苦しみは多くの精神障害の根源である

2018年3月29日 in 心理学 0 シェア済み
泣いている女性

精神障害の多くは苦しみを根源としています。より正確に言えば、私たちが苦しみに与える意味です。しかし最も興味深いのは、これが理論的ではないということです。

実際、それはロゴセラピーと呼ばれる心理学的な技術の一部です。 それは、人間の存在の意味と、その意味を人間が探索することに焦点を当てています。

多種多様な精神障害があり、それぞれが違って見えます。 一般的に、それらは思考、知覚、感情、行動、および他者との関係における変化の組み合わせによって特徴付けられます。

世界保健機関(WHO)によれば、精神障害に対する効果的な治療は、それらが引き起こす苦痛を緩和するものです。

またここで、精神障害の罹患率は依然として増加していることを言及する必要がります。 人々の健康に重大な影響を及ぼし、社会経済的レベルと人権レベルの両方に深刻な結果を引き起こしています。 そして、これはすべての国にとってあてはまることなのです。

「痛みは気分です。 苦しみは痛みが与える影響です。 人が痛みに耐えることができれば、苦しむことなく生きることができます。もし痛みに耐えることができれば、何にでも耐えることができます。 痛みをコントロールすることを学ぶことができれば、自分自身をコントロールすることを学ぶことができます。」
-ジェームズ・フレイ-

誰が精神病の最大のリスクを抱えているか

4人に1人は、人生で中で何らかの精神的健康問題を抱えます。精神的健康は、自分自身や他人との調和のとれた関わり方として理解しています。 人がどんな季節であっても、彼らの期待がどんなものであっても、社会生活のレベルと生活の質を高く維持することです。

精神状態はさまざまな理由で変わります。人生は問題を引き起こし、私たちは問題が引き起こす苦しい状況に反応します。しかし、私たちはこれらを病気と見なすべきではありません。 病気といえるのは、症状が長期間続いたり、本質的に非常に激しい場合です。

男性の顔に映る絵

精神的健康と精神障害を決定するものに含まれるのは、個人の特徴だけではありません。私たちの思考、感情、行動、および他の人とのやりとりを処理する能力も含まれます。

さらに、社会的、文化的、政治的、経済的、および環境的要因も存在します。 ここでは、国家政治、社会的安全、生活の質、労働条件、または地域社会の社会的支援が当てはまるでしょう。

また、精神障害に関係する可能性のある他の要因には、ストレス、遺伝子、食物、周産期感染、および環境リスクに晒されることが挙げられるでしょう。

苦しみが精神障害にどのように影響するか

病気の中には、ほぼすべての文化や国で同じ割合で現れる病気があります。その一方で、より特定の原因を持つものもあります。

中には社会的、家族的、文化的、社会経済的条件に関連するものがあります。 また、特定の病気にかかりやすくなる遺伝的要因や、性別にかかわる要因なども存在します。

しかし、精神的健康の低下は、苦しみが原因の場合に特に著しいものになるでしょう。この苦しみが人の生き方、知覚、理解の仕方を変える場合です。また、それは生物学的、心理的、社会的要因など、様々な原因から発生し得ることを覚えておくのも重要です。

自傷行為

私たちはまた、誰でも、いつでも、間違った状況に陥る可能性があることを覚えておく必要があります。 例えば、感情的な問題にぶつかり、巨大な痛みが人生に直接影響するかもしれません。

しかし、それが精神病であるかどうかに影響を及ぼす具体的で必要な要素があります。これらは多くのレベルにあります。 しかし、生物学的または心理的または社会的、現在または過去のいずれであっても、苦しみが大きくなりすぎると精神的に病気になるのです。

「精神的な痛みは肉体的な痛みよりも劇的ではないが、より一般的で耐え難い。」
-C・S・ルイス-

あなたへおすすめ