今日だけでも子供の頃の夢を感じてください

24 3月, 2018

今日だけでもいいので、子供の頃の夢を感じてください。今日だけでもいいので、プレッシャーを、恐怖を、そして義務を取り払い、有害な環境からのささやきを止めてください。

深く呼吸をして、目を閉じて、信じてください。そして、あなたの希望を1秒だけでも想像してみてください。あなたが夢見ていた美しいことはいずれ叶うのだと。

夢見ることは自由だと言いますが、正直に言うと、私達はその希望の中でさまようことに飽きてしまうこともあります。この幸せで塗られた世界では、私達の願いを叶えることは魔法のようなものです。

私達は少しずつその希望を失っていきます。時に現実はとても困難なものだからです。それはレモンのような苦さを持っていることも、または眠気を覚ますために毎朝飲むコーヒーのように真っ暗なこともあるのです。

「知恵の終わりは、それを求める夢を失う為に、高望みすることだ。」

-ウィリアム・フォークナー-

あなたが慣れるほど、あなたは夢見る事を辞めてしまうでしょう。そして、流れ星に願うことなどしなくなります。それは、私達は達成していない目標の重い負担や絶望を抱えているからです。

長い間、私達がなんでも出来ると思っていたことは、気づかれることなく消えていきます。

しかし、一つ覚えておいて欲しいことがあります。もしそこに人間を定義するものがあるとすれば、それは無限に夢を見る能力だということです。

それは、不可能だと思われていることに興味を持つことで、それを実際に行うまで、現実を幻想化するのです。その行為は私達にモチベーションと終わりなきことと闘い続ける勇気や強さを与えてくれるのです。もし夢見ることを止めてしまうと、あなたは置いてけぼりになってしまうのです。

いないいないばあ

目を閉じて夢を思い描いてください…目を開けたらそれを現実に生み出してみましょう

夢見ることに疲れた人を想像してください。そして、その人の裏には何があるのか掘り下げてみましょう。

夢を見ないことや、今とは違う現実を想像しないことには理由があります。それは、彼が希望を失ってしまったからです。希望を失うことほどあなたの心を打ち砕くものはありません。

彼らは、幸せは待っていても来るものではないと自分達を説得したのかもしれません。または、ポジティブな心理学の本をたくさん読んだかもしれません。

多くの場面で、幸福とはネガティブな感情や絶望を正しく処理して、ストレスに耐性を持つことだという意味を持っています。この考え方では、たくさんの努力が同等の結果を生むとは限らないということです。

時には、何の結果も生まれないでしょう。人生は誤解を招き、一貫性がないのです。それに対して私達は何も出来ませんが、記憶として覚えておくことは出来ます。

それでも、夢や欲望、そして希望に没頭する為には現実から抜け出す事が大切です。

それこれが希望が生き続ける方法です。なぜなら創造性やチャンスが生まれる時は、あなたが夢を見る時に起こるからなのです。

扉の外の空

ヘンリエッタ・アン・クロウザーは人の創造性を強くする方法、個人の成長についての分野で、最も知られている作家の一人です。

著書、「夢は、紙に書くと現実になる!」の中で、彼女は興味深いことを述べました。それは、私達は目を閉じながら夢をみて、その後にその夢を書き出すべきだというアドバイスです。

現実では、それは短期的、または長期的な目標への脚本を書くようなものです。この方法ならしっかり計画を作る事が出来ます。また、一度紙に書いてしまえば、目を開けてその夢の為に闘うという勇敢なステップを避けることが出来ます。

忘れていた夢を取り戻す時

一瞬だけ目を閉じましょう。そして本来の自分に戻ってください。あなたは熱心で、自信もありますが経験は少ない人間かもしれません。

空が星で満ち溢れていたような未来がそこにはありました。それは、あなたになんでも出来ると思わせるには十分でした。

おそらくその後に絶望がやって来たのでしょう。偏見や恐れ、そして不安などは、「やらない方がいい、夢を見てると傷つくのは自分だよ」と私達に言い聞かせてしまったのです。

「休む為に寝ずに、夢を見る為に寝てください。なぜなら夢はあなたを幸せにするからです。」

-ウォルト・ディズニー-

生と死についての素晴らしい授業をしていた科学教授のランディ・パウシュは、人間にはいつも勇敢になるかそうでないか決める瞬間が訪れると言いました。

あなたの心があなたの希望の為に闘うことが出来るなら、もし本当にあなたが自分の夢に相応しいと思うのなら、そして、もし全ての答えがYESならば、夢に向かって一歩踏み出すべきなのです。

これらをまとめると、昔のような希望に満ちていた自分を取り戻すことは私達の課題ということです。私達は恐怖を感じた為に、そんな自分を忘れていました。そして、私達は自分の事を過小評価していたのです。

昔持っていたの希望の灯と、今あなたが培った知性と経験を組み合わせてみてください。

そして、目を閉じて、本当に望んでいたけど不可能だと諦めたことを可能だと想像してみましょう。人間は希望の為に闘う勇気を持っている生き物なのです。

画像提供:Zoork