経済心理学:投資の方法を知ることのすばらしさ

2019年9月13日
より賢い経済的決断をしたければ、経済心理学がもつリソースを利用しましょう。この分野の研究は、お金に関し、ベストな決断をするに役立ちます。

今の経済状況に関わらず、自分のお金の管理の仕方を学ぶことは良いことです。人間は性質的に、お金に関して多くの間違いをすると心理学者は言います。そこで、経済心理学が役に立つのです。

ここでは、心理学と経済の関係についてお話します。経済心理学とは何か、そして自分のお金を管理することの利点に関する記事です。自分が一番の経済的な敵にならないようにしましょう!次のアドバイスを読み、自分の生活に役立ててみてくださいね。

「お金を使うのは、お金を得てから」

-トーマス・ジェファーソン-

 

経済心理学の概要

心理学は、人間の認知・行動・感情面に焦点を当てます。一方で、経済学は、「主に生産・消費・富の移動の分析と解説に関する社会科学」です。

この2つの関係性はどこにあるのでしょう?どちらも人間を研究し、人は健康や幸福を高めるために行動するという学問です。また、人のニーズやより良く生きるためにニーズとどう関わるかを研究します。

経済心理学 投資の方法 知ること

心理学VS経済学

どちらも、行動や行動の決断への影響を分析します。その視点が異なります。例えば、経済学は集団行動を表現しようとし、心理学は個人に焦点を当てます。そして、研究ツールは様々です。経済学は、演繹的仮定法により重きをおきます。このことはマドリード自治大学のマルゲリータ・ビロン・クラスが“Psychology and Economics from a Multidisciplinary Perspective”に記しています。

一方で心理学は、健康科学に近く、文化的影響、支出、物と人の関係を研究します。

この2つの分野には共通した背景があります。すべてを網羅しているわけではありませんが、次にその共通点をあげます。

  • 消費者行動
  • 公共とマーケティング
  • 個人的差異
  • 経済的社会化
  • 政治
  • 企業行動
  • 金融市場
  • 決断
  • アイデンティティ
  • お金の意味

 

経済心理学とは

経済心理学とは、お金に関する行動を研究する学問です。もっと具体的に言うと、金融市場と人間の性格の相互の影響を分析します

人の行動を分析することにより、経済的決断に影響する心理学的障害が明らかになります。そして、人の行為への見識を得ることができ、皆が経済をより意識することができます。

また、お金に関する決断の無意識の面を識別します。それを意識することで、より断定的になることができます。経済心理学は個人のみを研究するのではありません環境の影響や育ちも考慮されます

 

自分の一番の敵にならない

ジェームス・モンティアはもっとも有名な投資家の一人です。著書の中で、人はお金とどう関わるか、そして、障害を乗り越えるためにどのように行動を変えるかについて語っています。

自分の一番の経済な敵にならないためのステップがこちらです。

  • 感情をコントロールする。お金を失うことにつながりかねないカオスを避けられます。
  • 過信しない。投資する時、注意深くいなければ、予想より少ない結果しか得られません。
  • ポジティブな面に焦点を当てる。損失に落ち込んではいけません。それは手放し、有望なものに集中しましょう。悲惨になるであろう投資に関する決断はすべきでありません。
  • 同じことを何度も繰り返し、違う結果を期待しない。一番良いのは、状況を吟味し、評価し、行動を起こすことです。
  • 現実をみる。誰もがどこかで経済的に悪い決断をします。それは良いのですが、断定的でいましょう。例えば、決断をする時、感情に任せてはいけません。

性格も関係する

自分は完璧でなく、それで良いということを頭に入れておきましょう。自分を知り、誠実に、健康や幸福を高めるストラテジーを用いましょう。

また、お金との関係には無意識のメカニズムがあることを知っておくことも重要です。また、性格も関係し、そのため、良い経済的決断をすることが難しい人も中にはいます。助けを求めることを恐れる必要はありません。断定的になるため、経済心理学の専門家に経済的相談しましょう。

経済心理学 投資の方法を知ること

 

経済心理学の利点

経済心理の専門家にアドバイスを求めたり、経済心理学の基本を適用することには利点があります。次がその一例です:

  • 投資において、より高いリターンが得られる
  • 自分の経済面に悪い決断をする理由が分かる
  • 経済的障害を乗り越える
  • 経済に対する意識を高める
  • 悪い決断につながる行動問題を理解する
  • 経済的行動の探索
  • お金と自分の関係を理解する
  • 経済的ミスを学ぶ
  • 弾力性・回復力を高める
  • 緊張の緩和
  • 一般的な投資のミスを認識する

さいごに、経済心理学をあなたの人生に取り入れると、投資の方法を知るすばらしさが分かります。これは簡単ではなく、ひとつひとつ学ばなければなりません。それぞれの決断があなたについて教えてくれます。

経済心理学は、お金に断定的になるのに役立ちます。お金との関係を理解するため、あなたにとって一番良い選択肢を知るための、素晴らしい方法です。

「どれだけ稼ぐかではなく、どれだけ維持するか、どれだけ努力するか、何世代続けるかです」

-ロバート・キヨサキ-

  • Billón Currás, M. (2002). Psicología y economía desde una perspectiva interdisciplinar. Encuentros multidisciplinares, pp. 1-8.
  • Montier, J. (2011). Psicología financiera: Como no ser tu peor enemigo. Deusto, Barcelona.