行動が言葉を映し出すとき信頼が生まれる

2018年5月24日 in 心理学 0 シェア済み
蝶

言ったことを行動にうつすとき、人はあなたを信頼します。マハトマ・ガンディーが言ったように、「行動は優先順位を表します」。行動は、真実と信ぴょう性をあらわします。何もしないことですらです。

行動はあなたの言葉をサポートしたり、言葉と矛盾したりします。行動が伴えばあなたの言葉はもっと信用できます。行動があなたの言うことをサポートするとき、表現しようとする欲望、願い、謝罪、意図が本当のことであるとわかります。これによって信頼が生まれ、いつも注意していなくてもいいためリラックスできます。

あなたにとって大事な人を簡単に信頼できることで、お分かりいただけると思います。彼らの言う事と行動の間の一貫性に基づいて信頼します。言葉で十分なため信頼するように言う必要はありません。あるいは、あまり感情的に表現が豊かでないけど、いつもそばにいてくれる友人を思い浮かべているかもしれません。

行動が伴う時信頼が生まれる

美しいことを言うからと言って盲目的に信じてしまうひとがいます。約束をするのが好きなのに、後になって約束が守れないとなる人です。

葉っぱ

言葉に行動が伴わない場合、言葉はもろいです。信頼を台無しにして取り戻すのが難しくなります。何か言って全く違う方向に向かっていく人は信頼できないですよね?しかし同時に、あなたのこれらに反応する能力が足りないことは、あなたが人生において何に優先順位を置いているかを表します。

美しく思いやりのある言葉であなたのこころを埋め尽くしてくれる人を思い浮かべてください。その美しさと希望に抱かれたいと思いますよね?人は信頼したいのです。自分を傷つける人を探したくはありません。ダメージが時間と共に積み上げられると、わたしたちは壁を築きます。しかし、わたしたちが本当に望むのは信頼です。

信頼は安心と平和をもたらす

信頼は、わたしたちが正気でいるために必要な安心感をもたらします。わたしたちには一貫性が必要です。矛盾はうろたえさせ、不安にさせ、常に警戒した状態にさせます。だから、誰かが繰り返し私たちの信頼をおかすとき、身を引く必要を感じます。

うつむく女性

信頼を重要視しなかったら、何度も何度も人間関係で辛い思いをするでしょう。自分を尊敬しなかったら、誰も尊敬してくれません。だから、美しくももろい信頼を捧げる相手を真剣に考えることが重要です。これは時には勇気がいります。

言葉に行動が伴うひとを見つけましょう。自分の感情が何を表すのかわからなかったら、軽々しく何か言うのはやめましょう。守れない約束ならしないでください。 自分の言葉に価値を持たせましょう。言うこととすることの間に一貫性があるとき、他の人にも信頼と安心感をインスパイアします。それだけでなく、自分が不快感を感じることも避けることもできます。

「希望を糧に生きる人は飢餓で死ぬ。」

-ベンジャミン・フランクリン-

中身でなく空気であなたをいっぱいにする偽りの希望

信頼と安心は、どんな感情的な人間関係でも基礎となる柱です。たくさんの友達を持つことはできます。でも本当の友達を見つけるのは簡単ではありません。いつもそばにいてくれるから本当の友達だとわかります。言葉に行動が伴っていて、関係を脅かす不安がないからです。問題があれば、言葉を裏切らずに対面するとわかっています。

花火

偽りの希望で生きるのを好み、起こることのない行動を待ち続け、口に出した途端蒸発して消えるような言葉を待ちたいですか?それとも、相手の人が感じていることなのだから、どれだけ痛みを伴っても真実を求めたいですか?結局、偽りの蜃気楼ではなく、真実こそ常に道を示してくれます。

あなたへおすすめ