機能不全家族:成長の阻害

2018年8月6日 in 心理学 0 シェア済み
問題のある家族

機能不全家族は、個人の発達を妨げ阻止します。不安を生む材料がいくつもあります。家族の中で自分に何ができるか自信を持てず、その結果自分は無能だと感じ、成長を妨げることになるのです。

家族は社会の中核です。そこで人との関係の築き方を学びます。ルールを覚え、それを他の環境に活かし役立てます

「そこが彼の保護下でないのなら、私はその敷居をまたがない。神様お助けください。階段で、オバケが私を地獄へと連れ去ろうと待っているかもしれないのです。」
-マシュー・グレゴリー・ルイス-

ここで言う機能不全家族とは、学んだルールが間違っている場合です。不安と罪悪感ばかりの生き方を学んだ人達です。このような家庭は、家族を様々な形でダメにしてしまいます。他の環境に適応することが苦手で、何年たっても家を出ず、住み続けることになるのです。

機能不全家族と過保護

過保護は機能不全家族に多く見られるものの一つです。あらゆる危険から人を守ろうとします。世界は怖いものだらけだという考えが元にあります。被害者になるのを防ぐためには、過剰な保護そして予防が必要だと考えるのです。

母の膝枕

このような育児に潜むのは、不安、依存、低い自尊心です。不安が恐怖と罪悪感を膨らませます。自分に責任がある限り、親は子どもが苦しんだり、怯えたり、傷ついたりするのを避けたいのです。ただ、これは子どもの幸せにはつながりません。その反対です。これは典型的な機能不全家族です。

このような家庭に育った人は、少しずつ袋いっぱいになるまで恐怖を集めていきます。家を出るのが怖くなり、範囲は狭くなっていくばかりです。中でも深刻になるのは、困難へ立ち向かったり、目標を達成するための材料を自分の中に見出せないことです。その代わりに、親がそのためにいると考えます。親こそが分かっているべきなのです。

過度の依存と優位性

機能不全家族が過保護になるのには、不安が根底にあります。同時に、優位という暗黙のメッセージを送っています。私にはできるが、あなたにはできない。家族があなたを守っており、あなたは自分を守れない。こうすることで、依存により強く結びつき、自己効力感や自尊心は非常に低くなります。

こうなると、このような育児を行ってきた親は、子どもを口実に自分の問題と向き合いません。子どもの問題を自分の問題とします。それは、解決が簡単そうに見えるからです。欲求不満と虚しさという負担を抱えた人の話です。持つべき自分との会話を、子どもを理由に永久に延ばそうとします。

つながれた少女

そのため、子どもの依存をできるだけ延ばそうとするのです。機能不全家族が抱えるメカニズムの一つです。このような関係が続けば、子どもにとって巣を離れることは難しく、あるいは、離れないかもしれません。彼らの人生で何か起こった場合、家族を何度も何度も必要とするのです。

悪循環

機能不全家族が築いた壁を壊すのは簡単ではありません。それは、人は自分が育った家庭環境が正常ではないと認めることができないためです。家族は、子どものために良いことを何でもしてあげるのだという考えを親が子どもに植え付け、それをそのまま信じてしまうのです。多くの犠牲と世話によって成り立っています。これは正常ではなく、その「愛」は意味を持たないと理解することは非常に難しいことです。

機能不全家族は不安定で、同時に頑固です。欲求不満に耐える力が弱いため、逆境に立ち向かい、目標を決め、達成することが困難です。劣等感を感じ、自分は被害者だと考えがちです。それは、家族環境の中で、過度に保護されてきたためです。

釘

この機能不全家族の悪循環を断ち切るには、親から教わったパターンを学び直すことです。言うのは簡単です。愛する人によって作られ、気分が良く、安全だと感じられる構造から離れる必要があります。彼らにとって、守られた環境なしに恐怖と戦うのは、とても恐ろしく感じます。不必要なリスクを背負い、彼らを守ってきた人を裏切る行動だと考えてしまいます。

家族から支援は得られないため、カウンセリングや欠落した自信を支える誰かに助けを求めます。この場合、またこのサイクルにはまらないよう十分注意しなければなりません。もちろん、助けを求めることは、大変重要な第一歩です。この支援は、人生の基礎となる強いものにならなければなりません。そして、自分の足で立つようになるのです。

あなたへおすすめ