家族なしで生きること

· 2018年5月30日

この社会には家族なしで生きている人達がいます。そして、その数はどんどん増えているように見えます。これは世界中で起こっている新しい現実の一つなのです。

この現象は一人っ子が自分自身の家族を持たず、歳をとって一人になるなど多くの理由から成り立っています。時には、家族が単純にバラバラになって親や兄弟と離れて暮らしていることや、家庭内の暴力が原因で家族なしで生きている人もいます。また、高齢者が親戚に見捨てられるなどの可能性もあるのです。

「本物の家族を結びつける絆は、血ではなくお互いの尊敬と歓びである。」

-リチャード・バッハ-

問題は、これがずっと前までは例外であったのに、今では多くなり、まだまだ増えていくシナリオがあるということです。結婚しないと決める人の数は増えており、子供が1人しかいない家族の数も非常に多くなっているのです。

家族なしで生きると私達は脆くなる

「家族」という概念は大きく理想化されています。そして、実際は家族に問題はつきものだということです。それは交際関係と同じように、家族にも矛盾が生じるのです。そして、家族というグループは人間で構成されているので、そこには誇らしい気持ちと否定的な情熱が常に混在しています。

海辺で座り込む男性

そんな事実があるにもかかわらず、基本的に家族関係は他人との関係よりも強くなります。「血は水よりも濃い」ということわざがあるように、お互いを理解し合えていない親戚の中でも、血縁関係はある程度の義務や繋がりを意味します。

ですので、家族なしで生きることは私達を脆くしてしまうのです。もちろん、家族は身体的にも精神的にも大きなリスクになることもありますしかし、多かれ少なかれ健康的な家族を持っている人は、人生の危険から守られているのです。

孤独という選択

遅かれ早かれ、誰もが孤独に直面する時がやってくるでしょう。誰もいなくなくなる、または誰もあなたを助けられないなどの理由がありますが、これは家族がいても、家族なしでも同じです。私達は感情的にその瞬間の為に備えなければいけません。

野原にいる女性

家族なしで幸せにいきることは可能なのでしょうか?その答えは、YESです。人間は驚異的な適応力を持っているので、あらゆる状況に対処することが出来るのです。

重要と言える唯一のことは、その状態が意識的な選択の結果であるということです。これは、私達は故意にそのような人生を選んだ、または人生を大きく変えなくてもそのような状況を変えることが出来るようになったなどがあります。

強制的に家族なしで生きる時、それは大きく異なります。とても苦しいものとなり、病気や、さらには死を導くような恐怖と不安を感じてしまうのです。

将来を考えて自分を前進させよう

全ての人に、家族なしで生きることがどれだけ問題か認識する時がおとずれるでしょう。中には問題に目を向けず、ただ時間が経つのを待つ人もいるかもしれません。しかし、放っておくと手遅れになる時はやって来ます。

もし、あなたが誰かと生きることが重要だと気づいたら、どのように生きたいか決断をし、行動を起こしましょう。つまり、全ての状況は空から急に降ってくるわけではなく、自分自身で築いているということなのです。また、今は様々な形で家族を築くことが出来ます。選択肢を混ぜて、あなたにとって最高の選択をしましょう。

荒野で踊る少女

反対に、誰かと一緒に生きることが重要でないと思った人は、その決断にかかるコストを受け入れる準備をしなければいけません。良い面もありますし、家族なしで生きることは絶対的な孤独に陥ってしまうということではありません。どんなことや、どんな人に対してでも、あなたの居場所だと感じられる方法はいくつも存在するのです。