子ども時代の統合失調症:現在と未来の課題

· 2019年2月4日

統合失調症が子ども時代に現れ始めることは稀です。しかし、残念なことにそれが起こってしまうケースもあるのです。

子ども時代にも統合失調症は存在し、大人のそれと全く同じように、子どもも「ゲーム」や「空想上の友達」などと混同されることもある幻覚や妄想を経験します。

大人においては、早い段階で治療に取り組むことで、この障害の予後は大きく改善されます。ですので、子ども時代の統合失調症の特徴について知っておくといいでしょう。

この障害の診断は、必ず専門家によって下されますが、それを早く行うことが子どもの人生への影響を大きく減らすことになります。しかし、それは時間との勝負になります。

子ども時代の統合失調症はあまりよく知られた障害ではないので、知識不足が存在します。

子どもの統合失調症

子ども時代の統合失調症の原因は?

他の多くの障害と同じように、子どもの統合失調症にもとても重要な遺伝的要素があります。言い換えれば、この障害を持った家族がいると、これが発症する可能性が高くなるということです。

子どもの統合失調症と家族の不安障害やADHDを関係づけた研究も存在します。

とはいえ、この障害に関係するその他の状況もあります。例えば、出産時に問題があった場合、それが異常な神経の発達につながることがあります。

また、子どもの脳への酸素の供給が減ったり、完全に止まったりしたことがあるかどうかも重要です。このことを知っていると、この障害の発展に光を当てることができます。

子ども時代に、統合失調症は慢性的な病気になります。ですので、いかなる治療も一生のものになります。

子どもにその障害があるかどうかは、どうやったらわかるのでしょうか。それを診断するためには、否定的だったり不快に感じたりすることの多い声が、子どもに聞こえているかどうかを観察する必要があります。実際にはいない人や物、色などを見ているかも大切です。

これらすべてにしっかりと注目することが重要です。親は危険なサインと「空想上の友達」を混同してしまうことがあります。いずれにせよ、最終的な診断は専門家によってなされなければなりません。

子ども時代の統合失調症の発展と改善

最初に触れたように、子ども時代の統合失調症の予後にはあまり期待できません。それは、この障害が早い段階で現れるほど、その患者の人生に与える影響も大きくなる傾向にあるからです。よりその人の人生に影響することになるでしょう。この場合は、子どもの人生です。

さらに、話したり、歩いたり、自分の運動技能を鍛え始めるのは子ども時代です。子ども時代に統合失調症があると、これらすべてに影響が出ます。

こういった子どもは変な顔をしたりおかしな体の姿勢をとったりし始めます。社交的になったり一貫した様子で考えを表現することも難しいと感じるかもしれません。

子ども時代の統合失調症の影響

ですので、この障害は子どもの言語や運動技能、社会化などの他の発達過程にも悪い影響があるかもしれないのです。この障害の診断を受けた子供は、自然に自己表現をするのが難しいと感じ、奇妙なことを言ったりやったりします。その子の年齢でやったり言ったりすることについて、あなたが心をオープンにしていても、おかしいと感じるでしょう。

子どもの精神分裂病の治療

精神科はこのような問題にどのように取り組むことができるでしょうか? まずはこの障害による影響を、薬で遅らせることができます。子どものバランスを取り、症状を阻止しようとするのです。

また、薬での治療により、精神科医が子どもにとって可能な限りベストな状態で関わることができます。症状をコントロールすることで、子どもはずっと受容的な態度になれるからです。

薬の調節ができたら、子どもに幻想と現実の区別をつけるよう教えることが重要になります。そして、運動技能と言語スキルに取り組むようにします。こうすれば発達の遅れがある場合にも、それを最小限に抑えることができます。

同じように、社会的な関りも無視できません。統合失調症に苦しんでいる子どもは、自分と同い年くらいの子どもと仲良くなるために必要なツールを取得しなければならないのです。

精神科医は、障害のために出てくるかもしれない状況に対して、ポジティブな反応を取れるように親に教え、協力していきます。つまり、子どもの社会環境を認識するよう促すことがとても重要なのです。

子どもの精神分裂病は、早くて1歳から診断され始めます。

子どもの統合失調症に取り組む

早い段階での診断が本当に大切です。子どもが小さい場合は特にそうです。専門家にかかって何が起こっているかを理解するのが遅れることで、症状を悪化させるようなことがあってはいけません。そうしてしまうと、症状がかなり悪化してしまい、改善の可能性も劇的に減ってしまいます。

これを、「子供の遊び」だと思ってはいけません。もしかしたら、時間が経ってから、あれが何かがおかしいという警告だったんだと気が付くことになるかもしれません。

Driver, D. I., Gogtay, N., & Rapoport, J. L. (2013). Childhood Onset Schizophrenia and Early Onset Schizophrenia Spectrum Disorders. Child and Adolescent Psychiatric Clinics of North America. https://doi.org/10.1016/j.chc.2013.04.001 Charles Schulz, S., & Goerke, D. (2016). Schizophrenia in children and adolescents. In The Medical Basis of Psychiatry: Fourth Edition. https://doi.org/10.1007/978-1-4939-2528-5_22 Read, J., Van Os, J., Morrison, A. P., & Ross, C. A. (2005). Childhood trauma, psychosis and schizophrenia: A literature review with theoretical and clinical implications. Acta Psychiatrica Scandinavica. https://doi.org/10.1111/j.1600-0447.2005.00634.x