行動変容のための心理学的技術

2020年3月1日
行動変容では、ある個人の行動に変化をもたらすために強化技術が用いられます。この記事では、中でも特に重要な手法についてお話ししていきます。

行動を補強するための心理学的技術は行動変容や理論的指導法、そして介入に基づいたものとなっています。実験心理学を土台とした行動変容においては、正常な行動と異常行動には同じ原理があると考えられています。

行動変容では、客観的評価と経験的実証プロセスが行われる間、異常行動を根絶させたり正常行動を強化するための手順や手法が用いられます。行動変容は観察のみに頼った手法ではありません。そうではなく認知的側面や異常行動の起源に由来する基本的プロセス、そしてその進展や維持、変化なども手段として使われるのです。

行動変容テクニックは以下の三つのカテゴリーに分けられます。

  • 行動を新たに始める。
  • 行動を増加させる。
  • 好ましくない行動を減らすか排除する。

この記事では行動を増加させるための心理学的技術に焦点を当てていきます。行動の増加を目的とした心理学的技術の中でも、強化療法や強化の随伴性、そしてトークンエコノミー法などを使うことができます。

行動変容 心理学的技術

強化術

正の強化

正の強化とは行動を繰り返させるための刺激です。そして行動の随伴性には行動と人々が受け取る刺激との間の依存関係が参照されます。

負の強化

負の強化は正の強化を所定の位置に留めようとするものです。その主な目標は行動を改善したりあるいは自分のコントロールを失わせないようにすることです。

負の強化には二つの種類があります:

  • 脱出。有害な刺激を減らしたり、正の強化を失わせないようにすること。
  • 回避。その人物にある行動をするのを止めさせるために原因と思われる正の強化を表面化させる、あるいは取り除くこと。
行動変容 心理学的技術

随伴性の強化

随伴性は人々の間の同意の一部で、ある対象物あるいは活動に関する責務を確立します。随伴性の強化には、以下のような特徴があります。

随伴性の種類

いくつかのケースでは、関連する2人のうち一方のみが望ましくない行動を見せます。しかし、両者が問題行動を見せるケースもたくさんあります。

そのような場合、二つのタイプの随伴性が用いられます:代償タイプと真正タイプ、あるいは交換タイプとパラレルタイプです。

  • 代償タイプあるいは交換タイプの随伴性。2人のうち一方が相手から行われる行為の何らかの変化への代償として何かを行うことに同意すること。例えば、夫が妻に、1日に少なくとも20分間その日の彼の出来事や仕事について毎日話してくれるならば妻とともに料理をする、と同意することなどです。
  • 真正タイプあるいはパラレルタイプの随伴性。ある人物の行動の変化が相手の行動に直接的な影響をもたらさないこと。このタイプの随伴性は、最初に変化する必要のある人物の問題を取り除くことができます。これにより、相手が合意しなかったとしても、合意に従った方の人物へ報酬と強化が与えられます。

どちらのタイプの随伴性がより効果的なのかについては、さらに調査を行う必要があります。

トークンエコノミー

行動を変容させるためのもう一つの心理学的技術が、トークンエコノミーです。これは、強化子として代用貨幣を与えるというもので、これらの代用貨幣は他のアクティビティや特権を獲得するために交換することができます。

  • 長所。対象者たちはまず代用貨幣を与えられますが、普通これは望ましい行動に関わるものではありません。代用貨幣はその人物が達成したいと思っているものと補強効果との間の橋渡しとなり得るもので、その人物がどれくらい上手くやれているかを明確に示す根拠となります。
  • 短所。そのプロセスは複雑になることがあります。物理的な代用貨幣は盗まれたり偽造されたり貸し借りが行われるかもしれません。グループのパートナーがプログラムに参加できない場合に協力を拒んだりするのです。
行動変容 心理学的技術

代用貨幣の特徴

プラスティックの貨幣やクーポン、星などが代用貨幣となり得ます。適切な代用貨幣は以下のような特徴を有していなければなりません。

  • その価値が簡単に分かる。
  • 渡しやすく、運びやすい。
  • 特定しやすい。
  • 代用貨幣を与える人物はその運搬の責任を持つ必要がある。
  • シンプルなもの。そのため、有形の貨幣がプログラムへの参加者たちにとってより興奮できる場合以外には、ポイントは簡単に数えられ、理解しやすいものでなければなりません。

代用貨幣の価値が参加者たちに説明されることがあります。その主な目的は自然刺激や本質的な強化を通じて行動を促進することです。

そこに至るために、トークンエコノミーは社交スキルのトレーニングや問題解決といったその他の手法とともに使用されます。