは、ある言語領域が、精神的苦悩を生じさせやすいと考えらえれています。そのひとつが、思考や感情が語ることをそのまま信じ、その通りに行動する力です。

例えば、自分は「無駄だ」「価値がない」と思うと、それにより、行動が制限されるであろうことを意味します。自分はできないと考えるために、手の届く範囲にあるゴールを捨ててしまう人が見られます。

関係フレーム理論における口語規則のタイプ

関係フレーム理論はこれに関し、深く掘り下げています。次に、主な口語規則を解説します(Luciano and Wilson, 2002)。

順応規則

この規則では、従うことにより、結果が生じます。つまり、規則をもたらす人が結果を決めることになります。広い意味では、文化的帰属が適正とするものにより、行動が決定されます。母親が「食べないと、おしおきよ」と言うのはこの一例です。

追跡規則

これは、口語により調整される行動で、与えられた帰属において強化される特定の刺激を獲得するよう導きます。これらは、行動が生み出す結果に直接つながります。例えば、「食べると、空腹を感じず、気分がよくなる」があります。この場合、結果は食べ物の特性に左右されます。規則を示す人に左右されるのです。

拡張規則

これは、口語刺激、物、出来事が価値を強化する、または、価値を下げるかを決める機能変容です。順応規則や追跡規則とのコンビネーションで実行されるということを知っておくことが重要です。

拡張規則は、結果として機能する、強化される刺激の領域を変える口語規則です。言い換えると、刺激が行動に影響する可能性を高めたり、低くしたりします

例えば、アイスクリーム屋の前を通った時、友達が「アイス食べたい」と言ったとします。これを聞き、いくらかアイスクリームの味を感じます。その結果、アイスクリームを買う可能性が上がるのです。

口語規則により決まる行動パターン

口語規則があるために私達は、社会的帰属によって行動を統治します。これは、有害な影響を及ぼすこともあります。

  • 厳格な順応規則は、社会的帰属における行動の結果に、鈍感であることを意味します。例えば、「良い母親であるためには、たくさん我慢しなければならない」です。厳格な言葉により、母親は自分の基本的権利を守ることができなくなります。
  • 追跡規則は、短期の利益を得ることを目的とする行動の決定に関わります。正しい行動の型作り、更なる個人の発達を制限することになります。例えば、自分を落ち着けるために、薬物を摂取しなければならないと考える人です。これにより起こりうる長期の結果を考えていません。
  • 拡張規則は、厳格または逆効果になる規則の監視と共に使われます。個人的な状態における非感情的機能を特定します。例えば、「心配により、生きることが難しい」があります。また、「幸せであれば、健康である」というような、常にある、達成することが不可能な感情の状態がこれに当てはまります。
関係フレーム理論

 

関係フレーム理論の利点と功績

関係フレーム理論は、分析システムの発展に貢献し、また、多くの利点があります。

  • 言語と認知の現象を解釈するための少数の基本的原則や概念の基づいたアプローチです。
  • 関係フレーム理論は、その構成のプロセスと共に、人の言語に関する研究を進め、その定義は慎重に検討されています
  • 幅広い視点をもたらし、もっともらしい解釈を与え、人の複雑な行動の幅広い領域への新たな実験的アプローチを提供します。

この原則は、特に研究室条件で見ることができます。専門家は複数の実験的テストを実施し、すべてが認められています。臨床応用では効果的であることが示され、またまだ発達段階にある応用も多くあります。

  • Barnes-Holmes, D., Hayes, S. C. y Dymond, S. (2001). Self and self-directed rules. En S.C. Hayes, D. Barnes-Holmes y B. Roche (Eds.), Relational Frame Theory: A Post-Skinnerian account of human language and cognition (pp.119-139). Nueva York: Plenum Press.
  • Barnes-Holmes, D., Hayes, S. C. y Roche, B. (2001). The (not so) strange death of stimulus equivalence. European Journal of Behaviour Analysis, 1, 35-98.
  • Beck, A., Rush, A.J., Shaw, B.F. y Emery, G. (1979). Cognitive therapy of depression. Nueva York: Guilford Press.