誇張ロマンチシズムは不幸になる?

03 5月, 2018

真実としてわたしたちが受け入れ続けた誇張ロマンチシズムがあります。しかし、それはわたしたちの恋愛に問題を引き起こし、幸せをどんどん遠ざけています。愛がどのようにあるべきか、完璧な恋愛関係とは何かに関して、抱い思い込みを通じて機能します。

この例のひとつは、健全な愛は純粋に感情のみに基づくという考えです。こころに手綱をもたせ、相手に対して強く感情を抱くことです。

しかし、自分には何ももたらしてくれない人やわたしたちを傷つける人に恋に落ちることがあるということに疑問を投げかけません。自分にとって間違っている人を愛していたとしても、愛がすべてを正当化してくれるのではと思うからです。

 

誇張ロマンチシズムを行うひとの考え方

愛に関する特定の考え方で誇張ロマンチシズムを見抜くことができます。簡単に見つけられるはずです。これは映画、音楽、マーケティングなどでよく見るロマンチシズムだからです。

誇張ロマンチシズムにおいて、期待は重要な部分です。恋愛関係を始めるとき、あることが起こることを期待します。同時に、パートナーが特定の方法で行動することを願い、時間が経つにつれて考えていた通りではないことに気づきます。現実と期待のコントラストは、恋愛関係において不満につながることもあります。

カップル

すべてが完璧で素晴らしい夢中の段階を過ぎたら、パートナーのすべてがネガティブに見えるのはよくあることです。あんなに完璧に思えた人が日々不完全になるのはなぜでしょう?

この段階では、わたしたちの注意は「悪い」面にフォーカスされがちだからです。あるいは少なくともあまり好きでない部分にフォーカスされ、恋愛関係を危機に陥れます。さらに、これは初めの期待に大きく条件づけられます。

 

誇張ロマンチシズムは、相手の人がわたしたちを幸せにしなくてはいけないという考えです。それを可能にするために、わたしたちを喜ばせるために特定のことをしなくてはいけません。

本質的には、恋愛関係の行く末の責任を相手に求めます。だから、うまくいかなければ相手に責任を押し付けます。別の言葉で言えば、ある程度の依存が存在します。

お話ししたことに加え、誇張ロマンチシズムはカップルが特定の特徴やふるまいをする「べき」であると考えることを意味します。例えば、できるだけ一緒にいたり、いつも愛情表現したり、バレンタインデー(または特に重要な日でなくとも)にプレゼントをあげたりすることです。

しかし、恋愛関係では物事は変化します(セックスや愛情表現が少なくなるなど)。これはカップルにとって危機になり得ます。関係が壊れかかっていると思い込んでしまうからです。

誇張ロマンチシズムにおける僅かな感情処理

誇張ロマンチシズムでは、感情があまり処理されません。これは、度を超えた愛を継続させるための誤った思い込みが原因です。

窓に手を当てる女性

何かが気に食わなかったとします。それをパートナーとコミュニケーションする代わりに、何も言わないかもしれません。言い争いをすべきではないからです。これ以上我慢できなくなるまでこれを続けます。そして感情と感覚が爆発します。

誇張ロマンチシズムは、相互のニーズに基づいています。「愛」という言葉が何を意味するかは関係ありません。お互いの人が無言の契約にサインし、それによって一人の人が安心、幸福、必要なものすべてをもたらさなくてはいけません。

相手の人が何も言わずに考えていることを理解しなくてはいけません。その代わりに、恋愛関係に投資し、自分を忘れます。

この度を超えた考えは、何か起こりでもしたら世界の終わりであるかのようにします。言い争い、特別な日を忘れた、道できれいな人をみる、友達と時間を過ごしたい …問題のない恋愛関係なら起こりえるシチュエーションです。

誇張ロマンチシズムは、幸せや不幸せがパートナーからくるという考えを助長しています。だから、ムードが相手の人に左右されます。

夜景

見てきたように、誇張ロマンチシズムは害のある恋愛関係にわたしたちを沈めてしまうかもしれません。喜びより苦しみのある関係です。度を越したクレイジーで壊滅的な愛を感じさせる考えに疑問を抱いてみる必要があります。