強迫的ホーディングとは

2018年9月19日 in 心理学 0 シェア済み
きたない

ディオゲネス症候群という言葉を聞いたことがありますか?この病気を患う人は、社会的な孤立、家庭での引きこもり、セルフネグレクトに特徴づけられます。このディオゲネス症候群と良く間違われることがあるのが強迫的ホーディングです

この2つは同じではありません。主な違いは、ディオゲネス症候群を持つ人は不必要なものを集めるだけではない、ということです。ゴミやくずまで集め、セルフネグレクトの度合いがかなり極端です。

強迫的ホーディングは、自分の持ち物を捨てたり手放したりすることを困難に感じます。その持ち物の実際の価値は関係ありません。 金銭的価値のあまりないものや、感傷的な価値があるものかもしれません。

ものを手放すことへの困難は、様々な状況で感じられます。売ろうとしていたり、捨てようとしていたり、あげようとしていたり、リサイクルしようとしていたり…。難しさの理由は、本当の価値や物の有用性にあるというのが本人たちの主張です。感情的な愛着や、「もしかして」「念のため」といった状況なのかもしれません。

新しいパソコンを買うのに、万が新しいものが壊れたときのために古いパソコンを捨てられません。次また新しいのを買う際に、また古いほうを残してしまいます。

これらのものが行きつく先に責任を感じる人さえいます。無駄にすることを全力で避けるんです。さらに、強迫性ホーディングを持つ人は、重要な情報を失ってしまうことを恐れます。

乱れた本棚

強迫的ホーディングはどう診断されるか

精神障害の診断と統計マニュアル(DSM-5)は、強迫的ホーディングの診断指針をリスト化しています。

A. 実際の価値に関わらず持ち物を諦めることがなかなかできない。

B. 物を残しておかなくてはいけないという思い込みと、捨てたときに感じる不快感のために困難に感じる。

C. 物を捨てることができずに蓄積し、生活スペースを減らしたり、もともとの用途をかえてしまう。居住エリアがきれいなのは、外からの介入(例えば、家族、掃除のプロ、地元の役場など)があった場合のみ。

D. ホーディングは、臨床的な不快感を生み出し、人の人生を損なう。これには、社交生活、仕事、本人や他人にとっての安全な環境の保全などが含まれる。

E. 他の病気ではない(脳の損傷、脳血管障害、プラダー・ウィリー症候群 )。

F. ホーディングは、他の精神疾患によって起こるものでない。例えば、強迫性障害、うつ障害のエネルギーの低下、精神分裂症の思い込み、その他の心理的障害、神経認知障害の認識的欠落、自閉症スペクトラム障害の興味の欠落などとの関連性はない。

無駄なものでいっぱいの家

人が固執してしまうようなものは、新聞、雑誌、古い服、バッグ、本、電化製品、書類などです。つまり何でもありです。また、無駄だとか価値がないと多くの人が思うような持ち物ばかりではありません。 たくさんの人が価値のあるものを集め残します。これらは、他の役に立たないものの中にまぎれて見つかることが良くあります。

シャツ

強迫的ホーディングを持つ人は、自ら自分の持ち物を増やします。捨てなくてはいけないときには、怒ることもあります。ホーディングと蓄積は意図的なんです。

この特徴が、ホーディングと他の心理的な病気を区別する違いです。他の障害は、受け身的にものを蓄積し、手放すときの苦しみもありません。

たくさんのものを蓄積してしまう人は、家を物で散らかして、生活するのを困難にしてしまいます。例えば、台所で料理できなかったり、ベッドで寝れなかったり、リビングの椅子に座れなくなるかもしれません。

居住エリアが使えない

居住エリアがきちんと使用されている場合、ここまでの酷い状態にするのは難しいことです。 大抵は何の関連性もないたくさんのもので散らかります。何となく関連している、ぐちゃぐちゃに積み上げられているということもあるかもしれません。

診断基準で見たように、診断基準Cは、ガレージ、裏部屋、地下室などではなく、家のアクティブな居住スペースに影響します。 ただ、強迫性ホーディングを持っていない人も家を整頓ができないことはおこり得ます。

強迫的ホーディングを持つ人は、自分のアクティブな居住スペースを占拠するようなものを集め、例えば、車、仕事場、友人や家族の家んどほかのエリアの有用性まで阻害します。

もの

いくつかのケースでは、家族、掃除のプロ、地元の当局の介入で居住スペースはそこまで汚く見えないかもしれません。ただ、自分たちが片付けているわけではないので、診断基準を満たす症状がまだ見られる可能性はあります。

強迫的ホーディングは、組織的に整頓している普通の収集家とは違います。収集家は、散らかしたり、手放すことに怒ったりしません。

ご覧いただいたように、強迫的ホーディングは役に立つかも分からないものを集めます。この障害の深刻性は時間とともに増し、介入がなければ慢性化してしまうことがあります。

あなたへおすすめ