薬物中毒:耐性と離脱

2019年5月10日

薬物中毒、耐性、離脱について聞いたことがあるでしょう。その言葉が正確に何を意味するか知っていますか?

一般的に理解されているように、物質使用障害は、体内に入ると人の心や行動や心の状態に影響する薬物すべてに関するものです。アルコールやたばこなどの合法なもの、そして、大麻、コカイン、LSDなどの違法な物質があります。

精神活性物質乱用に関する現在のデータは、衝撃が大きいものです。15歳以上の91%が アルコールを摂取したことがあり、64%がタバコを吸ったことがあります。14~18歳の薬物乱用の実態を見ると、より心配になります。調査前一月間に、この集団の66%がアルコールを摂取し、37%がタバコを吸っています

耐性と禁欲のプロセスが、薬物中毒が起こる理由を理解するためのカギです。この2つのプロセスは、どちらも体の代償的反応であり、密接な関係があります。しかしこの説明を始める前に、薬物を使用した時に脳内で何が起こるかを理解する必要があるでしょう

落ち込む女性

 

薬物乱用と報酬系

精神活性物質のほとんどが、脳の報酬系とドーパミンと密接な関係があります。ドーパミンは、「快楽」行為が行われると放出される神経伝達物質です。この行動を強化することで、将来またそれを繰り返すという機能があります。本質的に、ドーパミンは、体が私達に与える「ごほうび」です。それにより、正しいと知覚される何かを行ったとき、快感を感じます。

薬物はそのきっかけとなったり、報酬系のドーパミンの放出を真似します。アルコールなど、一部は非直接的なメカニズムを通してそれを行います。その他の薬物は、似たような化学組成をもち、ドーパミンのような作用をします。アンフェタミンは、後者の一例です。

薬物摂取による偽のドーパミンの放出は、報酬系を活発にします。そして、私達は特定の状況を快感と結び付けます。しかし、実際は非常に害のあるものであっても、これらの物質の使用は体に有益だと脳が考えます。

つまり、「偽のドーパミン」の大量放出が人のホメオスタシスの重症な不均衡を生みます。この不均衡により、体はそれを修正させるために制御メカニズムを働かせます。この段階が、耐性と離脱の両方の原因になるもので、次で説明するプロセスです。

 

薬物中毒における耐性と離脱症状

体の制御メカニズムは、脳の化学的性質を調整することにより、内的不均衡が生じるのを防ぎます。薬物乱用は、これを生じさせる状況のひとつです。それがどのようなものか見ていきましょう。

毎週土曜日、遊びに行き、お酒を飲むことを考えてください。アルコールはエンドルフィンを真似るもので、内因性オピオイド系を過剰に活性化します。そして、これがドーパミンの放出を調整し、快感を覚えます。この行動を繰り返すと、体はそこから学び、代償反応を起こします

ここで、物質への耐性が入ってきます。次の土曜日、また出かける時、脳はあなたがお酒を飲むことを知っており、それにより不均衡が生じます。そして、エンドルフィンの基礎値を下げます。

これが原因となり、内因性オピオイド系は下降しますが、飲酒を始めると正常に戻ります。あなたの主観は、自分はアルコールにあまり影響を受けないというものでしょう。ところが、耐性により、代償の下降を補うため、より多く飲まなければならなくなるのです。

では、突然、飲酒を止めたらどうなるでしょう?代償反応に何が起こるでしょう?例え、飲酒量を最小限にした、または、完全になくしたとしても、この代償反応は続きます

前の例に戻り、もしあなたが飲酒するつもりがなく、遊びに出かけたとしても、脳はあなたが飲酒するだろうと考えます。これは、以前の経験により学んだものです。

そのため、エンドルフィン値は、急激に下降します。アルコール摂取の代償がないために、不安が生じます。これが離脱症状として知られるものです。

薬物中毒の男性

 

結論

耐性と離脱は、薬物中毒の明白な症状です。耐性の症状が現れ始めると、薬物摂取を止めた時、離脱症状が起こるでしょう。

さらに、離脱症状は、大抵、気分を良くするために物質の摂取へと人を導きます。薬物中毒のプロセスを理解するために、このような生物学的メカニズムを考慮する必要があります。

薬物乱用は、世界的健康問題です。これが多くの社会的問題、仕事の問題、個人的問題、健康問題の原因になることを理解しなければなりません。さらに、生活の質を高めたいのであれば、薬物がどのように働くかに関する意識を高めることが必要不可欠で、そうすることにより、人はそのリスクを理解することができるでしょう。