家庭内暴力が子供に与える影響

· 2019年6月10日
片方の親がもう片方の親に暴力振るうような状況では、子供と子供に必要な要素は非常に脆くなります。子供はこのような環境に身を置かれることで、安心感を得ることが非常に難しくなります。

幸いなことに、家庭内暴力による悍ましい被害に対する意識は高まってきています。専門家は、日常における多くの女性たちの身体的被害や死のリスクを指摘しています。さらに、身体的暴力だけが人々を傷つける要因ではないことも周知されています。

精神的危害もまた暴力の結果であり、それは被害者にだけ当てはまることではありません。子供もまた、家庭内暴力に苦しむ立場にいるということを覚えておく必要があります。

彼らは暴力の静かな証人であり、その状況をどうすることもできません。その結果、彼らはそれに罪悪感を感じることになってしまいます。それでは、どのような心理的レベルにおいて、家庭内暴力は子供に影響を与えるのでしょうか?

「虐待とは、恐怖、屈辱、言葉、または身体的な暴力を使って他の人間を支配し、征服することを目的とした行動なのです」

-スーザン・フォワード-

家庭内暴力が子供に与える影響

愛着への家庭内虐待の影響

子供は生まれると、保護や親からの愛、安定、社会性など様々ことが必要になります。これらのことが適切かつ一貫的に満たされたとき、子供達は自分の親の愛を信頼します。そして、彼らは自分自身がそれに値する人間だと信じられるようになります。

片方の親がもう片方の親に暴力振るうような状況では、子供と子供に必要な要素は非常に脆くなります。子供はこのような環境に身を置かれることで、安心感を得ることが非常に難しくなります。そして、子供達は自分の親を信じられなくなり、自分の面倒を見てくれないと思うようになります。通常、暴力を振るう大人たちは感情面が乏しく、必要以上に子供を愛することもできません。彼らはただ、ネガティブな感情や気持ちの根源となっているのです。

親というのは、子供に安全な場所を提供しなくてはいけません。親は子供が望む時に、彼らのための避難所になる必要があります。息子たちや娘たちは、親を外の世界への冒険を始めるための安全地帯だと捉えるべきなのです。

しかし実際、家庭内暴力では、親が自らの子供の恐怖を広げているのです。子供たちは、自分の家で自らの親が恐れている様子を目にします。 彼らは泣き叫び、慰められることもありません。

このような暴力的な環境において、親から与えられる愛情は不安定かつ回避的なものとなります。さらに、暴力の被害者である母親は自分の子供をネガティブに捉え、自分自身のことを悪い母親だと考えています。時に、このような状況が産後鬱に繋がることもあります。

家庭内暴力が子供に与える影響

暴力が子供の成長に与える影響

家庭内暴力が与える悪影響は、安定した愛情(子供の幸福にとって大切な要素)に対してだけではありません。それは、子供達の正常な精神的成長にも影響するのです。幼い頃から暴力に晒されることで、社会性や感情的健康に悪影響が及ぶことは簡単に想像することができるでしょう。

その他にも、こういった子供は自分の感情を認識したりコントロールすることに問題を抱えることもあります。子供達は、その状況が自分のせいであると感じることもよくあります。自分自身の感情やその理由を理解していないのにも関わらず、不安を抱えているケースもあります。そして、そのようなネガティブな感情を発散させようとして、慢性的な問題に繋がります。

専門家によると、虐待に晒されている子供たちの自尊心やセルフイメージには問題があるそうです。他にも、行動的問題や社会的問題があり、大人のみならず、自分の友達との関係性の構築に問題を抱えているケースもあります。

「暴力は解決するよりも多くの社会問題を生み出す」

-イザック・アシモフ-

子供に対する家庭内虐待および心的外傷後ストレス障害

虐待という境遇に晒された子供達は、心的外傷後ストレス障害に苦しむことがあります。自分自身が暴力を振るわれていなくても、彼らは間接的な被害者なのです。子供の心的外傷後ストレス障害がどのようなものが不思議に思うかもしれません。その他の健康的問題(身体的、精神的問題)と同様に心的外傷後ストレス障害の症状も一様ではありません。この病気は大人と子供とでは違った形で現れます。

実際、精神科医たちによると、家庭内暴力に晒された子供たちは心的外傷事件のフラッシュバックをするといいます。フラッシュバックは、自分が経験した記憶のトリガーが何らかの形で引かれることで、遊んでいる最中などにも起こります。さらに、悪夢やフラッシュバック、解離などに悩まされることもあります。

このような家庭で育った子供たちは、責任を引き受けるのをためらうかもしれません。つまり、社会との距離を取るということです。自分が持っていたスキルを忘れ、遊ぶこともなく、社会性を身につけることができないのです。

また、家庭内暴力を目撃した子供達は不安症になりやすくなります。その結果、不眠症や集中力の欠如などの問題を抱えることになります。非常に用心深くなり、刺激に過剰反応しやすくなってしまうのです。

結論として、しっかりと資格を持っている精神科医のもとでセラピーを受けることが子供の幸福には必要不可欠です。間接的な暴力を受けることは、子供にとってとても大きな傷になります。彼らが健康で幸せな大人に成長できるよう手を差し伸べてあげましょう。

「私たち味方にならなければいけません。 中立は迫害者を助け、被害者は決して助けない。 沈黙は拷問を促す。 私達は時に、干渉しなければいけないのです」

-エリ・ヴィーゼル-

画像は、Peter Forsterさん, Elijah Hendersonさん, Elijah Hendersonさんのご厚意で使用させていただいています。