直観を発達させる5つの秘密

2018年7月25日 in 心理学 0 シェア済み
色のある女性

自然と知覚が鋭く働く人がいます。正しい決断をし、運がいいようです。直観を鍛え、発達させ、それを常に使える人々です。その方法を知りたくありませんか?

多くの心理学理論によると、直観は合理的に働くものではないため、言語化、説明できるものではありません。ここでは、難解な知覚についてではなく、現実を理由なく理解し、受け入れる能力について取り上げます。超自然的なものではなく、生まれもつものです。

この記事では、人生の見方を広げ、正しい決断をするため、的確に自分を導くテクニックをお教えします。直観を発達させたい人は、お試しください

勘を信じる

目の前に、転職の機会があります。有名な多国籍企業で、あなたが待ち望んでいた仕事です。現在の職も悪くはありません。仕事と私生活のバランスは良いものの、自分が輝けるチャンスがまだないのです。これを2日間で決断しなければなりません。

手と心

この多国籍企業は、人生で一度のチャンスだと頭では分かっています。しかしどこかで、それを受けるべきでないという思いもあります。内なる何かが納得していないのです

慎重にという自分の体からのメッセージ、勘に耳を傾けようというのが最初のアドバイスです。十分なスペースを持ちましょう。直観を信じれば、後悔することはありません

自分の信じるものを大切に行動することが一番です。正しいかもしれませんし、間違っているかもしれません。それでも、自分の奥底にある能力を引き出したことになります。あなたを不安にさせる何かや誰かがあれば、それがあなたの直観です

洞察力を鍛える

知覚と直観の繋がりは分かりやすいものです。直観の鋭い人は洞察力も優れています。洞察力とは、自分の周りに注意を払い、興味をもち観察することです。新しいこと、びっくりすること、面白いことなど必要な知識や情報を探しましょう。

注意を払うと、自分の置かれた環境で人や物事の関係性、偶然、類似点が見えてきます。最初は繋がりがないように見えたものでもです。

瞑想が直観を発展させる

自己認識に乏しいと、自分の直観が鋭いかどうかも分かりません。その場合、瞑想があなたの直観を起こし、自分を知る助けになります

利点は明らかです:瞑想により、不安やストレスを軽減し、自分を知り、ネガティブな感情を除き、感情のバランスを整えます。

今まで気づかなかった環境に刺激を与え、注意を払うようになります。直観を鍛えるだけでなく、創造力が豊かになり、目を覚まし、繋がりを感じられるようになります。お試しください!

瞑想

風景を思い描く

瞑想に関連するもう一つは視覚化で、直観を発達させるのに役立ちます。心や感情、体をコントロールする際に有効な方法です。別の状況を現実的に思い描くという方法で、これはリラックス法でもあります

目を閉じ、呼吸に集中しましょう。心地よい気分になれる場所を思い描きます。例えば、一面にチューリップの咲く草原や、雪の積もった山頂から見渡す山脈などです。

その風景の細かい部分もよく見ましょう。牧草の色、肌にあたる風の音、開こうとしている小さな花びら…細かいところまで思い描いてください。そして、深呼吸し、目を開きましょう。

その心地よい場所にいたかのように、落ち着き、リラックスできましたか。これで、直観を発達させ、さらに、日々の生活でストレスに襲われた時にも使えるリラックス法を学んだことになります。

一人になる

孤独は恐いものです。考えるだけでも恐怖におびえます。それでも時々、一人になることはできます。もちろんできます!そして、そうすべきなのです。

孤独

時々、周りのすべてから離れ、客観的になり、自分の心や潜在意識に耳を傾ける必要があります「もし、こうしたら、気持ちは変わるだろうか?」…「新しい社員は信頼できない、注意しよう」…「息子にはあの学校よりこの学校の方が良いだろう」…

リラックスするため散歩に行き、毎日の出来事による疲れから心を開け放ちましょう。テクノロジーから離れ、自分の奥深くと会話し、自分自身を導きましょう。人生は大きな決断で成り立っています今、直観を発達させれば、チャンスが来た時必ず役に立ちます。始めてみませんか?

あなたへおすすめ