ファン・セオリーについて:罰より報酬を与える方が効果的!

2020年1月17日
この理論は人は楽しさが用意されていると努力をするという考えに基づいています。この報酬システムは人の行動に変化を与えてくれるのです。

つい最近まで、罰を与えることは教育の一部だと考えられていました。学校でも生徒に厳しくすることで教育が行われていました。しかし、今ではこの考え方は間違いと捉えられています。それはファン・セオリーのような理論のおかげで他に良いメソッドがあることが明確になったからでしょう。

人間に自己中心的な態度やパターンがあることは否定しませんが、社会に生きることを学ぶためには自分が世界の中心にいるという考えを徐々に無くしていく必要があります。

基本的にファン・セオリーは、楽しさを与えることで人が「面倒くさい」、「厄介だ」と思うことをしやすくなるという理論です人間にとってポジティブな刺激は、特定のルールを守ったり物事を行うための良い動機になってくれるとも言えるでしょう。

ファン・セオリー

ファン・セオリーの起源

ファン・セオリーは2001年に生まれました。しかし、それは学問的なものではなく、自動車メーカーのフォルクスワーゲンの実験によるものでした。この大手自動車会社はインセンティブがあれば社会的、個人的な変化を生み出すのは可能だということを証明したかったのです。

そして、フォルクスワーゲンは人々により良い人生を送ってもらえるよう「ファン・セオリー」を生み出しました。もちろん、それはポジティブなブランドイメージを作る戦略でもありましたが、このキャンペーンは人がどういった反応を見せるのか社会的実験要素も含んでいたのです。

その実験はジレンマを用意したのもので、2つのオプションがありました。一つは快適でルーティーンがあるもの、そしてもう一つは少しの努力を必要とする楽しく常識にとらわれないものです。

 

最初の実験

彼らが最初に実践した実験は非常にシンプルなものでしたが、それにより多くのことが明らかになりました。その実験はスウェーデンで最も混んでいる地下鉄の駅で行われたのです。そして、そこにあるエスカレーターと階段にある質問を設け、どれくらいの人がエクササイズのために階段を使うか見るものでした

また、そこに「ピアノの階段」と呼ばれるものを作り、シンプルですが階段にピアノのような絵をかき、各階段を踏んだ時に音が出るようにしたのです。

結果は驚くべきもので、通常そこでは95%の人がエスカレーターを使うのですが、ピアノの仕掛けを使った時には66%の人が階段を使うようになったのです。しかも、階段を使う人の多くが楽しそうに上っていたそうですよ。

ファン・セオリー

もう一つの実験

もう一つの実験はファン・セオリーが本当に効果的なのかを検証するために行われたそうです。当時スウェーデンのストックホルムでは多くの人が何も考えずにゴミをポイ捨てしており、この実験はこの事実を基に考えられました。

そこで特殊なセンサーが付いているゴミ箱を街に用意し、誰かがゴミをこの中に入れると、アニメの中で誰かが崖から落ちるような音が流れるようにしたのです。その結果、人々はこの機能を面白がるようになりました。中には自分のゴミではなく、落ちていたゴミを投げ入れるようになったのです。

そしてなんと一日で通常の2倍のゴミが回収できました。この実験によって、ファン・セオリーは効果的だということがもう一度証明されましたが、現在この理論はビジネスにおけるマーケティングツールとして使われることがほとんどになりました。

ここでの疑問はこのファン・セオリーによって本当に人々の行動を長期的に変えられるのかどうかでしょう。長期的な行動に対してはまだまだ十分なデータは得られていないのです。

しかし、楽しさは人々を行動へと繋げるという事実は明らかになったと思います。珍しさや楽しさは人々に強い動機を与えてくれる素晴らしい要素なのです。

  • Cervelló Gimeno, E., Escartí, A., & Balagué Gea, G. (1999). Relaciones entre la orientación de meta disposicional y la satisfacción con los resultados deportivos, las creencias sobre las causas de éxito en deporte y la diversión con la práctica. Revista de Psicología del deporte, 8(1), 0007-19.