気持ちを伝える方法を学ぶことの大切さ

21 4月, 2020
精神衛生を改善するために、自分の気持ちを伝える方法を学びましょう。自分が感じていることを伝達できれば、他者とともに時間を過ごしたり、必要な時に境界線を設けたり、メンタルヘルスを向上させるのが容易になるでしょう。

自分がどう感じているかを伝えられるようになるのは容易なことではありません。そもそも、一体どこから始めればいいのでしょうか?おそらく、好きなテレビ番組について語ることならば可能でしょう。また、他人の行動や他の人々が何をして、どんな発言をしているのか説明するのもかなり簡単なはずです。しかし、自分の気持ちを理解し、それを言葉に変えるのは複雑で、労力を要する繊細な行為なのです。

これはまるで新たな言語を学ぶようだと感じる人もいるでしょう。つまり、気持ちや感情、そして思考を一つにまとめてくれるような言語です。私たちには、心の膿を吐き出すのに役立つような手段が必要です。自分自身を表現することは、カタルシスや癒しにつながる行為なのです。

ダニエル・ゴールマンはこれを、「ケージを開いて気持ちを自由に羽ばたかせる」と表現しています。自分の感じていることを伝える方法を学べば、苦しみが軽減されます。では、どうしたらいいのでしょう?サポートしてくれる人はいるのでしょうか?

これらは重要な疑問です。気持ちの伝え方を知るのが大切であるのと同様に、誰かのサポートを得る必要もあります。中には、一緒にいると自分がちっぽけな存在に思えてしまうような人々もいますが、一方でまるで背中の翼の下に上向きの風を吹き込んでくれるような人も存在するのです。

気持ちを伝える 方法 学ぶ

自分の気持ちを伝えるコツ

自分の気持ちを伝える方法を学べば、晴れ晴れとした感覚になり、幸福度や自尊心、そして精神の安定性の向上が望めます。しかし、一つ理解しておかなければならないことがあります。それは、心に溜め込んだ感情をギリギリまで表に出さないようにするのはやめるべきだ、ということです。蓄積されたフラストレーションは気分を悪化させ、成長の機会を阻み続けます。

感情を毎日口に出すことを、継続的に行なっていく必要があります。もし何かに怒りを感じたら、それを隠さなくても良いのです。代わりにアサーティブになって感じていることを表現しましょう。もし誰かが、あるいは特定のシチュエーションが自分を傷つけたり不安にさせる、あるいは悲しくさせるのであれば、それをそのまま放置してはいけません。

現在自分の心を痛めつけているものに向き合うことで、他者との関係性を改善しやすくなります。正直になり、アサーティブでいる方法を学び、感情をコントロールすれば、これまでより健康的になり、他人との付き合い方もより良いものとなるでしょう。

自分が何を感じているのか理解する

心のコミュニケーションのはじめの一歩は、自己の認識です。例えば最近、あなたとあなたのパートナーは何度も口論を繰り返しているとします。相手に怒りを感じることも頻繁にあります。この状況で必要なのは、このケンカを引き起こしているものが何なのかについて考えることです。

問題が一緒に暮らす相手にあるとは限りません。あなたの仕事が原因かもしれませんし、あなたが晒され続けているストレスが原因とも考えられます。この不幸が、帰宅するまでに積み重なってしまっているのです。

気持ちを伝える 方法 学ぶ

感情をそれほど長い間隠しておくことはできない

ニューハンプシャー大学教授のジャック・メイヤーとイェール大学教授のピーター・サロヴェイはそれぞれ、感情一つ一つが特定の情報を含んだコードである、と指摘しました。したがって私たちはこのコードを理解し、それを解釈して他人に伝える必要があります。

しかし問題なのは、誰もそのやり方を教えてくれる人がいないということです。反対に、黙っていればいいのだと人々は説得しようとしてきます。その結果、私たちは傷つけられても何も言わず、怒りを感じてもただ礼儀正しく受け流すようになってしまうのです。

私たちは、感情の中には憤怒や腹立たしさ、悲しみ、失望など悪い感情もあるのだと教えられて育ってきました。しかしこういった感情が湧いてきても抑え込もうとせず、感情の読み取り方を覚え、精神的な良好状態を保つための手段として活用する方法も学ばねばなりません。

気持ちを伝える方法 学ぶ

気持ちは自分だけのものだが、自分を理解してくれる人と共有することができる

自分が思っていることを伝えられるようになると、心の知能指数が向上します。また、気持ちというのはあなた自身のものですので、誰かが自分の問題を解決してくれるのを待ったり、自分の幸せを他人の手に委ねたりする必要はありません。これはあなた自身で取り組まなければならないことなのです。

もちろん、周りの人からのサポートや理解を期待しても構いません。しかし人選には注意してください。あまりにも迅速に判断を下してくるような人や、自信を失わせる言動をする人、あるいは深い介入が必要な問題に対して一時しのぎの対策しか与えてくれないような人々は避けるようにしましょう。

最後に、自らの感情を処理することは決して簡単なことではありません。しかし自分が何を感じているのか理解し、それらを表現する際にアサーティブになることが幸福へのカギとなります。ぜひ取り組みを始めてみてください!