子どもの感情の健康についての教育政策

01 1月, 2020
今日は、子どもや青少年の感情の問題を治療する革新的な方法、子どもの感情に関する教育政策と実践についてお話します。

感情の健康に関する教育政策と実践の目的は、日々の生活で子どもが感情のコントロールができるようになることです。あまり知られていないかもしれませんが、感情障害の類で診断を受ける子どもが増えているのです。興味深いことに、中でもおよそ15%が不安と関係しています。

つまり、忙しい生活、学業的な要求、親のストレス、遺伝性の脆弱性などが、子どもに精神的障害が起こるいくつかの要素になっています。こういった観点から、これらの問題を解決することを目的した治療はたくさんあります。

特定の病理には、認知行動療法がよく使われていました。例えば、子どものうつには、PEAC Méndez プログラムやStark ACTIONなどがありました。

最近は、横断的な方法で複数の精神障害に取り組むことに力が入れられています。これは、多くの精神障害が同じ核をもっているためです。そこで大人に使用されるノートンの診断横断的認知行動療法やバーロウの統一プロトコルについて少し触れておきます。

これらは両者とも、様々な感情病理(不安、うつ、栄養障害など)に共通する要因を見つけ、それに関し患者はセラピストと話すことで、最も効果的で、最適なテクニックやストラテジーを用いることがねらいです。

そして喜ばしいことに、これらの方法が最近は児童心理の分野にも広まってきており、感情の健康についての教育政策と実践などのプログラムが試されているのです。

 

感情の健康についての教育政策と実践の特徴

感情 健康 教育政策

マイアミ大学教授で、子どもと思春期の気分不安治療プログラムの指導者である心理学者ジル・エーレンライヒは、子どもの感情問題の治療のための革新的な健康プログラムを開発し、テストしました。それが、子どもと思春期における感情障害の横断的診断治療統合プロトコルです。

子どもを悩ます様々な障害の間に引かれている線は非常に細いと言うところから始まります。実際大人の不安やうつ病も併存する病気です。

Cognitive and Behavioral Practice journal オンラインに掲載された研究によると、この類のセラピーを受けた子どもの間で、不安やうつ病の重症度が大きく軽減しているのです。

このような介入では、患者それぞれの弱点を認識し、これらが問題解決の障害にならないように計画を立てることがねらいです。ですので、新たな治療プログラムは、とりわけ認知テクニックに関わるものですが、さらに効果的な行動ストラテジーを交えているのです

「君は、自分で考えているよりも勇敢で、意外に強く、思っているよりも賢いんだよ」

-クリストファー・ロビン-

柱になるもの

  • 感情に関する教育:感情を認識し、その役割を学びます。
  • 感情のコントロール:思考、感情、行動の関係を教えます。この中のひとつにでも介入すると、他にも効果があることを教えましょう。
  • 問題解決スキル:小さな子どものためのズリラとゴールドフリードの問題解決テクニックを使います。
  • 状況を評価するストラテジー:状況が悪いか、中立か、あるいは良いものであるかを認識する方法を学びます。
  • 親のトレーニング子どもの問題は、親の態度、特に、負の強化が原因になっていることがあります。ですので、この変数をコントロールするために親が持つ大きな役割が欠かせません。
  • 行動の活性化:うつ病の治療に使われる昔からあるストラテジーです。その人の環境における正の強化を高めることが目的です。

 

研究の発展

感情 健康 教育政策

7~12歳の22人の子どもを対象にある研究が行われました。対象になったのは、最初に不安障害、そしてうつ病を抱えていると診断された子どもです。

週1回、15週間の間、子ども達は感情の健康グループセラピーに参加しましたその結果、このプログラムを終えた18人中14人の子どもが、不安障害の基準に当てはまらなくなりました。さらに、プログラム後もうつ病の基準に当てはまったのは、治療前にうつ病だった子どもの5人に1人だけでした。

最も驚くべき発見となったことの一つは、うつ病と不安の併存状態の改善です。うつ病が他の精神障害と同時に発症すると、その治療を遅らせたり、難しくすることがよくあります。これが明らかな問題なのです。それは、現在の治療の多くが、複数の感情問題を同時に治療することはないからです。

ピーター・ノートンの研究に基づいた仮説によると、うつ病への適切なストラテジーを含む幅広い観点からメインの障害に働きかけると、うつ病も改善するとされています。ノートンが指摘するように、そのカギはすべての問題の根源になっている原因を探り、「人為的な区別」から脱することです。

  • Rattue, G. (2012). Novel Intervention Helps Kids Suffering From Depression And Anxiety. Medical News Today