抗不安薬:枕元に常備されている薬

· 2019年1月7日

抗不安薬は、不安症を制御するために医師が処方する薬です。薬の形をしたアルコール、と称する人もいます。潜在的に中毒性があり、容易に乱用できてしまいます。最近では、ベッドのそばに常備している人も多いようです。過剰処方や乱用がされています。

わたしたちは、薬に頼りっきりな社会に生きています。処方箋を使って問題を解決しようとすることは簡単です。

「不安を回避することは出来ませんが、軽減させることができます。不安症の制御は、普通の値まで下げること、その通常の不安を自己認識、警戒、生きる意志として利用することです。」

-ロロ・メイ-

クモ

抗不安薬の成分

最近では、抗不安薬(ベンゾジアゼピン)は他の心理的問題の治療に使われる薬より効果があることがわかっています。神経伝達物質のGABAの働きを活性化します。GABAは神経シナプスの30%に含まれており、その機能は、神経電気インパルスを阻害することです。つまり、GABAは神経活動を減らす効果を持っています。

ベンゾジアゼピンの受容体は、不安関連だけに効くのではありません。これらの受容体は、記憶や運動機能にも重要な役割を果たします。結果、ベンゾジアゼピンの影響は計り知れず、かなりの副作用も見られます。

落書き
抗不安薬は最初で最後の砦?

私たちの頭が実際の人生の先を行ってしまうと、私たちは不安になります。しかし、不安は感情的な反応としてそれ自体では良くも悪くもありません。しかし、不安が患者を制限し始めると病的になってきます。さらに、経験や成長の邪魔になる場合は問題です。

こういった意味で、次のような証言があります(Dubin, 2009)。「不安障害を恥ずかしく思うべきか?そんなことはありません。不安障害は物理的に吐くのと同じです。嘔吐は良くも悪くもありません。それは起こりえることで、有害なものを胃から出す目的があります。しかし、公の場では嘔吐したくないですよね?もし気持ち悪くなり始めたら、はじめにトイレを見つけて公の場を避けます。 吐くことは、人の前では行いたくないことなんです。パニック発作に関しても同じです。」

痛みを和らげるために薬を飲む

薬を日常的に使うと、人生における痛み止めと化してきます。感覚や思考の感覚を奪います。その根となる原因を追究することなく痛みを取り除くことができます。抗不安薬の摂取は、火が燃えているのに火災報知機をとめてしまうようなことものなのです。

これはかなり不健全な習慣です。これらの薬を乱用しても、問題から解放はされません。様々なケースで、不安症から現れた不安感の度合いを確かめるために薬を飲む人もいます。しかし、薬唯一の治療ではありません。

不安に苦しむとき、自分たちの精神を更生させなくてはいけません。世界に存在する方法を学びなおす必要がありますが、これには助けが必要です。だから、精神科医や心理士の介入が重要になります。助けが得られたら、強い薬への依存を避けられます。ベッドのそばの薬に頼らずに、健全に問題を解決できます。