心を強くするための5つの鍵

2019年1月4日

著名な飛行家、アメリア・イアハートは言いました。「未来は夢という美を信じる者の手にある」と。あなたは、自分のことを他人にもっと手を差し伸べてあげられるだけの器がある人間だと思いますか?だとしたら、以下に紹介する心を強くする鍵は、きっとあなたの興味をそそることでしょう。

心を強くするプロセスにおいて、自己認識はその一環です。その中で、あなたの持つ影響力を大きくすることができます。それは、理想的な心の持ち方をすることで、自分にとって偽りのない現実を作る能力なのです。

心を強くするための鍵

理想の心の持ち方ができるようになるということは、健全な自尊心の基に本当の自信を身に付けられるようになるということです。この個人としての力を感じていれば、自分が何者で自分の本当の性格がどういうものかを知っているので、誰かに自分の存在を証明する必要がありません。

更に、心がとても強くなった状態でいられるようになると、実に多様な可能性が自分の手中に眠っていることが分かるようになります。そして、その力があれば、思いやりと尊敬の念を持った上で相手と適度な境界線を引きつつ、他人と同等な関係を築くことができるようになるのです。

爽快な女性

また、自分の力をうまく使えるようになると、分別をつけられるようにもなります。決断を下す時に、直観の自由が利くようになるのです。ですから、頭が整理された状態で落ち着いていられるので、弱った時でもいくらか自分の強さを信じられるようになるのです。

そのため、自分の価値観に則って行動することができるようになります。恐怖は小さくなっていき、自分の反応や機嫌をコントロールできるようになります。 ですが、このレベルに達し、かつこのレベルに留まることは簡単なことではありません。心を強くする秘訣についてご紹介しようと決めたのはそういう理由からです。

「自分をうまく取り扱うには、頭を使いなさい。他人をうまく取り扱うには、心を使いなさい。」

―エレノア・ルーズベルト―

自分の力を知る

まずは、自分のキャパシティがどれくらいなのかということを客観的に知ることから始めましょう。例えば、感情はピークに達している時の方が理解も扱いもしやすいものです。

これを達成するには、「私はこういう人間なんだ」、「これが私の生き方なんだ」、「こういう風に私は生まれて来たんだ」というような考えは捨て置いた方が良いでしょう。本気になれば、自分をより良い人間へと変えられる力が私達全員にあるのです。これがおそらく最初の力です。

バランスを取る

次に紹介する心を強くするための論理的な鍵は、ちょうど上で紹介したものに由来します。つまり、感情面でバランスを取ることが求められます。

自分の愛する人と距離を置いてしまうような考え、態度、反応が何かを認識し、それらを改めなければいけません。また、柔軟に行動できるようなバランスがなければいけません。そして、全てを白黒で見るような二極思考ではなく、グレーゾーンもあるのだという様に人生を見るようにしなければいけません。

改善の機会を認識する

自分をもっとよく知るためには、自分のどんなところを改めていくべきかを認識する必要があります。それには、心のSWOT分析を行うのが良いでしょう。はじめに、自分の好きなものと嫌いなものについて考えましょう。そうすることで、自分の好む状況下、または好まない状況下でどのように行動すべきかが分かるようになります。

そうなるためには、ある状況に自分がどのように反応しているかを分析するのが良いでしょう。更に、自分の態度について考える時間を持ち、何が自分を妨げていて、何が自分の背中を押してくれるのかを知るようにすると良いでしょう。

行動する

自分を改める機会を様々分析したところで、今度は行動に移しましょう。心を強くするために改善できること全てを実践する必要があります。その結果、理想的な心の持ち方ができるようになるのです。

空を仰ぐ女性

評価し、正す

改善すべき点を改めたら、次の問いに答えましょう。自分は正しいことをしているのだろうか?答えが「はい」である場合は、正しい軌道に乗っています。答えが「いいえ」である場合は、目標を達成できる適切な方法が見つかるまで、その行動を正す必要があります。

心が強くなるまでの道のりは単純なものではありません。ですが、ここでご紹介した秘訣が助けとなると思います。実践すると決めたら、それらに一生懸命励んで下さい。ここに紹介した秘訣が、正しい道を進み、より良い自分になるのに必要なものが何かを知るきっかけとなるでしょう。

「人生において恐れるものは何もない。ただ、全ては理解されるべきなのだ。」

―マリー・キュリー―