心理学におけるカタルシスの意味

· 2019年3月15日

心理学におけるカタルシスとは、ネガティブな感情を「浄化」する過程を意味します。それは、問題が長い間巣くっていた空間の空気を入れ替えるために、窓を開けるかのごとくです。これによって、怒りや悲しみが飛び立って、より健全で、軽く、穏やかな心の状態のための余地を残すことができます。

この用語は、ジークムント・フロイトの心理分析的アプローチに根付いています。しかし、この用語自体は、アリストテレスの時代からすでに使われていることを覚えておいてください。このギリシャの心理学者は、芸術における悲劇の目的を定義するためにこの用語を使っています。別の言葉で言えば、人が感情的に、精神的に、魂まで浄化できるメカニズムとして定義しています。

アリストテレスは、これらの芸術を鑑賞することによって、自分を自分自身の問題から解放することは可能であると信じていました。反省して、感じて、自分の問題から自由になるためには、こういった芸術の主人公に自分を重ねるだけで構いません。

数百年後、ジークムント・フロイトとヨーゼフ・ブロイアーは、「カタルシス法」と呼ばれるものを定義するためにこの用語を使用しました。これは、押さえつけられた感情を催眠やセラピーによって自由にするための治療法です。このためには、記憶を「解き放って」、外の世界から自分の問題を隠している小さな心理的罠を解くことが必要です。

現代では、この用語は多くの心理的文脈で使用されます。少し掘り下げて見てみましょう。

ビン

心理学におけるカタルシス:治療のプロセスにおける鍵

毎日、自分が強くて影響を受けなさそうに見せるため人は努力します。そうするようになるのは、社会と環境の圧力のためです。時に社会は、物事を処理して、経験を理解して、喪失に対処して、問題を片づけて、いらだちと落胆を癒すための時間を与えてはくれません。

来る日も来る日も、起こりえる損失をはかるために立ち止まることすらなく、すべての出来事を飲み込みます。しかし、特定の出来事から回復するための自分の時間がないことだけが、そうする理由ではありません。現実には、自分に起こる多くのことは自分でもどう処理すればよいかわからないのです。つまり、これらの経験の対処法を誰からも学ぶことなく、感情的にも不能なのです。

心理学におけるカタルシスは、様々な治療過程で鍵となります。積もり積もった緊張を解放させることを助けてくれます。この時、感情は、涙、怒り、悲しみなどとして、時に無秩序に現れて来るかもしれません。

内面的な対立を外に出してあげるためにボトルのふたを取ったら、分析を行うことができます。感情的な浄化は、問題の原因の説明の探求を超えたものです。一度本当に起こったことを理解できたら、メカニズムを変更しましょう。

泣く
感情を浄化する技

『ジャーナル・オブ・パーソナリティー・アンド・ソーシャル・サイコロジー』に発表されたブラッド・ブッシュマン、ロイ・バウマイスター、アンジェラ・スタックによる研究では、心に留めておく価値がある事実を明らかにしています。心理学におけるカタルシスは、制御して導くために学ぶべき技術だということです。 

研究では、人が抑圧されてきた怒りを解放すことを許されたとき、開放や浄化の感情よりも、いらだち状態の悪化につながりかねないということを示しています。これによって重要なことが理解できるのではないでしょうか。問題を世界に表現することは辛いことである、ということです。

セラピストや精神科医は、このような治療に置いてかなりの意味がある重要な責任を担っています。患者が吐き出すすべての感情的エネルギーを制御できなくてはいけません。感情を迎え入れ、かみ砕いて、別の方向へ向けなくてはいけません。浄化とは、必ずしも悪いことを排除するのではなく、それを変えて治癒することです。

カタルシス的な表現の映画やテレビ番組

カタルシスとは、フロイトやヤコブ・モレノなどの他の専門家にとっても、重要なツールでした。モレノは、サイコドラマ法というものを生み出しています。これは、演劇を通じて、個人または団体として、感情の解放を行うことです。

チョウチョ

最近では、テレビや映画も人が対立する感情の一部を浄化できるカタルシス的な手段であるという人もいます。そのような現代的なカタルシスに関する理論によれば、アクションやホラー映画は、自分自身の恐怖や攻撃的な衝動とつながりを持つことを許してくれます。

すべての人がこの考えに同意できるわけではないでしょう。しかし、認めるかどうかは別として、不利な感情を解放するための内なる窓を開けておくことは重要です。結局、心理的なカタルシスやその道の専門家は、大きな助けとなってくれるはずです。