共同養育:新しい子育ての形

2019年6月1日
ある意味では、共同養育は長年行われてきたと言えるでしょう。例えば、夫婦が別れて親権について考え始めた時、その二人は共同養育者となります。彼らは自分たちの子どもを育てなければなりませんが、二人の間に子ども以外の繋がりはもはや何もないのです。

共同養育とは、恋愛関係や肉体関係のない二人の共同養育者が、子どもを持つという人生においては基本的な、しかし特別な願いを叶えるために協力し合うという新しい家族の形です。二人は子どもの育児、教育、そして基本的なニーズの責任を共有し合います。子どもとの愛に溢れた関係性を共に築いていくのです。

この考え方に衝撃を覚える人々もいれば、共同養育と恋愛関係、特に婚姻関係にある両親による従来の育児との間にはさほど違いはないと考える人々もいるでしょう。しかし、こういった古い考え方に疑問を呈したいのには理由があるのです。

共同養育とは?

ある意味では、共同養育は長年行われてきたと言えるでしょう。例えば、夫婦が別れて親権について考え始めた時、その二人は共同養育者となります。彼らは自分たちの子どもを育てなければなりませんが、二人の間に子ども以外の繋がりはもはや何もないのです。

共同養育とは、子どもを育ててその子を幸せにしたいという願い以外に何の繋がりも持つことなく母親・父親になるための新しい手段なのです。

一方で、従来の家族の形や親としてのあり方が変わってきたという証拠も多く存在します。例えば片親の家庭というのが存在し、時には自ら選んで自分一人で子育てをしています。また、同性カップルが人工授精や養子縁組、代理出産によって親となるケースもあります。

家族のあり方の最新形としては、共同養育に特化したウェブサイトの存在が挙げられます。全く知らない人同士が結びつき、人工授精によって別々に、しかし共同で子どもを育てるという冒険を共有するのです。その子にできる限り最高の生活を与えてあげるために、彼らは同意事項を決め、役割や時間、責任を平等に分担します。

共同養育 新しい子育ての形

共同養育と親になることへのニーズ

社会が変わりゆくものだというのは皆理解していますが、ジェンダー間の平等は時に新たな課題を生み出します。その一つに女性が子どもを産むのが遅くなったことが挙げられます。つまり、個人的にも経済的にも母親になる準備が整うまで子どもを持たなかったり、恋人がいないという場合もあります。

共同養育は、同じ願いを持つ人々を結びつけます。例えば、共同養育センターあるいはそれに特化したウェブサイトを通してある女性は誰かと知り合うことができます。そして彼女は例えば同じく子どもを持ちたいと願う同性カップルと会う機会に恵まれるかもしれないのです。

彼らを知っていき、似たような背景がわかってきたら、共通する価値観や夢や信仰があるかどうかを確かめます。もしあれば、さらに前進して家族という枠組みに新しい形を与えるような家庭づくりに向けて進んでいくことができるのです。

共同養育

共同養育の最終目標

親同士の関係性は、あらゆる面において子どもの幸福度合いを左右するものです。そしてこれが共同養育者が気をつけねばならない点です。カップルの別離や離婚は誰も得をしない争いを意味することが多く、子どもを孤独にさせて精神的・感情的な健康を損ねてしまいます。

もし両親が子どもを持ち、育てるにあたって一つの目標を一緒に目指すことができれば、それは特別な関係性を生み出してくれるでしょう。これは友情あるいはいつでも子どものために最善なことをするという共通の考え方が基礎となった関係性です。

今日の世界はあらゆる種類の新しい考え方が溢れているがその全てが良いものではない、と言う人も多いです。しかし、子どもを産み、命をこの世にもたらしてその責任を果たしていくことは単なる気まぐれではなく、多くの人にとって人生における不可欠な部分なのです。だからこそ私たちは子どもの幸福という究極の目標に向けて有益でしかし安全な手段を模索するのでしょう。

健全な共同養育の原則

理想的な共同養育者間の関係性は以下のような特徴を有したものです。

  • 暗黙の了解および法的な同意がなされている
  • 共同養育者同士が仲が良い。うまく協力しあい、意思疎通も良好。
  • 子どもの人生の各段階、各ニーズ、問題などについて責任の所在がどちらにあるかが明確。
  • 同意事項や問題解決に関しての協力的な姿勢。共同養育者がお互いを責任があり信用に値する人物だと見なしている。
  • 子どもの育てかたや教育法に関して意見が一致している。
  • 近くに住んでいる。
  • 家族の輪が調和的であること。子どもが自分は理解されているのだと感じられ、何かが必要ならどちらの親のところへ行ってもいいのだと感じられること。
  • 何にも増して子どもを最優先する。
共同養育の原則