映画『軽い男じゃないのよ』:別世界での現実とは?

2019年8月13日
頭を打った後、ダミアンは一見普通に見える世界で目覚めます。しかし、この新たな現実世界では、女性たちがとても性差別的に、家父長主義的に、そして強烈な排他主義者のように振舞っていたのです。

今回の記事では、今から一年ほど前に配信がスタートされたある映画について話していきましょう。フランス映画は、いつでも社会問題に光を当ててくれますが、今回はこのエレノオール・プリアによる映画を取り上げてみようと思います。『軽い男じゃないのよ』は、男女のジェンダーロールが逆転したロマンティックコメディです映画は、すぐわかるような決まり文句や正当化されてしまっているステレオタイプなどで溢れています。

この映画はネットフリックスにて視聴が可能で、すべての分野で女性がリーダーかつ”家庭の長”となっており、男性たちが性的暴力やセクシャルハラスメント、そしてあらゆる差別に苦しんでいる世界が登場します。

これは、女らしさがまだかなり劣等であると見なされていて、その女らしい存在が男性である、という別世界を舞台にしています。馬鹿げた世界だと感じるかもしれませんが、これが私たちが実際に生きる現実世界を反転させた鏡のようなものであり、現実と対して変わりがないということに気づいていただけるでしょう。

『軽い男じゃないのよ』のあらすじ

映画の主人公はダミアンです。彼はかなり強い家父長制観念を持った性差別者の男性です。彼は女性たちを性的対象としてしか見ていません。また、彼はマーケティングの世界で思いつく限りのありとあらゆる性差別的決まり文句を駆使して、素晴らしいキャリアを築いています。そして自分の享受している性的優越感に満足しているのです。

しかし道で頭を打った後、ダミアンはよく知らない世界で目を覚まします。自分の生きていた世界と似て見えますが、全てが逆転しているのです。この新たな世界では、女性たちが性差別的、家父長制的、そして排他主義者のように振舞っており、男性たちがいつもなら女性たちが担っているような役割を背負わされていたのです。

別世界の現実:立場が逆転するとき

『軽い男じゃないのよ』のポイントはとても賢いものです。この世界でも正常とされているのは家父長制的な決まり文句です。つまり、子どもたちや家族の面倒を見ること、労働市場では過小評価されること、セクシャルハラスメントを受けること、髪の毛のセット、からかい文句、レイプ、シングルであること。しかし、この映画ではこれらに苦しんでいるのは男性たちなのです。

ダミアンは、差別を受けることに恐れをなし、”男性主義者”のグループに加わります。男性主義者とは、男性の権利のために、自分たちを劣等とみなす社会システムの抑圧に対して戦う男性たちのことです。このせいで、映画の中ではダミアンは常に人々から攻撃や中傷を受けます。女性たちばかりではなく、同じ男性たちからも、男性主義者はホモセクシャルであるとして非難を受けるのです。彼らは、男性が虐げられるこの世界では何も変えることなどできない、と思い込んでしまっています。

『軽い男じゃないのよ』 別世界での現実

果たして彼は現実世界に戻ることができるのか?

ダミアンはこのパラレルワールドで目覚めた時、自分の生き写しのような女性と出会います。支配的で、成功を収めており、他人を操ろうとし、性差別的で、男性たちを自分の利益のために利用する対象としか見ていない傲慢な女性です。2人は奇妙な恋愛関係を持ち始め、ダミアンは自分自身の名誉を挽回し始めます。

そして『軽い男じゃないのよ』のエンディングは意外性がなさそうに見えるかもしれませんが、実はそうではありません。実は、この映画は全体を通してジェンダーロールの誤った考えと男性も女性も平等に教育することがいかに大切かを示してくれているのです。

この映画は、一度だけジェンダーの平等性を壊そうとしますが、ジェンダーとは人口の一部を占める人々の支配力を維持するためだけに作られた独断的な社会の構成要素に過ぎないことを示そうとしています。

これは、見終わった時に、性差別がいかに馬鹿げていて有害であるかを考えさせられるような、素晴らしい映画です。『軽い男じゃないのよ』は、視聴者を認知的に不和な状態に押し込むことで社会の不平等さを知らしめてくれる傑作映画であると言えるでしょう。