穏やかでいる方法を学ぶ

· 2017年11月3日

落ち着きを保つ方法を学ぶことができるということは、まずあなたが知っておくべきことです。 誰もが衝動的になるかもしれない遺伝子をもって生まれ、まだ完全に発達していない人生の早い段階において、感情や情熱に惑わされるのは自然なことです。

成長と発展のための条件が整った環境で育った人は、合理的に行動するために衝動を制御しなければならないことを知るでしょう。 自制できなければ、不当に行動して人を傷つけることをしたり、言ったりするのです。

「人生は航海のようなものです。穏やかな日々と嵐の日がありますが、重要なのはあなたが自分の船の優れた船長であるかということです。」

-ハシント・ベナベンテ-

残念なのは、誰もが自制をするためのしつけをされていないということです。しかし、幼少期の後であっても、自制するために自分自身を教育することはできます。あなたがその問題を認識し、衝動的に行動した時のことを考えることができたら、それを治すための対策をとることができます。

これはあなたの衝動を抑圧することを意味します。抑制するためには、「常に他人と共存するのは嫌だ」という欲望を放棄することが必要です。

しかし実際には、自己制御から最も利益を受ける人は自分なのです。それはあなたが無意識のうちに感情的なエネルギーを浪費するのを防ぎ、あなたがより積極的になることを可能にします。以下では、そうすることが最も難しい場合に穏やさを保つ方法を学ぶ4つの手がかりを示します。

静かさを保つには、今すぐストレスの多い刺激を断ち切る

ストレスが多いと制御が失われます。 「ストレスが多い」というものには、あなたの欲望に対して疑問を投げかけたり、反対したりするものだけでなく、あなたを怖がらせたり脅かしたりするものも含まれます。

女性の体から離脱する魂

あなたが自制できない場合、これらの刺激は侵略として表現され、あなたを防御的にします。これには叫び声や、暴力的な身振り、攻撃的や傷つくような、または脅迫的な言葉が含まれます。

解決策の一つが、20秒間静かにすることです。そうすることができれば、これらの衝動をコントロールすることができます。反応しないことが不可能だと感じる場合、立ち上がってすぐにその場から去り、深く息を吸い込み、吐き出しましょう。そして10秒間数えてみましょう。時と場合によっては、大成功と大失敗の違いは、状況から逸脱する数秒間の差なのです。

自分の体に注意を集中させる

体内で起こっているすべてのものに注意深くなるために、訓練することは非常に重要です。誰かや何かに不快感を感じるたびに、この思考状態を活性化させてください。外部の現実を考えずに、生理学的にどのように反応しているかに注意を向けてください。あなたの体内から来る信号は、あなたが感じている不安の状態に伴っているのです。

あなたがどのように呼吸しているか、あなたの心臓がどのように脈を打つかに集中してください。あなたの体温を計測し、熱く感じたら、水や新鮮な空気でリフレッシュしてください。筋肉が張りつめていることに気づいた場合、ストレッチしてください。あまり顕著でなくても、そうすることであなたがその状況を支配することができるようになるでしょう。

胸からすべてを吐き出す

この考え方を有効的にするには、「自分の身体反応を理解したい」という命令をあなたの心に記録し、それを絶えず繰り返してください。混乱や刺激をもたらすものがあると気づいた場合は、「私は自分の身体反応を理解したい」と自動的に考えることに慣れてください。 この一文が自己観察につながり、その結果、自己制御につながるでしょう。

運動、運動、運動!

あなたにこれらの慢性症例が見られる場合(ほぼいつでも何らかの理由で感情が爆発する人)、日常生活に運動のルーティーンを導入する必要があります。あなたが感情を爆発させるといったような、自分自身に対して使用する余分なエネルギーを取り除くことができるスポーツがより良いでしょう。

運動が気分に影響する様々なホルモンの産生を活性化することは科学的に証明されています。身体的エネルギーを発揮することで、気分が悪くなったり、爆発したりすることがある過度の感情的緊張を解き放つことができます。また、エクササイズとスポーツ需要の規律は、自制のための能力を養う方法の一つなのです。

自転車と赤

他人との競争や勝利を目指すのではありません。 重要なことは、あなたがより速く心地よいペースで自由に動き、アクティビティを楽しんで、あなたの体に耳を傾けることです。

それがあなたの注意を引いたり、何らかの形で楽しむことができるものなら、より良いです。 しかし、あなたが何も楽しんでいないと気づいた場合は、自宅で単独に運動をするか、毎日、ペースが速い歩行をして代替えしましょう。 すぐに気分が良くなります。