ケルトのことわざ:人生や愛について学ぶ

· 2018年4月17日

ケルト族(セルティック族)の伝統は、世界で最も古く珍しい伝統の一つです。この習慣や伝説、そして歴史はとても魅力的で私達の好奇心をくすぐります。そして、ケルトのことわざは現代でも通用する素晴らしい知恵とされているのです。

ケルトの領域は主にイギリスでしたが、彼らの支配力は東ヨーロッパ、そしてスペインやポルトガルなどに拡大していきました。戦争の避難所となった「カストロ」と呼ばれる砦のあるスペインのガルシアのような地域ではその影響力が見られます。

ケルト人は芸術に非常に熱心でした。そして、その熱意は彼らの知恵の源であり、誠意や誠実さなどの内なる知恵を象徴する有名なケルトのことわざを生み出したのです。

命や愛に関するケルトの7つのことわざ

1.頻繁に訪れる客は歓迎されない

親切でいることは美徳とされていますが、家主の善意を利用するのは無礼なことです。もし、家族や友達の家を訪ねるのであれば、長居しないようにしましょう。そこはあなたの家ではなく、あなたはあくまでゲストなのです。

もし長期間滞在させてもらう場合は家事を手伝いましょう。礼儀正しく過ごして、滞在させてもらった感謝としてささやかなプレゼントをしてください。そうすることで、将来も家の主はあなたを招いてくれます。

2.犬と寝るとノミに起こされる

これはケルトのことわざの中でもとても有名なものです。これは、あなたの関わる人に気をつけましょうという意味を持っており悪い人や信用できない人の事を指しています。そのような人との関係に上手く対処することが出来ると自分にも良い影響があるのです。

また、このような警告を無視することはあなたの決断であり、全て自己責任として返ってきます。

ケルト族

3.怒りに満ちた言葉が出た時は口を閉ざす

侮辱や脅威に直面した時は、反撃しないのが一番です。怒っている人は内容などを考えることなく何かを伝えてきます。しかし、そのような挑発に乗らず、慎重になってください。特に、その人との関係を大切にしているのなら、口を閉じておきましょう。

誰かを傷つけず、熱い議論を交わす為には言葉選びのセンスは必要不可欠です。それはあなたの善意と知恵が試されているようなもので、相手のレベルに合わせてあげると、相手もあなたと同じような態度をとってくれるのです。そして、それと同時にあなたに対して尊敬や賞賛も生まれます。

4.甘い果実は鋭い棘の中で成長することもある

一生懸命頑張っているのに結果が見えない、毎日働いているのに報われないなど、生きている中であなたの設けた人生のゴールに対してやる気が出ないことも多くあります。これは、その困難な状況を上手く説明したことわざで、努力や忍耐を持っていると、いつも期待したものとは違いますが、ポジティブな結果を生み出してくれるという意味を持っています。

努力は幸運の親友です。理想への道は長く険しいですが、そこにはいつも価値があります。しっかり努力をしないと、インスピレーションを見つけるのがとても難しくなるのです。

5.太陽に顔を向けて嵐には背を向ける

良い時もあれば悪い時もあります。あなたがどれだけルーティーンを愛していても、人生と変動は切り離せません。これは将来を楽観的に捉えて、ネガティブな気持ちを取り払おうというケルトのことわざです。希望と注意、冒険、そして「万が一」のバランスを保つことで、あなたを成長させてくれます。

勇気のある人間は恐怖を感じないのではなく、恐怖に打ち勝った人間であり、リスクに挑戦し、自分の決断による結果を受け入れたことを意味するのです。

ケルトの男

6.許してもいいが忘れてはいけない

許してあげることは賢明なことですが忘れてしまうのは馬鹿らしいことです。あなたを傷つけた人を許すのはいいですが、そこからあなたが学んだ事は覚えておきましょう。特にその傷が意図的なものでなく、しっかり謝罪をされた、または埋め合わせを提案してきたことは忘れてはいけません。

許容性はあなたを強く、そして賢くしてくれます。そこで学んだことをあなたが何か過ちを犯した時、他人の気持ちを理解してあげるのです。人々との調和や共感の中で生きていることを頭に入れておきましょう。

7.嘘は真実を超えて旅をする

私達は真実を聞くことを怖がり、嘘に耳を傾けることを好む時があります。何かに直面しないように自分を欺くことは、深く落ち込んだ時に間違いだと気づきます。受け入れることは変化への一歩であり、そこに選択肢が無くても前へ進むことが出来ます。

長い目で見れば、嘘は深くなり、真実よりもあなたを傷つけることになります。早めに傷つくのか、または癒すのが大変で持続的に傷つくのかのどちらかを選んでみてください。この選択こそが何かが起こった時、あなたの選ぶ道となるのです。

このように、ケルトのことわざはケルト人が改善に努めてきた人々であることを証明しています。また、彼らは女性に個人の資産を与えるのを許したパイオニアでもあります。

私達の生きているこの世界にとって、彼らの教えはより重要となっています。忍耐力、慎重さ、そして世界を理解することは、1000年以上前に人々が反映してきたことであり、そういった彼らの考えは今もなお、知性の象徴なのです。