記憶の喪失を取り戻すことは可能?

2019年11月17日
ネイチャー誌に掲載された新しい研究が、記憶の喪失に苦しむ人々に希望の光を与えました。神経科学者であるラケル・マリンがさらに詳しく紹介しています。

私たち人間に関してよく知られている事実の一つが、年齢を重ねるごとに記憶力が低下または悪化することです。しかし最近の研究では、記憶の喪失を回復させる方法があるかもしれないという可能性が示唆されています。

経頭蓋磁気刺激法などの新しい技術は、加齢による記憶の喪失の影響を逆転させることができるかもしれません。

ロバート・MG ・レインハルト氏と、ジョン・A・グエン氏による研究では、新しい技術によって高齢者の記憶が回復し、はるかに若い人と同じように働くことができると示されています。

「その記憶、脳の管理人。」

-ウィリアムシェイクスピア-

記憶の喪失 取り戻す

老化による記憶の損失

一定の年齢に達すると、人々の名前、日付、または日々の単純な情報を思い出すのに苦労するようになります。

最も一般的な症状の1つは、ワーキングメモリ(作業記憶とも呼ばれる)の損失です。これは、電話番号の記憶、計算、意思決定、日々の様々状況への対処などをはじめとする日常的なタスクに役立つ記憶のタイプです。

ワーキングメモリを使用することで、私たちは情報を一時的に保存や操作できますが、時間とともにワーキングメモリは老化し、一日を乗り切るのさえ難しくなることがあります。

ニューロンが互いに接触しなくなる

神経変性疾患がないのにワーキングメモリが低下するのはなぜでしょうか?科学者たちはこの質問への答えにまだたどり着いていません。

最近公開されたある研究では、ニューロンが刺激を受けたときの同期性が、記憶が適切に機能することに重要であることがわかりました。

ニューロンは刺激に反応し、その情報を他のニューロンに伝達する神経細胞です。しかし同期が正常に行われない場合、お互いのメモリ故障が始まります。これは、オーケストラにおいてそれぞれの奏者が自分のリズムで演奏しているという混沌とした状態に似ています。

わずか25分で記憶の喪失を巻き戻す

ネイチャー誌に掲載された研究では、経頭蓋磁気刺激法を使用してニューロンを刺激し、記憶の喪失を逆転させようとしました。

研究の参加者は2つのグループに分けられ、最初のグループは60〜70歳で、2番目のグループは平均年齢が30歳でした。研究者は、参加者の脳の様々な領域の中でも、記憶に関連する領域を25分間刺激しました。

脳が刺激されている間、その領域ではニューロンがその同期性を取り戻したことが確認されています。驚くべきことに、刺激を受けた後、60〜70歳の参加者は、若い参加者に匹敵するレベルで精神面における敏捷性を回復しました。

残念ながら、この記憶の喪失の逆転は、刺激後約50分間しか持続せず、その後は記憶が元の状態に戻りました。

こちらからさらに詳しく:眠っている間にニューロンでは何が起こっているのか

希望に満ちた治療法

効果は一時的なものに過ぎませんでしたが、科学者はこの実験が記憶の喪失が不可逆的でないことを示したと信じています。

経頭蓋磁気刺激法は、アルツハイマー病に起因する認知機能の低下に苦しむ人々にとっての有望な代替療法とある可能性もあります。

こちらもご参照を:音楽とアルツハイマー:感情を呼び覚ます

記憶の喪失 取り戻す

記憶を超えて

記憶を改善するためにニューロンを刺激することに加えて、この治療法は他の健康問題にも同様に適用できます。

一部の医師はこれを使用して、怪我などの損傷後の嚥下障害(嚥下困難)を修正しています。これは、食道の筋肉組織を刺激する脳の領域を刺激して、嚥下能力を改善するという方法です。

科学者は経頭蓋磁気刺激法の完成に取り組んでおり、この革新的な技術の新しい用途は間違いなく発見されるだろうと考えられています。

そして遠くない未来には、あらゆる健康問題を治療するために自宅で使用できる「ポータブル」な機器の開発へとつながるでしょう。